2004年03月31日

訃報欄

 地元新聞の訃報欄に高校1年生の時の担任だった先生の名を見つけた。
77歳、肺炎のためとある。
現代国語の先生で、弓道部の監督もしていた。非常に物静かな真面目な先生だった。

 この先生に職員室に呼び出されたことがある。
初試験の成績が非常に芳しくなかったためだが、「何かあったんですか?」と心配をかけたようだ。三百番以上順位を下げた例はあまり無いという。
実は風邪をひいて高熱なのに無理に受けた試験だった。
しかし成績順位にはびっくりした。(未だ同期の陸上部では語り草である。恐怖の○百番台経験者ということで)
自分より下には数人しかいない。オッソロシイ高校に来たもんだと思ったものだ。

 しかしそれ以来、成績はイエローサブマリン(深く静かに潜行せよ)で浮上せずに高校生活を終えてしまった。高校内での生活はいつもブルー(グレー?)だった。

 今でも時々車で高校の前を通る時もあるが、懐かしさはまるで感じない。校庭で部活をやった連中はケヤキの大木が懐かしいと言うこともあるが、こっちは信夫ヶ丘競技場のほうが懐かしい。
故に出身高校はありそうで実は無い「信夫ヶ丘高校」としている。

ともあれ、石幡先生のご冥福をお祈りします。
posted by 山口屋散人 at 20:50| 福島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2004年03月30日

お散歩のシーズン

 春の甲子園もプロ野球も始まり、吾妻小富士の種まきウサギの季節になると、そろそろ「お散歩」の虫がうずきだす。
去年、出合った熊もそろそろ冬眠から目覚める頃だろう。元気でいるだろうか?

熊

月の輪熊というのは案外小さい動物だ。
私が出会ったのは、立ち上がって1M20〜30くらいだろう。
これが体長というのかどうか知らない。(どこからどこまでの長さなのだろう?)お尻を向けてユッサユッサと遠ざかっていく姿を見ながら、親友のSを思い出しアイツぐらいの体重かなと想像した。(人間余裕があろうがなかろうが、そんな事を考えるらしい)
家に帰ってから早速Sに電話。「おめぇ、体重何キロだぁ?」
「ウ〜ン、ちっと痩せたんで80後半かな。何で?」
「おめぇぐらいの熊に会った。」

熊と戦いをしなくて済んで本当に良かった。
傷を受けるのもイヤだが、何の罪もない熊を傷つけるのもイヤだ。
人間は熊を怖がるが、それ以上に熊は人間を恐れるらしい。
出会い頭の衝突でなければ、熊が人間に立ち向かうことはない。
気を付けなければならないのは母子熊である。子供を守るため母熊はパニクる。
しかし、熊撃ちの名人の話によるとイキナリ襲い掛かるということはなく、警戒音を発するらしい。「シューッ!シューッ!」という空気が漏れるような音であるそうな。この音を実演してもらったことがある。

実はこの警戒音、熊に出合った時にやったのである。
ところが熊は気付いてくれなくて、大声を発した次第。

posted by 山口屋散人 at 22:57| 福島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2004年03月27日

棚からボタ本

 ここ3〜4年、意識的になるべく本屋さんに行かないようにしている。徒に新刊本を漁る愚をおかすよりも、一読のまま終わってしまっている良書をじっくりと読み直そうと考えたからだ。

必要があれば、向こうから「どうしても買え」と信号を送ってくる。
家の中では「もう一度読み直せ」とばかりに本棚から降ってくる。

昨日、会津若松市から立派な紳士のご来訪があった。
4月から真向法協会の会津支部を立ち上げるとのこと。
(福島県では初の支部誕生である。)
東京の協会本部から、福島市の私を紹介されたらしい。
(買いかぶり過ぎだぁ〜)
私は協会の会員でもないし、個人の愛好者に過ぎない。

ともあれ、その立派な紳士、鈴木正一さんから下の本をいただいた。


yaeji125

もと通産官僚の渡辺彌栄司氏の本である。
TOEICの会長でもあり、弁護士でもある、御歳86のジイ様である。
本の存在は知っていた。ただ買ってまで読もうとはしなかったのだ。よくある年寄りの新聞の投稿のちょっとマシなものかと思っていた。タダでいただいた手前、読まずばなるまいと読み始める。

ところがこれが面白い。
この方は城山三郎の「官僚たちの夏」の一員だったのだ。
岡崎嘉平太とのやり取り、佐藤栄作、三木武雄といった歴代の通産大臣とのやり取りも面白い。一気に読んでしまった。

これから老境に入る今の私に必要な本だったのだ。
(思いがけない所からやって来た!)

著者 渡辺彌栄司 「125歳まで、私は生きる!」
発行 ソニーマガジンズ 1575円(税込み)

「渡辺彌栄司のホームページ」というのを検索してみてください。(真向法協会のサイトからのリンクもあり)

posted by 山口屋散人 at 00:42| 福島 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2004年03月24日

名刺の後先

 転勤のシーズンである。
ここ一週間で何人かのお客さんに転勤になる旨を告げられた。
三月は別れの季節でもあるらしい。

「常連さん」とはいえ、名前も知らなければ、勤め先も知らないお客さんが大半である。

お勘定をする時、コソッと「転勤になるので来れなくなります。お世話になりました。」と小声でささやいていく。

「今度はどちらへ?」などと少々会話をし、今までのご愛顧にお礼を言う。
会話らしき会話はその時が最初にして最後というお客さんもいる。
そして名刺を置いていってくれるお客さんもいる。

お客さんとの出会いと別れ。その最後にやっと名前が分かる。

戴いた名刺は大事にファイルに保存してある。
これが本当のお店の宝物なのだと思う。
posted by 山口屋散人 at 21:27| 福島 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | MEN類学 | 更新情報をチェックする

2004年03月22日

あ”〜ぁ


日記のカテゴリで
今日、GyutoさんとGILLSさんの友人だというお客様がいらっしゃたこと。

Gyutoさんを「福○代表様」と「某経済団体重鎮」というヒントからWEBで探り当てることが出来たこと。

相変わらずGILLSさんが特定できないこと。(あの写真ちょっと違ってやしませんか?)

などを長々と書いたら、キー操作を誤って全部パー。
もう書けないとINサーフに。

Gyutoさんのページを開いたら、変なことやってました。

このページをご覧の方は是非投票してください。
posted by 山口屋散人 at 23:03| 福島 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2004年03月19日

蕎麦屋の技量判定法?

 格言
 「蕎麦を見るならモリ蕎麦
  味を見るならカケ蕎麦
  腕を見るなら玉子とじ」

 他の商売に比して、蕎麦屋には格言なるものが多い。
蕎麦屋自身のための心得のようなものから、蕎麦通が遊び心半分で後進に教え示すものに大別される。

 上記の格言はその後者に当たるものである。

それでは検証してみよう。

 「蕎麦を見るならモリ蕎麦
   一番ごまかしが効かないのは確か。
   何も身に纏っていない素裸のままである。
   自信のある蕎麦屋は「モリ一本でいきたい」と言う。

 「味を見るならカケ蕎麦
   冷たいタレ(そばつゆ)はある程度ごまかせる。
   塩分の濃度が高いためで、それよりも2〜3倍の
   薄さの温汁はダシとカエシの良し悪しが出やすいと言える。
 
 「腕を見るなら玉子とじ
   よくぞ玉子とじと言い切ったものだ。
   タレを汚さずに仕上げるのはタイミングと火加減の
   バランスが要求される、単純にして実は高度の技術である。
   これが上手くない蕎麦屋は「まわれ右!」してよろしい
   という、厳しい判定法である。(私は時々へぐる) 
   また、玉子とじ蕎麦は比較的安価である。
   安価だからと手抜きする蕎麦屋は「やめとけ」ということか。
posted by 山口屋散人 at 23:57| 福島 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 麺類学 | 更新情報をチェックする

2004年03月18日

山葵(わさび)

 もり、ざる、せいろ蕎麦と名称こそ違え、冷たい蕎麦には必ず付いてくるワサビ。いったいこれはどの様に使えばよいのだろうか。

うちの店のお客さんの場合、4通りに分かれる。
1 まったく使わない
2 最初から汁にとく
3 蕎麦の上にこすり付けて、然る後、汁につける
4 蕎麦猪口の上部につけ、汁を付けた後、ちょっと接触させる

 では、蕎麦屋自身はどうなのだろうか?
飲み会で話題の一つになったことがある。
メンバーは御山角屋(県理事長)西口喜多屋(次期福島の組合長内定)サンキスト(残念ながら蕎麦屋ではないが)の各氏と私の4人である。
 
 結論から言うと”全員使わない

御山角屋さんに到っては「本当は出したくない」とのたまう。
そばつゆが台無しになってしまうと言うのだ。(サモアリナン)

然しながら、本ワサビと鮫皮のおろし器を恭しく出す店も一方では存在する。別な機会に、そうするお店の旦那に聞いてみた。
「もちろん使うぅー。旨いよ、本ワサビは。」「・・・・・」
別な蕎麦屋さんにも聞いてみた。「使います」「・・・・・」

蕎麦屋自身は≪使わない≫という仮説はもろくも崩れ去った。

ワサビは薬味、香辛料の類であるから使い勝手はお客さんの自由ではある。とは言っても、2の最初から汁にとく、というお客さんは、次回からは緊張感を持って蕎麦を茹でてもらえないかも知れませんナ。
posted by 山口屋散人 at 22:24| 福島 ☁| Comment(7) | TrackBack(1) | 麺類学 | 更新情報をチェックする

2004年03月15日

年々歳々

siraneaoi3


春もたけなわになるとこの花を見に行きます。
偶然に見つけたもので、とある谷あいにひっそりと咲いています。そこの谷あいにだけ、あちこちにあるのです。
三年ほど前に、何か山菜でもないだろうかと入った山の中で見つけました。
(ここも福島県の県庁所在地である福島市内です)

斜面に咲いている花を最初に発見したのは私でした。
「おお、きれいな花が咲いてるぞぉ。これっ。」
女房がどれどれとやってきます。
花好きな女房が
「うわぁ、シラネアオイだぁ。初めて見たぁ。」と歓声を上げます。

かくして毎年、このひっそりと咲く花を見に行くのが通例となってしまいました。
咲いていると「よかったよかった」と写真だけ撮ってきます。
されど、
去年の写真も一昨年の写真も同じような画像です。
見に行く私たちが一年ずつ歳をとっていきます。

[年々歳々花相似たり歳々年々人同じからず]
posted by 山口屋散人 at 21:03| 福島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島 | 更新情報をチェックする

2004年03月14日

訳が分からんけど

このところ、私のHPにブログサイトを持っている「お客さん」が来店するようになった。初めは何がなんだか分からないサイトだと思っていたが、やがて自分も欲しくなった。
画像掲示板よりも使いやすいかも知れない。
とりあえず、訳が分からないなりに進んでいこうかと考える。
慎重派の私としては少し勇気がいる。百尺竿頭の一歩前へということだろうか。
posted by 山口屋散人 at 21:50| 福島 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする