2004年07月14日

物好きのお供?

山歩きをするようになってから、持ち物が増えた。
コンパスや双眼鏡、ポケナビ、ヘッドランプなどの装備もそうだが、いつの間にか、こんな物も。
knife1

もともと刃物は好きである。
登山道ではとてものこと、こんな代物は持って歩けないが、
何が出てくるか分からない藪歩きである。
(という理由をつけて、買い求めた訳であるが)

実際に使うことは稀である。
藪払いにむやみに振り回せば、自分の足に危険だ。
knife2

上の三本は土佐打刃物。
上から、白紙2号の細身の鉈、同じく白紙2号の剣鉈、ダマスカスの剣鉈、モリブデン鋼のスペイン製ナイフ、ステンレス鋼のスウェーデン製のナイフ、おなじみフランス製のオピネルのナイフである。

大概は三番目の剣鉈を持って歩く。が雨は困る。
二番目の剣鉈は、あまりに綺麗すぎて勿体無くて使えない。
(小生がオナクナリになった時、これを魔よけとして、布団の上に乗っけてくれ、と家人には言ってある)

ちなみにその後どーすんだ、という話になったので、「うちの三人娘にくれる」と言ったら、その場にいた二女いわく 「いらん、そんなもん!」



posted by 山口屋散人 at 22:57| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする