2017年08月20日

きのこの山

IMG_0440.jpg

IMG_0444.jpg

「おもせーちのこがはえてきた!」
と、家人が騒いでいるので、重い腰を上げ見に行く。

たしかに「おもせー」
作り物みたいなキノコだ。

posted by 山口屋散人 at 10:30| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

ゆり


DSCF0195.jpg

わが家の東側には、おそらく数年前まで使われていた用水路がある。
(現在はその用を終了して、実質痕跡だけ)
幅は1メートル内外である。
その用水路の際に、ユリが咲いているという。
見に行くと確かに咲いていた。
家人が、今年も咲いたね、とのたまう。
「え!?」
記憶にない。去年も咲いてた・・の?
認知症の始まりか?
すぐ脇を通りながら、見落としていたのか。
家人に言わせると、「去年、あんたも見たよ」と言う。
見たのに・・忘れている・・・?
まずい!・・・
認識したものを忘れるのはまずい・・

でも・・まぁそんなもんか。


posted by 山口屋散人 at 00:03| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年08月17日

低い雲


DSCF0191.jpg

雨が降り続く。
雨の切れ目にいつもの犬の散歩時間があたれば、出かける。
犬用のカッパ、山歩きのレインハット、折り畳みの傘がマストアイテムだ。

信夫山の烏ヶ崎は、およそ標高270米。
ここいらの標高は80米のはずだから、実際の標高差は190米。
今日も、烏ヶ崎の先端が見えない。
高山でもないのに、雲が垂れ込めている。
今年のコメの出来具合が気になってきた。

posted by 山口屋散人 at 18:03| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年08月14日

月下美人のあたりどし


IMG_0437.jpg

近々、もう一つ咲く予定。
今年は当たり年なのか。




posted by 山口屋散人 at 04:29| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年08月10日

お盆休み


DSCF0186.jpg

世の中、明日からず〜っとお休みという方も多い。
ところがこの商売、下手に休むより営業していた方が楽ということもある。
お盆期間中は、休まず営業。
20、21(第三月曜休み)に臨時休業として火曜日22日を足して
三連休とさせてもらいます。

(画像の花は、夕化粧とのこと)


posted by 山口屋散人 at 08:52| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年08月06日

はちまんきろ


DSCF3243.jpg

平成8年車のパジェロミニ。
めでたく8万キロ突破。
5年落ちの中古で買った時は、走行距離17000キロ。
平成13年の夏だったので、16年かけて63000キロ走ったわけだ。
年間約4000キロなので、あまり走ってはいないな。

posted by 山口屋散人 at 09:37| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年08月04日

このごろ

DSCF0178.jpg

お散歩中に見かけない花があったので、パチリ。
帰ってから調べてみたら、夾竹桃という花だった。
毒があるらしく、あまり庭木には少ないらしい。

DSCF0185.jpg

わが家の庭にも、桔梗が咲いた。
夏の花では一番好きな花だ。

IMG_0434.jpg

さんざん迷ったのだが、この機会にということで、申し込んだ。
野辺地町は、ちょっこら行けるところではない。
函館市にしても、行ったことがない。
五稜郭に行って、土方歳三、伊庭八郎の激戦の地に立ってみたい。
ただ、火曜日と水曜日なので、臨時休業となり、お客さんに迷惑を
かけるのが、困りもの。

posted by 山口屋散人 at 07:34| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年07月31日

かすかす


キャプチャ.JPG2.JPG

競馬会はこんな芸当もやってくれるんですな。

キャプチャ.JPG

ネット銀行の残高が800円しかないので、オケラになるかと思ったら、生き延びた。

posted by 山口屋散人 at 19:01| Comment(0) | けーば | 更新情報をチェックする

2017年07月26日

もうエエわい


DSCF3241.jpg

自宅からお店まで約3.7キロ。
渋滞や信号待ちで、前を行く車のナンバーを見ると
ま〜た「いいふーふ」
何でこんなにいっぱい居るんだ?
しかも、何でよりによって俺の前を走ってんだ?


posted by 山口屋散人 at 20:03| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年07月24日

調べもの


IMG_0425.jpg

お天気が悪いので、こういう時は調べものに限る日曜日。
県立図書館で、持ち出し禁止のものを読みに行く。

IMG_0427.jpg

ネットで検索できて、プリントして持って行けば簡単に出してもらえる。

青葉学園の蛇体の校舎について、特に新しい資料は無かった。
しかし、これが読めるようになった。

IMG_0416.jpg

「悲しけば おろおろ泣かむ  嬉しけば 笑いほほけむ
 子らとし 共に 」  砂

posted by 山口屋散人 at 06:29| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年07月19日

うか


わが家の広大な日本庭園の片隅で、アブラゼミの羽化を発見。

IMG_0422.jpg

去年はさっぱりだったが、今年はいくつか見られるのだろうか。

IMG_0423.jpg

今朝にはもう飛び立っていってしまった。
わが家の生まれなので、無事に7日間過ごせよと祈る。



posted by 山口屋散人 at 08:42| Comment(0) | もろもろのこと | 更新情報をチェックする

2017年07月18日

あぶね 3


P2090640.jpg 
(Darkさん提供)

どんな所に探索に行ってきたのかというと、こんな所。
先行は小生、後続は黒パン党さん。



posted by 山口屋散人 at 07:37| Comment(2) | もろもろのこと | 更新情報をチェックする

2017年07月17日

出直し


DSCF3236.jpg

DSCF3235.jpg

福島市にある児童養護施設、青葉学園の創立の地への探索に行ってきた。
蛇体と呼ばれる地域を、「青葉が海のようだ」ということで、青葉谷と
呼称したらしいのだが、まさしくその通りだ。

蛇体青葉学園跡.jpg

50周年記念誌から、所在地を示す地図を入手していたので、お気楽な
探索のつもりであった。
時折、雨もちらついたが、青葉の海に守られてさほどではない。

yokokawa1.jpg

しかし、青葉峠からの道を発見できない。
少々方向違いの明瞭な道筋を試しに行ってみたが、行き詰った。

出発は7時55分、断念は12時半。
昼食を摂り、雨にうたれながら、とぼとぼと帰路につく。
ログデータによると、往復で16キロ。
後半の30分あまり左膝に痛みが出た。

地図があることで、勉強不足だった。
もう一度、勉強しなおし。

posted by 山口屋散人 at 07:07| Comment(4) | 福島 | 更新情報をチェックする

2017年07月13日

ま〜たコレだ!


DSCF3222.jpg

DSCF3223.jpg

何でこんなに福島には「いーふーふ」が多いんだべ?

posted by 山口屋散人 at 20:01| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年07月10日

そろそろ青葉谷へ

IMG_0413.jpg

IMG_0414.jpg IMG_0415.jpg IMG_0416.jpg

そろそろ、児童養護施設、青葉学園の創立地への探索行が近づいてきたので、
創立者の三尾砂先生の墓地に詣でてきた。

創立50周年の記念誌で、何か資料を探せないかと、図書館から借りたものの、
ついつい読み解くと、こんな人が存在したのだと深い感動に、恥ずかしながら
涙がこぼれた。

奥深い山中で、子供の足なら3時間ほどもかかるであろう廃鉱山の宿舎跡を
探すわけであるが、およそ70年余が経過している。

この辺一帯は蛇体と呼ばれていたが、青葉が海のように茂っているので、
青葉谷と呼び、途中の峠は青葉峠とし、ついでに青葉学園としたとある。

時計もカメラもあったのだが、「食べちゃった」そうで、当時の写真は
民報新聞の記者が取材で撮ったものが唯一とか。

雪深い地であることを知り、わずかに数か月の拠点であったが、烏川で
食べ物を楽しそうに洗う子供たちの写真が残っている。

その地を無事に訪ねることが出来るのか、どうか。
あっさりと見つかることもあれば、苦戦を強いられる時もある。

三尾砂先生は、キリスト教の洗礼を受けているので、どうして良いか
分からず、ただ手を合わせてきたのみ。

posted by 山口屋散人 at 19:02| Comment(4) | もろもろのこと | 更新情報をチェックする

2017年07月03日

16年ぶりの東京

多分、東京が好きでないのだろう。
相当な理由でもない限り、行こうとは思わない。
それでも、朝一番の新幹線で向かうことになった。

IMG_0400.jpg

目的地は、母校があった渋谷。
大宮で降りて、埼京線というのを利用すると早いらしい。

IMG_0402.jpg

渋谷は25年ぶりくらいだろうか。
訪問場所は反対側だが、かつての通学路を探してみる。

IMG_0403.jpg

IMG_0404.jpg

校門を見てきたいところだが、時間が迫っているので、宮益坂上でUターン。

IMG_0406.jpg

道玄坂も、何とも落ち着きのない街に変貌してしまったようだ。
(と、年寄りの感傷にひたる)

IMG_0407.jpg

IMG_0408.jpg

何をしに行ったかと云うと、これ。
真向法の講習を受けてきた。
福島市にも拠点を作るつもりだ。
午後4時半までの講習を終え、帰路につく。

IMG_0412.jpg

IMG_0411.jpg

「おお、そうだ」とごった返す渋谷駅で、ハチ公を探す。
外人さんもハチ公の写真を撮っていた。
意味、分かってんのかな? 分かるか・・

山手線に乗り、何処へも寄らず、東京駅から逃げるように新幹線へ。
13時間の東京への旅を終える。
(あら、スカイツリー見て来るのを忘れたな)



posted by 山口屋散人 at 04:17| Comment(0) | 真向法の風景日記 | 更新情報をチェックする

2017年07月01日

一夜のゆめ


IMG_0381.jpg

IMG_0384.jpg

IMG_0394.jpg

IMG_0395.jpg

IMG_0396.jpg

わが家の月下美人。
実は二つのつぼみを持っていたのだが、どうも一つは旅行中に咲いたらしい。
昨夜からもう一つが咲き始めた。

posted by 山口屋散人 at 05:59| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年06月27日

備忘録 群馬うろちょろ 最終章


碓氷峠を抜け、軽井沢を経て鬼押し出しへ向かう。

IMG_0246.jpg

途中で、「三笠ホテル」という重要文化財があって、見物。
何の予備知識も無かったが、行き当たりばったりの良いところでもある。

IMG_0249.jpg

浅間山の鬼押し出しへ向かう途中、対向車にはねられそうになった狐。
やせっぽっちで、大丈夫なのかなと心配する。

IMG_0252.jpg

学生時代に一度来たことがある「鬼押し出し」
周囲の環境がまるで変っていて、まるで記憶の面影なし。
記憶というのは、それほど不確かなものなのだろうか。
料金を取られるなんてこともなかったはずだし。

IMG_0269.jpg

この日の予定は終わり、宿泊予定地の「道の駅 よしおか温泉」へ向かう。

IMG_0283.jpg

翌日は、水上町を通り、谷川岳ロープウェイで、天神平へ。

IMG_0298.jpg

ロープウェイは「ペットも可か?」と聞くと、「可なれどもペット料金が発生」
するとのこと。
まる君も510円の料金を取られた。

IMG_0301.jpg IMG_0313.jpg IMG_0323.jpg

帰り道、あの田部井さんも若い頃、足蹴く利用したであろう土合駅を見学。
地下のプラットホームまで、400何十段だかあるとのことだったが、踏破。

IMG_0330.jpg

金精峠、戦場ヶ原を抜け、日光から高速へ。
途中、竜頭の滝をずっと追いかけてしまい、また階段を登り返すはめになった。
本日は筋トレも十分にした日だったな、とぼやきながら、無事、福島へと帰る。
約800キロの旅だった。

posted by 山口屋散人 at 18:40| Comment(0) | ちょいTrip | 更新情報をチェックする

2017年06月26日

山の神と水の神


群馬うろちょろも終わらないのに、「次行ってみよう」となった。

IMG_0341.jpg

IMG_0342.jpg IMG_0339.jpg IMG_0347.jpg

残雪が残る湯殿山へ参拝。


IMG_0354.jpg

IMG_0355.jpg IMG_0361.jpg IMG_0363.jpg

鶴岡市街地に移築された多層民家でなく、田麦俣にある本物の民家を見学。


IMG_0376.jpg

 IMG_0380.jpg IMG_0378.jpg IMG_0374.jpg

長女の希望で、クラゲで有名な加茂水族館を見物。
神秘的ともいえる姿のクラゲを見て、飼うのも面白いなと思った。
(勿論、一部のクラゲではあるが)
ただ、クラゲ入りのアイスは・・ちょっと・・

この日の走行距離は約400キロ。





posted by 山口屋散人 at 18:45| Comment(0) | ちょいTrip | 更新情報をチェックする

2017年06月25日

本年12戦目のG1 宝塚記念


0625takarazukakinen.jpg

かつて当たった記憶が無いレース。
であれば、当てようとせず、曲馬から行ってみっぺ。
その昔、カブトシローという稀代の曲馬がいたが、現代では
そういう個性派が少なくなってきている。
今日の軸は「ヒットザターゲット」というチョイ悪ジジィ馬。
この馬が3着に来るのを期待。
さすれば、5点の買い目から2点的中も可能だ。

🐱
あらら、最下位。こうやってこの馬は消えていくのかな。

posted by 山口屋散人 at 06:29| Comment(0) | けーば | 更新情報をチェックする