2004年04月23日

げに恐ろしき物?

人には必ず苦手とするものがある。
お散歩の相棒、消防団のF班長は長いもの→ヘビがダメである。
林道などを並んで歩いていると突然悲鳴をあげてダァーと退却。
その悲鳴に当方も驚いて一緒に並走なんてことがよくある。

小生、ヘビは苦手ではない。
「お友だち」ではないが、かまって遊ぶぐらいは出来る。
小生の苦手はゴキブリである。
以前はカマドウマ(便所コウロギと呼んでいたが)も苦手だった。
カマドウマ

が、女房の実家に行った折、小生の靴の中に紛れ込んだらしく
そのまま履いていて、後でぐったりした状態で出てきた。
それ以来、親近感が湧き「お友だち度C」に昇格した。

ゴキブリはダメである。
商売柄まずいので、退治に精出すわけだが冷や汗ものだ。
ゴキブリのお陰でカブトムシもつかめなくなってしまった。


ゴキブリ


posted by 山口屋散人 at 21:33| 福島 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 雑事 | 更新情報をチェックする