2019年01月13日

地蔵原堰堤まで


DSCF0501.jpg

日曜日は遠出のお散歩。
雪でどうかなと思ったが、水林自然林から地蔵原堰堤まで歩く。
車が何台か停まっているのは、管理棟からリスを見るためであろうか。
犬連れなので、邪魔しないように、こそっと上流へ歩く。

posted by 山口屋散人 at 13:40| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年01月10日

ひびのくらし

IMG_1452.jpg

IMG_1454.jpg

今年は営業許可の書き換え更新がある。
2月末で許可が切れるのだ。

中核都市とかで、福島市独自に保健所行政が出来るようになった。
流石に県北地方の時と比べると、人数は半数になったような気がする。
しかし、午前中に手続き業務と講習をやるのは勘弁してくれだ。
朝の早よから店に出て、仕込みをし、9時には出なければならない。
しかも帰りは何時になるか分からず、お昼近くになるはずだ。
我が店のようなジジババストアはどうしようもない。
いつも早い時間帯に来るお客さんには
「開店は12時に間に合うかどうか」と予め言っておく必要があり、
わずらわしいことこの上ない。

IMG_1455.jpg
(福島市保健所5階から見た吾妻山)


     
    🐱

IMG_1457.jpg

お店の近くのごみ置き場に建てられた立て札。
以前から外国人と思われる住民によりトラブルの多い箇所だ。
で、こんな立て札が最近建てられた。
改正出入国管理法が施行されて、一年もすると、あちこちに
当たり前のように並ぶんだろうな、きっと。


posted by 山口屋散人 at 20:38| Comment(0) | もろもろのこと | 更新情報をチェックする

2019年01月06日

三冊目

IMG_1451.jpg

何故か気になって三回目のチャレンジをしている本がある。
森敦の「月山」なのだが、一回目は芥川賞をとった昭和48年のこと。
二回目は、2007年の10月のブログにその事を書いた。

そして、さらに10年余が経過した今だ。
本が見つからないので、買いなおした。
近くの中古本屋さんには無かったので、ヤフオクで仕入れる。
値は100円で、送料が180円だった。

三度目の感想はというと、やはり良くわからない。
何なんだ、この小説は・・

ま、今年は登るつもりの鳥海山の小説の方で、楽しむつもりだ。

posted by 山口屋散人 at 05:27| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年01月03日

今年もよろしゅー


DSCF0493.jpg

本年もよろしくお願いいたします。

今日あたりから、何とか平常の体調に戻りました。
いつまで大晦日に営業できるのか、カウントダウンになってきましたね。

残された日々を大事に、たくさん遊ぶつもりです。
今年は何をして遊ぼうかと、思いを巡らしています。

posted by 山口屋散人 at 12:48| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年12月30日

ここはどこだ?

IMG_1439.jpg

わが家の玄関から見た風景。
まるで齋藤清の「会津の冬」ではないか。

大晦日を迎えるにあたり、あまり体力の消耗はしたくない。
今日は除雪もほどほどにしよう。

posted by 山口屋散人 at 08:35| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年12月29日

まる君ご難

DSCF0489.jpg

如何せん、背がたりませぬ。

この大雪、なんとかなりませんか。



posted by 山口屋散人 at 08:24| Comment(0) | まる君 | 更新情報をチェックする

2018年12月25日

わさわさ

DSCF0479.jpg

娘が里帰り出産ということで戻ってきたので、何かと賑やか。
来月はもっと賑やかになり、どんなもんでしょうな。

posted by 山口屋散人 at 15:57| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年12月23日

平成最後の有馬

ホームセンターに金具を買いに出る。
3時過ぎに帰り、有馬記念でも買うかとネットバンクの残高を確認。
あらら、400円しかない。

20181223arimakinen.jpg

締め切りのおよそ10秒くらい前にやっと間に合った。
690円もついたのは僥倖。

posted by 山口屋散人 at 17:23| Comment(0) | けーば | 更新情報をチェックする

2018年12月16日

少し不満げ


IMG_1433.jpg

犬のシートがあることが分かり、仕入れてみた。

IMG_1434.jpg

慣れてくれれば、使えそうかな・・


posted by 山口屋散人 at 12:03| Comment(0) | まる君 | 更新情報をチェックする

2018年12月11日

たいへんな一週間だった

親戚が亡くなったと聞いて、二度ほど宮城県柴田町まで。
水曜日にはお店を休み、告別式に参加。
宮城のお葬式のやり方に戸惑う。

IMG_1414.jpg
(小野さつき訓導殉職の地での白鳥。白石川)


18年乗ったパジェロミニとお別れした後、忘年会を一つこなす。

IMG_1417.jpg

瀕死の重症で発見されたシャコバサボテンは今年も順調に花を咲かす。


IMG_1421.jpg

IMG_1429.jpg

日曜日の午後からは、高湯温泉にて高校陸上部の同期会。
生存9名中、8名参加。
集合写真は7名で一人足りないが、福島陸協の会長をしているSが早朝に帰宅したため。

月曜午後からは、インフルエンザのワクチン注射。
効果を発揮するのは、10日ほどかかるらしいので、それまで自重すんべ。


posted by 山口屋散人 at 07:12| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年12月02日

あまりの快晴


DSCF0473.jpg

日曜日は車で数分の荒川桜つつみ公園までワンコと散歩に出かける。
一年に何回も無い、文字通り雲一つない青空。

来年は規制解除されることを期待する吾妻山をパチリ。

posted by 山口屋散人 at 11:58| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年11月28日

何としたことか・・

IMG_1408.jpg

平日の休みは役所回りをするのに便利だ。
免許証の更新をしなければならなかったので、センターへ平日に初めて行く。
無事に5年の免許証をいただいてきたが、次回の更新はちと面倒になる。
年齢が年齢になり、人のことをジジイと笑えない。


IMG_1409.jpg


店は休みでも、月々の支払いはストップとはならない。
夜になって信金の引き落しがあるのを思い出し、出掛けた。
するとガラス張りの建物の反射で、ヘッドライトが片目なのに気がついた。

この車のヘッドライトはアッセンブリである。
実は5年落ちの中古でわが家へやってきたこの車も、あと数日で終わりなのだ。
以来18年働いてくれたのだが、何せ1996年製でガタが来ている。

ハイビームは点灯するので、何か良い方法はないかと専門家に相談。
すると上半分をガムテープで塞いで、ハイビームにして走れば良いという。
なるほど、その手があったかと感心する。

IMG_1410.jpg

そんでこんなあんばいになってしまった。
気のせいか、少し半べそをかいているようにも見えてしまう。




posted by 山口屋散人 at 12:39| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年11月26日

日帰り温泉になった不動湯に

せっかくの快晴日曜日。
雑用は後回しにして、サボることに決定。

早速、F班長にメールを送る。
「ヒマしてませんか?」
速攻
「はい、ヒマしてます」
「では、風呂などどうでしょう?」
「いいですね。行きましょう」

ということで、土湯温泉の不動湯に行ってみることにした。
今日が入浴できる本年の最後の日である。

IMG_1392.jpg

この峠を越えてから悪路が続く。久しぶりの4駆で走る。

IMG_1394.jpg

看板は火災からは無事だったようだ。

IMG_1397.jpg IMG_1399.jpg IMG_1400.jpg

看板から階段を下りていき、休憩所兼帳場の建物に寄って料金を払う。
以前の建物跡が遺跡のようになっている。

IMG_1401.jpg IMG_1402.jpg IMG_1403.jpg

女性専用の内風呂だったヒノキの湯にまず浸かる。
少しあったまって、タオルを腰にまき下の露店風呂へ。
両方の風呂とも三人がいいところ。

休んでお茶を飲んでいけという大女将さんの誘いにのり、休憩。
消失してしまった宿帳の写真などを見せてもらう。
以前、撮影したお客さんが実物大に伸ばしてくれたという。

IMG_1405.jpg

ここでは智恵子さんではなく智恵となっている。
単に省略しただけなのか?

IMG_1406.jpg

大女将と若女将、看板犬のコロン婆さん13歳の図。
立て込んできたので、腰を上げることにした。


posted by 山口屋散人 at 04:28| Comment(0) | 福島 | 更新情報をチェックする

2018年11月24日

備忘録 益子町

18、19(日月)と連休。
18日の夜に家を出て、矢板の道の駅に泊まり、朝イチで日光へという作戦。

IMG_20181119_084200.jpg

思惑通り近くの駐車場に置け、修理が完了した陽明門と眠り猫を見る。
月曜日とはいえ、9時を過ぎると種々の団体さんが押し寄せてきた。
脱出して、今度は焼き物の町、益子へと向かう。

まずは行ってみっぺというだけの気持ちで、事前に下調べ無し。
途中、スマホで益子町を検索すると、共販センターというのが最初に出た。
そこを目的地にして向かう。
宇都宮から益子までは、複雑すぎてナビが無ければとても行けない町だ。

IMG_20181119_131552.jpg

もっと広い施設を想像していたのだが、ここは駐車場も狭いし、雑然としている。
周囲にお店がいくつか並んでいる。
コンセプトが分からんので、車の整理をしていたオッサンにどこをどう云う風に
見て回ったら良いのか聞く。

IMG_20181119_130544.jpg

まずは人間国宝の作品で眼福にあずかる。

IMG_1384.jpg IMG_1385.jpg IMG_1386.jpg

通りに出て、何件かのお店を覗く。
こういう時は、観光客でにぎわっている時の方が店に入りやすいのだが
月曜日のせいか休んでいる店もあり、人影もまばら。
埴輪を制作しているお店があり、ウ〜ンと迷う。
庭に一つ、ボンと置いておいたら・・と想像したのだが、財布が軽い。

masikokankoannaizu.JPG

帰宅してから、やはり下調べをして行くべきだったと反省。
また行って、今度は埴輪を買ってくんべと密かに思いをめぐらす。


posted by 山口屋散人 at 06:02| Comment(0) | ちょいTrip | 更新情報をチェックする

2018年11月22日

こんな具合に・・


IMG_1390.jpg


18、19日と連休だったので、日光と焼き物の町、益子町まで出張ってきたのですが、
その記事を書くまでもなく、上のような塩梅となってしまいました。

お客様にはご迷惑をおかけして、申しわけありません。



posted by 山口屋散人 at 13:25| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年11月12日

今年最後の上京

いつもの通り、余裕をもって朝一番の新幹線で上京。
今日は何故か福島駅で列車待ちの行列が出来ている。
郡山や白河でも乗ってくる人が多い。
宇都宮でもどんどん乗ってきて、この箱の乗車率は70%はある位。
昨年から今年にかけては最高の乗車率だ。

渋谷駅に着いたのは、受付時間の一時間以上前だ。
ブラブラと、例によってセンター街を記憶を頼りに歩く。
記憶の街と、現実の街に思考が混濁する。

IMG_1367.jpg

あきらめて、道玄坂上で昔は無かったはずの与謝野晶子碑を探す。
彼女がこの近くで住んでいたとは知らなかった。

IMG_1368.jpg

受付開始は10時だが、9時を過ぎているので、勝手知ったる会場へ上る。
誰も居ない会場で、着替えをし、時間まで座禅などして待つ。
本日は初心者講習会のある日だ。
初心者にどのような講義をするのか、勉強させてもらおうと来た。

時間は12時までだが、小野先生から個人的に時間を延長して
レクチャーを受ける。ありがたし。


IMG_1376.jpg

渋谷から銀座線で田原町へと向かう。
合羽橋で、どんぶりなどを見る。
7割が休業という日曜日であったが、思惑の店は二軒とも開いていた。
ちょっと仕入れ。

IMG_1375.jpg

合羽橋商店街の脇道から、お初のナマ、スカイツリーが見えた。
634メートルとはいえ、ここから見ると、こんなもんなんだと思った。

IMG_1377.jpg

上野駅で、コインロッカーを使う。
新しいシステムのロッカーのようで、使えるまで時間をくう。

IMG_1379.jpg

余計な荷物を預けたのはこのため。
千葉と神奈川からそれぞれ友人が出て来てくれた。
気の置けない中学からの友人で、お世辞笑いでない笑みが自然と出る。

IMG_1383.jpg

有名店で、腹ごしらえをして終わり。
この値段であれば、我が店の経営も楽だろうなと妄想。

結局、最終の新幹線で帰福。
混むのではと、東京駅まで戻り並んだのだが、意外に楽勝だった。
車内販売が無い列車で、余計な酒を飲まずにすみ、無事に福島駅で降りる。






posted by 山口屋散人 at 18:53| Comment(0) | 真向法の風景日記 | 更新情報をチェックする

2018年11月09日

いまさら聞けぬ

IMG_1364.jpg


東京本部での講習会で、他地区の方がこのマークの付いたシャツを着ていた。
その時から、何のマークだべ? と密かに思っていた。
よく見ると、あちこちにあるので、真向法協会のシンボルマークのようだ。

であれば、何か意味があるはずだ。
それにしても、マリオの帽子か、幼児絵本の王様が被っている王冠みたいだ。
考えても分からず、長いことそのままにしていた。

真向法体操の教本を、すぐ見える所に置いといた。
通りすがりに、チラ見するためだ。

つい最近ふと思いついて、これは人間の形ではないか、と思った。
胡坐か、開脚をしている人間の形に間違いなさそうだ。
おーっ、そうか、やっと解読できた。

「やっと分かったぞ」と家人に報告すると、まじまじと人の顔を見る。

「分かんなかったの? 子供だってすぐ分かるじゃんよ」だって。



posted by 山口屋散人 at 06:17| Comment(0) | 真向法の風景日記 | 更新情報をチェックする

2018年11月06日

人足の日々

IMG_1356.jpg


IMG_1354.jpg


先週、今週と続けて庭仕事に精出す。

松の木が重すぎ、日差しを遮るので、思い切ってバッサバッサ。
ついでに楓もバッサリ。イラガの退治も兼ねて、枝を間引く。
キンモクセイもバッサバサ。風通しを良くする。

後、やることは屋根塗りか。
床に潜って、下から支えをしねばならない箇所もあるので・・
うむ、これは大変だ。


posted by 山口屋散人 at 16:02| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年11月02日

さ〜て、どっちにすべ?

福島市にも受け皿を、ということで始まったわけだが、准教士の允許を
いただいたところで、停滞をしている。
今年も残りは2箇月だし、そろそろ動かないと来春にも間に合わない。

IMG_1349.jpg

会津若松市に本県で初の会が出来て、15年ほど経つだろうか。
名称は「福島真向会」である。

小生が主催する福島市での会の名称によっては、紛らわしくなるので
名称を変更しようかと言ってくれているのだが、少々気を遣う。


先日、会津の会にお邪魔した時、会員さんからこんな話が出た。

「福島真向会からの年賀状を見て、夫が心配した」と。
何か変な宗教にはまっているのではないだろうなということだ。

創始者がお寺の息子ということで、少々真向ならぬ抹香臭い所がある。
しかし、宗教とは全く関係がない。
そういう事を声を大にして言うと、かえって怪しまれたりもする。

少なくとも、体操会とは入れなければと思う。
敷居を低くするためには、同好会を付ければ良いのだが、長い。

ちと頼りないが、自ら志願した一番弟子と二番弟子は決まっている。
その人たちの意見も聞いてみんべか。


posted by 山口屋散人 at 07:18| Comment(0) | 真向法の風景日記 | 更新情報をチェックする

2018年11月01日

屯所

十数年ぶりに消防団の屯所に、差し入れを持って足を踏み入れる。
本日は一日なので、夜警の日である。

年に一二回、警ら中のポンプ車が我が店の前を通る時に差し入れを
するのだが、ちょっと用があって屯所まで訪ねた。


用というのは、二階和室のこの掛け軸にあった。

IMG_1343.jpg

IMG_1344.jpg


この掛け軸を揮毫した方の息子に当たる方に、是非見てみたいと
お願いされたのだ。

年齢も年齢だが、大物過ぎて「行って見てこらんしょ」とは言えないので
写真を撮り、借りて来た。





posted by 山口屋散人 at 21:53| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする