2004年06月15日

あーゆーあめりかん?

チャリで雑貨屋さんにお買い物に行った。
目的の物を見つけ、レジ精算を待つ。
その間、普通なら取り寄せとなる品を見つけた。
「ついでに買っておくか、これもネ」

コンビニのレジであれば、追加登録も簡単だ。
だが、旧式のレジのためにそれは出来ない。

「先にこちらの方を精算していただけますか?」
年齢は未だ20代か?と思われるお姉さまがそう言った。

「ん?」 (しばし面食らった)
「レシートは二枚になっても良いから、合計金額をだして」と要求。
彼女、困った顔をしている。
「そこに計算機あるでしょ。それで合計をだして」 (俺は親切だなぁ)

彼女は後の商品をレジに打ち、合計金額を計算機で出した。4千ちょい。
小生、千円札を5枚出す。

ここから彼女、仰天する行動を起こした。
小生の出した5枚の千円札から、まず2枚を取って、
先の商品の精算をはじめた。おつり4百何十何円。
ついで3枚の千円札をとり後の商品の精算をはじめる。
おつりはやはり4百何十何円。
勘定皿の右と左にそれぞれのおつりを盛り、小生に差し出す。

小生、心のなかで叫んだ。「オー、ノォー!」
悪かった。ごめん。そういう事だったのね。
君はアメリカンだったんだ。

かくて小生の財布は1円玉、5円玉、10円玉などでジャラジャラになった。
posted by 山口屋散人 at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | MEN類学 | 更新情報をチェックする