2004年06月08日

Trip 余禄?

ただ黙々と歩きもするが、小さな生き物とも出会いがある。

歩き始めてから1時間ちょっとの大平橋から下の川を覗く。
1〜2分眺めていると、岩魚が4匹確認できた。
一番大きいのは40センチを越すのではないだろうか。

iwana

春せみ。
命が尽きかけているのか、簡単に捕まり、逃げようともしない。

harusemi

ホーホケキョ、と大音量で鳴く。
上手に鳴くところをみると、ベテランの鳥か?
ウグイスでなければ宮本武蔵の絵のようだ。

uguisu

どこからともなく山側から水が流れ、路上に水溜り。
何やら動いているので、しゃがんで覗く。
無事に育てよ、とも思うが、全部育ったらエライこっちゃに。

otama


posted by 山口屋散人 at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょいTrip | 更新情報をチェックする