2020年04月08日

あるだけまし


千年に一度の震災も経験したし、中世ヨーロッパのペスト大流行にも
匹敵するといわれるコロナも進行中だ。
全くもって世の中何が起こるか分からん。

IMG_20200406_102916_0.jpg


こんなものを各テーブルに置くという時代になろうとは思わなかった。
置くことが出来るだけでも、良しとしなければ。
アルコールは相変わらず入手難だ。

posted by 山口屋散人 at 07:18| Comment(1) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年04月07日

正しい日曜日の過ごし方

まさにお花見の絶好機であった日曜日。
いつもの「さくらづつみ公園」は自粛のせいもあって、いつものように
車を河川敷まで持っていけるかもと、行ってみる。

DSCF0773.jpg

DSCF0776.jpg

まる君と贅沢なお花見をする。



午後からは店に用足しの途中、気になっていた所に寄ってみた。

運動公園の南側に奥羽線を跨ぐ、人が歩いて通れるだけの
こ線橋があると聞いたのだ。
森合に住み始めて5年。まったく知らなかった。

言われてから八田踏切を通るときに、線路上で東側を見ると確かに何かある。
近くにJR職員の社員住宅があったりするので、そのための施設ではないかと
教えてくれた人がいる。

IMG_2528.jpg

運動公園の駐車場に車を止め、歩いて線路方向へ行くと、すぐ発見。

IMG_2530.jpg

向こう側がどこに出るのか行ってみることにした。
丁度に線路の真上に達した時、あらら・・何やら音が聞こえてきた。
図ったみたいに上りの新幹線がやって来た。

IMG_2532.jpg

新幹線が上がっていく。
これを野田町ヨークタウンあたりから夜に見ると、まさに天に上る
銀河鉄道のようであるそうだ。

IMG_2534.jpg

民家の裏側に沿ってこそこそと降りていくような感じ。
そっちの生活道路から見ると、この先にこんなでっかい物が
あるようにはまったく見えないのが何とも面白い。

posted by 山口屋散人 at 16:56| Comment(0) | 福島 | 更新情報をチェックする

2020年04月05日

バスと競争

DSCF3668.jpg

この路線の名は多分「森合団地線」という。
自宅近くのバス停の発車時間は9時32分。
酒飲み会の翌日はよく利用させてもらっている。
スムーズに行くと、9時50分には店に到着し、何とか間に合う。

このバスが、自宅出発の一応の基準となっている。
時計を見て、「あ、バスに乗り遅れる」と急ぐ訳だ。
実際に乗り遅れの時間に出発ということもある。
そういう時は、気分だけバスを追いかける。
大概の場合、三河台の陸橋までは追いつける。

しかしこの頃、姿を捉えられないこともある。
何故かと言うと、これに乗って街に出る年寄りが、外出を控えている。
乗り降りの時間が少ないので、時間短縮で走れるからだ。

DSCF3669.jpg

「エール」が始まったが、見られない。
朝はワンコの散歩で、まして昼は稼ぎ時だ。
カメラの顔認識機能が、二階堂ふみに反応した。
男優には反応しなかったので、乗っている女優は違うということか。


posted by 山口屋散人 at 07:31| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年04月03日

さくら

DSCF0766.jpg

朝のわんこの散歩が気温の上昇とともに苦痛ではなくなった。
彼方此方で花が咲き始め、眺めながらのそぞろ歩きも乙なものである。

DSCF0769.jpg

清水中学校の北側歩道もさくらのトンネルが出来つつある。


DSCF0316.jpg

残念ながら伐採されて宅地造成されてしまった近くのさくらの画像は
奇しくも二年前の今日の日付(四月三日)だった。
住宅は3か月もあれば建つが、さくらは何十年もかかる。
ただただ惜しかった。

posted by 山口屋散人 at 16:21| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年03月30日

スプレーが無い

昨日の日曜日、百均へと出かける。

スプレーのヘッドを買うためだ。
ところが、その類のものが見当たらない。
ひとつとして無い。
店員さんに聞くと、例のコロナの影響で入ってもすぐに売り切れるとのこと。
(みんな中身はどうすんだろう?)


コロナ禍も志村けんが亡くなったことで、一気に警戒感が上昇するだろうし
そうなれば、ますます入手が難しくなるかもしれない。

spray.JPG

monotaro.JPG

幸い、アルコール製剤は通常の三か月分くらいの量は確保してある。
出来れば客席の各テーブルにも置いておきたい。
そうこうしているうちに楽に入手出来るようになるだろう。


間に合うかも知れないとアマゾンとモノタロウを覗いてみた。
売り切れ商品もあるが、まだ注文可能なものもある。
両方合わせて、5000円弱の注文をした。
百均だったら、せいぜい1000円位なんだろうけど仕方ない。

posted by 山口屋散人 at 21:02| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年03月25日

パーティション

IMG_2489.jpg

いつの間にか月日の経過をはかるのが、震災を基準にして、前と後になった。

お店に置いてあるPCはいつから使っていたか、調べてみたら震災の年だった。

これまた容量が不足のため、更新プログラムがインストール出来ませんと出る。

確かにCドライブが50ギガで、いっぱいになっている。
プログラムフォルダをDドライブに移行すれば良いのかと思ったら、ダメ。

データを全部別に保存して、パーティションの組み直しが必要らしい。
そんな面倒なことはしたくないので、構わないでいた。

ところが、便利なソフトがあることを知った。
しかも無料。

早速、使ってみたのだが、いつまでも動いていて終わらない。
えんえんと深夜まで付き合う。

翌日、更新プログラムをインストールする。
また、えんえんと終わらない。

やっと終わったら、入れたソフトにくっ付いてきた要らないソフトが稼働。
これを除去するのに、また時間をとられる。

なんか、こんなのばっかりでタイヘ〜ン。


posted by 山口屋散人 at 19:27| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年03月24日

よい塩梅の湯

雨の日曜日、何するわけでもないので、どこぞの温泉でもと考える。
F班長にメールを送ると、ヒマしているらしい。
山形方面の温泉にでも行くことにした。

米沢近辺とも思ったが、いつも通過するだけの上山温泉をめざす。

IMG_2492.jpg

IMG_2494.JPG

学生時代、後にスポーツ紙の競馬担当になった先輩と上山競馬に来た。
昭和50年頃の話だが、その時、散歩で偶然に遭遇。
それ以来の訪問。
(泊まった材木栄屋さんは18年に倒産したらしい)


IMG_2496.jpg

IMG_2498.jpg

IMG_2503.jpg


次に郷土資料館となっているお城へ向かう。

IMG_2509.jpg

下から見上げると、なかなか立派。
だが、いかにも作り物感がある。
入場料金は420円。

IMG_2510.jpg

入ると山伏がほら貝を鳴らして歓迎してくれる。

IMG_2511.jpg

これを作った人は、こうなってしまうことを想定したろうか?

IMG_2512.jpg

最上階から眺める上山市内。
晴れていれば蔵王の山並みが見えるはずだ。


IMG_2514.jpg

風呂の前に、何か腹に入れなくてはと探したが無い。
駅に行けば、何かしら有るだろうと期待したが、まるでだめ。

IMG_2515.jpg

IMG_2516.jpg

その駅ではローカル色の豊かなものを見つけた。


食べることは諦めて、共同浴場の最も近い所をめざして歩く。

IMG_2518.jpg

IMG_2519.jpg

IMG_2520.jpg

IMG_2521.jpg

IMG_2523.jpg

受付のおばさんに「熱いですよ」と脅されたので、「何度くらいですか?」
と尋ねたら、42〜3度あると言う。
「飯坂温泉で鍛えていますから、大丈夫、楽勝です」と答えておいた。
おばさんは、飯坂温泉の熱いことを知っていた。



posted by 山口屋散人 at 19:13| Comment(0) | ちょいTrip | 更新情報をチェックする

2020年03月19日

格闘すること1週間

YAHOOから盛んにペイペイとスマホを連携しろとうるさい。

ソフトバンクを使っている家人が、スマホに切り替えた際にサービスで
ペイペイに500円分をチャージしてくれたためだ。

名義は小生なので、使う予定もないが連携しておくかと、やってみると
使っているスマホではアンドロイドの型が古すぎてアプリが入らない。
2015年春の物なのだが、最早使い物にならないらしい。

で、中華スマホの安物を探していたら、防水、耐衝撃のアウトドア
仕様のものを見つけた。
これなら、山にも持っていける。

欲しいものリストに入れた時は、14000円弱。
二日後に見たら、12000円弱に値下がり。 → ポチッ。

IMG_2487.jpg

アンドロイド4からいきなり9になったので、ちょっと浦島太郎。
SIMもマイクロからnanoサイズなので、一度しか使わないであろうという
専用カッターも千円弱で調達。 → 無事に開通。

Wi−Fiの設定も完了。
LTEも認識している。
だけど、外でネットが出来ない。なんで?

ここから苦難の1週間が始まる。

ネット検索の上位ページをくまなく開き試行 → ダメ。

打つ手無しかとあきらめかけたが、更にキーワードを変えて検索。

検索5ページ目のところで、やっと解決方法を見つけた。

格安スマホはまったくもって苦労が多い。
かかずらった時間は10時間を超えるだろう。
頭がさんかくになった。



posted by 山口屋散人 at 20:37| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年03月16日

はる

日曜日は大概のところ荒川の桜つづみ公園へ出張る。

DSCF0761.jpg 

故郷の山、吾妻山が綺麗だ。

DSCF0754.jpg

いつも車を置く、荒川の河川敷の梅の木も満開だ。

DSCF0758.jpg

まる君も、チラっと花見。

IMG_2468.jpg

わが家の庭の梅の木も満開。

IMG_2472.jpg

夏になると、姿を消してしまうヒメオドリコ草も顔を出した。

IMG_2476.jpg

IMG_2475.jpg

午後からは栗子峠へフキノトウ採り。

IMG_2483.jpg

日当たりの良い場所に、珍しく春蘭を見つけた。

posted by 山口屋散人 at 05:18| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年03月10日

今さらかい !!

普段はそこまでしないのだが、こういうご時世なので
店のテーブルや備品(コショー、七味等)をアルコール噴霧して
掃除している。

ある程度アルコールの予備はあるのだが、入手し難い状況が何時まで
続くか分からないので、絶えず探しまわっている。


2月27日のモノタロウのサイトで、受付可能なアルコール製剤を発見。
さっそく申し込む。

キャプチャ.jpg

出荷予定は3月3日。
とにかく手に入れば、数日待つことくらい構わない。

3日、出荷延期のメールが入る。

そして8日になって、とうとうこういうメール。

cancel.jpg

ま、混乱しているのは分かるけど、期待していたので、ガックリ。

posted by 山口屋散人 at 06:19| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年03月08日

眩しい朝

DSCF0750.jpg

いつもより早く散歩に出る。
朝陽を浴びて、影がこんなに長い。

岳父の時も、こんな眩しい日だったなと思い出した。

posted by 山口屋散人 at 06:42| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年03月05日

致命的なエラー

IMG_2456.jpg

半月ほど前だろうか。
家人が使っているPC(win8.1)が動かなくなった。
「致命的なエラー ○○xx」と表示されて、動かない。

どうも、更新プログラムをインストール中に、電源が落ちたらしい。
バッテリーは既に使い物にならない。

自動修復を使って・・も色々試したが全てダメ。

遂にはヤフオクであやしげな認証キーを買って、win10でも
クリーンインストールすべえ、と覚悟を決める。

そのつもりで、マイクロソフトからダウンロードして、USBを準備。
これを動かしてみたら、あらら、そのままインストール成功。

前のwin8.1が、正規版だったせいなのかどうか分からないが、もうけw。


posted by 山口屋散人 at 20:02| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年03月01日

遊べや遊べ


DSCF0739.jpg

日曜日は恒例のさくらつつみ公園へ向かう。
荒川の土手を降り、いつもの木のそばに車を止める。

いつもの木に花が咲きそうだ。
何の木だったんだと近くに寄ると、あらっ、梅の木だったらしい。

DSCF0744.jpg


確定申告が一月伸びた。
何して遊ぼうか、考えた。
栗子に「ふきのとう」を採りに行ってみる。

IMG_20200301_130108.jpg

この間より、かえって雪が深いみたいな感じ。
日当たりの良い斜面で、いくつか採れたが、効率最悪。
でも、こういうのが美味しいのだ。

posted by 山口屋散人 at 22:19| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年02月27日

ごみ置場ではない


IMG_2437.jpg

恒例の季節とうらい。埋没。

posted by 山口屋散人 at 19:57| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年02月22日

土曜日の撮りテツ

DSCF3664.jpg

DSCF3665.jpg

土曜日のダイヤのせいだろう。
よく三河台の踏切で、足止めを食う。
ここの踏切は他所と比べると、倍くらい長い。
駅に近いからかな、などと漠然と思っているが、その理由は
思いつかないでいる。

今朝は、踏切の最前列になってしまった。
いつもの回送の新幹線が通るはずだ。
にわか撮り鉄になって、列車を待つ。

やはり、空の列車より、様々な理由の人々を乗せるものが良い。
空かと思うと、なんとなくつまらない。

DSCF3666.jpg

posted by 山口屋散人 at 19:45| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年02月21日

手に

昨日、午後から自宅近くの眼科医に行く。

どうも右目が曇ってきて不自由なためだ。
混んでいる医院なので、マスクをして待合室で待つ。

先月来た時は、午前中であったせいか、見事に年寄りばかりで
あったが、若い人も何人かいる。

今日は瞳孔を開く薬を使われるかも知れないので、家人に
同行してもらった。
家人は車の中で待つという。

検査は一時間近くかかった。
白内障であるが、手術するほどではない。
ごく初期の緑内障の症状が見られる、との診断。
処方箋をもらって車に帰る。

家人に、待合室での様子を話す。
20人は居たであろうけれど、マスクをしているのは数人だった。
なんでこんな時期でしかも病院なのにしないのだろうと話すと、
ひと言。
「マスクが手に入らないんじゃない」

あぁそうか。なるほど。

posted by 山口屋散人 at 07:12| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年02月18日

別な理由で

IMG_2414.jpg

食品添加物としてのアルコール製剤。
もちろん器具の消毒とかにも使える。
スプレー容器に移して使うわけだが、野菜の切り口等にも
効果があり、わが店では多用している。

一般の人が使うサイズではないし、そば粉と小麦粉の卸会社が
これを扱っているので、他の店のように品切れとはなってないと
思っていた。

ところが、一つは確保できたのだが、新しく品物が入って来ないのだとか。
げっ! あんまり売れ行きはよくなかったはずだ。
ここまで手がまわったかとあきれたが、しかし、その理由は意外なものだった。

このアルコール液を入れる容器が、中国から来るのだとか。
当然、滞っている。
そのため、出荷できないんだそうだ。

案外に日本ももろい。


posted by 山口屋散人 at 19:46| Comment(0) | もろもろのこと | 更新情報をチェックする

2020年02月12日

たかがシナチク

IMG_2407.jpg

この画像を見て、これが何物であるのか分かる方は少ないだろう。
同業者でさえも、半数は分からないのではないかと思う。


昨日、建国記念の日は久しぶりの祝日営業だった。
そのせいか暇だった。
暇な日も必要なのだ。
色々の仕込みを営業時間中に出来るからだ。


上の画像は、シナチク。(メンマとも言う)
要するに中国南部か台湾の竹だ。
竹を発酵させて、柔らかくし、味付けして食べるものだ。

画像の物は、御覧のように節の部分がない。
展開されて短冊のようになっているので、短冊めんまと云う。
これが塩蔵されて、日本にやってくる。

大概のラーメンに載っているメンマは節の部分があることだろう。
節がある部分は値段がどっと安いのだ。
おまけに裁断されて塩蔵してあるので、塩抜きをして味を付けるだけ。
最初から味付きで、袋詰めのものもある。
安直な店は、そういうものを使う。


わが店は、昔からそういうものを使わない。
愚直に短冊めんまをわざわざ割いて、使用する。

IMG_2409.jpg

「めんまラーメンをやってくれ」というお客さんがいるが、いくら
料金を高く頂戴しても、やれるものではないのである。


posted by 山口屋散人 at 20:12| Comment(2) | 麺類学 | 更新情報をチェックする

2020年02月11日

大正も・・

IMG_2366.jpg

お店のお掃除は、小生の役割である。

もう30年以上前のことである。
北裡芸者といえば、昭和初期の最盛期には半玉(見習)、一本芸者合わせて
150人規模でいたそうである。
そして、最後まで残った芸者さんが、愛子姐さんという地方(じかた)の
芸者さんだった。

昭和50年代の終わりごろ、小生が店先を掃いていると、ちょうどに
愛子姐さんが通りかかった。

大正8年生まれの姐さんは、「旦那さん、お掃除するの?」とびっくり
していたのだ。
当時30になるかならぬかの歳ではあったが、表通りに店を構える旦那で
あることは一応違いない。
その旦那が掃除をしている・・というのが驚きだったらしい。

言われた当方も少しびっくりしたのを覚えている。

姐さんは大分前に亡くなったが、生きていれば今年で101歳である。
大正も遠くなりにけり。
posted by 山口屋散人 at 20:58| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年02月06日

数少ない芸のひとつ

IMG_2405.jpg

わが家の駄犬。
家人が「ごはんだよ〜、お茶碗もっておいでぇ〜」と言うと
何とか持ってくるようになった。

posted by 山口屋散人 at 06:32| Comment(0) | まる君 | 更新情報をチェックする