2004年06月09日

予報?

「整理整頓」
小学校の時、黒板の脇あたりに書いてあったっけ。

小生、後片付けが苦手である。やりっぱなし。
いまだかつて女房に怒られている。

整理と整頓の言葉の意味を正確に知ったのは最近のことだ。
整理とは要るものと不要なものとをキチンと分けること。
整頓とは必要な時に困らないように整えておくこと、だそうだ。

さすれば人員整理とは、人間を要不要に分けることか。
ちゅーことは、整理=合理化=リストラ(再構築)

競馬新聞は予想を載せている。
気象庁は天気の予報をする。

競馬予想は外れても、文句を言う人はいない。
天気予報はどうだ?
アラカジメ、シラセルから予報なのではないの?

気象庁は天気の予報をしていながら、
それ以外の例えば、最高最低の気温などは、予想である。

予報という単語はあまり一般には使わないな。
せいぜい予告くらいか。
予告=予報 というのが一般の認識。

明日の福島の予想最高気温は30度であるらしい。
ウチみたいな零細蕎麦屋でも、仕込みに影響があるから、
「予告」程度まで確度を高めてほしいな。
posted by 山口屋散人 at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする