2004年08月29日

イノシシ?

天気さえ良ければ、「お散歩帳」の予備調査に(いや、前編か?)行く予定だったが、昨日の段階で断念。

しかし一向に雨は降らない。
こういう時はかねてより気に掛けていた所に出かけるに限る。

国道399号線、摺上ダムの手前に「蓮華滝」がある。
そこに行って見ることにした。

rengenotaki


国道から右手の山に3キロほど入る。
林道は慣れたものなので気にならないが、乗用車ではビビルような道だ。
(案内板につられて入って来たような人は、引き返すような道である)
道は悪いが、不動尊前の駐車場は十分にある。
(そこから200メートルほど歩くと滝である)

駐車場の手前に胡桃の大木が一本ある。
そこで初めてリスを見ることができた。
野生の小動物に出会うのは嬉しいかぎりだ。

これで野生の動物は今日のリスを含めて、
熊、カモシカ、ウサギ、てん、猿、に会ったことになる。
あと残っているのはイノシシくらいなものか。
(でも熊より始末悪いかも?)




posted by 山口屋散人 at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょいTrip | 更新情報をチェックする

ペンギン搬送?

調理場の片隅に受信機をつなぎっぱなしにしている。

jusinnki


上段は安定化電源(直流約13ボルトに下げる役割、スピーカー内蔵)
下段はアナログ式の受信機
アンテナは屋根の上にモービル用のディスコーン・アンテナをつけている。

消防無線にチャンネルを合わせているのだが、
もちろん、救急車の指令も入る。

福島市の場合、確か年間出動回数8000回くらいのはず。
一日平均二十数件の割合だ。

最初の指令はコンピューター合成音(女性)で出る。
意外に多いのは「転院搬送」である。
(二番目だったか?)
小さい病院から大きい病院へとは限らず、
例えば、医大から専門病院へというのもけっこうある。

この「てんいんはんそう」が「ペンギン搬送」と聞こえて仕方がない。

さらに「救急指令、栄町一番一号、急病」というアナウンスは
最後の急病が「じゅうびょう」と聞こえる。

発生場所は栄町一番一号が一番多いのだが、
これは福島駅のことである。(当たり前か?)

ちなみにこの機械は受信機のみの機能なので、免許は必要ない。
(とはいえ、4アマ免許は持っている。小生のコールサインはJO7HNE





posted by 山口屋散人 at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑事 | 更新情報をチェックする

2004年08月26日

天寿?

本日は「燃えないゴミの日」

本ホームページの「お店の宝もの」で大方の顰蹙を買い、
店主の知性と教養を疑われ、
計らずも店の経済状態を露呈してしまった「ゴミ箱」。

gomibako

このゴミ箱とお別れの日であった。

実はこのゴミ箱。
去年、ホームページを立ち上げた時に取り替えるハズであった。
それがたまたま遊びに来た「サンキスト」のおじさんに
激賞されたものだから、つい調子に乗ったのである。

お陰で一年余り寿命が延びた。
昨日、バラバラにして紐でくくったのであるが、
何となく戦友と別れたような気分?なり。




posted by 山口屋散人 at 01:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑事 | 更新情報をチェックする

2004年08月23日

掃除婦?

先月、XP搭載のノートパソコンを修理に出した。
液晶画面のバックライトのコードが断線気味なため、
点いたり消えたりしていて、あげくの果てはヒンジの隙間から
爪楊枝を差し込んで、コードを突っつくことで用を足していた。
note-pc


時間の問題なので、別のPCを手に入れ、メーカーに修理を依頼したのだ。

宅配便の会社(日通)が取りにきてくれ、梱包もしてくれる。
(プチプチで簡単に包んで営業所に持って帰り、そこできちんとやるようだ)

結果。
部品代500円、修理代15000円、往復の運賃。
2万円で何百円か、おつりが来た。
このPCはヤフオクなどを見ても6万円は下らないので
修理したほうが得策である。

このPC,社会人から又、いわき市で学校に行っている長女にくれることにした。

嫁ニモ行カズ
嫁ニモ行ケズ・・・
(いかん、いかん、またパロ句が浮かんできたわい)

その長女、病院でアルバイトをしているらしい。
と言っても雑役婦(掃除婦?)。

その掃除婦がなんとあろう病院のHPにモデルがわりに出ているとのこと。
探してみたら、あったわいな
posted by 山口屋散人 at 21:47| Comment(3) | TrackBack(0) | 雑事 | 更新情報をチェックする

2004年08月22日

空路?

「思い入れ」が強いと、それが上手く進行しない時は
余計にストレスを感じるようになってしまう。
だからと言って、無関心では味気ない。

100メートルの末續、男女のサッカー、柔道の井上など、
五輪の壁を、「one of 日本国民」であるはずの小生も
一緒に感じてしまう。

駒沢大学付属苫小牧高校は外人部隊はおらず、
すべて道産子だそうだ。
監督が優勝インタビューで「道産子」と言ったのは
痛烈な皮肉なのかも知れないな、と思った。

かすかに記憶に残る青森の三沢高校の決勝戦。
小生の一年下の磐城高校、仙台育英、東北。

久しぶりに決勝戦を最初から最後まで見ることが出来た。
「白河以北一山百文」の地から優勝校を、と思っていたが、
まさか津軽海峡まで越えるとは思っていなかった。
しかも「空路」で。

拓銀の崩壊に象徴される北海道民の苦境を
どんな政策よりも勇気づけるに違いない。

「たかが野球選手」と言った、どこぞの大新聞のドンは
何とコメントするのだろう。
(載せるところなど無いだろうが・・)

posted by 山口屋散人 at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2004年08月21日

夏負け?

「なっちゃった」、と言うよりは、「やっちゃった」、と言うべきであろう。
今年は猛暑にもめげず、何とか持ちこたえてきたと思っていたが、
朝晩に秋の気配漂うようになって、油断が生じたらしい。

悪いことにオリンピックが始まったりして、睡眠不足がそれを加速した。

朝方、胃が痛んで目が覚めた。
何となくだるく、熱もあるようである。
測ってみると7度7分。(半端な熱だ)
これが8度7分なら、考えるまでもなく、お店は休まざるを得ない。

とりあえず朝食を摂り、様子をみる。
熱は7度3分まで下がった。

せっかく来てくれるお客さんを帰しては申し訳ない。
午後の3時ころまで、頑張ることにした。(後はゴメンナサイだ)
明日は休みだから、ゆっくり寝れば回復する。(はずである)

この商売、つくづく肉体労働者であることを痛感する日であった。
posted by 山口屋散人 at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2004年08月19日

効く〜ぅ?

7月の初旬、高校時代の同期生による会合が開かれた。
会の名称は「下駄の会」
趣旨は「F高生に下駄をはかせよう」という事らしい。
フルメンバーで6人の超マイナーな会で年間2〜3回ある。

この会に国鉄本社(JR東日)に勤務するU氏がいる。
毎回、新幹線で来て、最終の新幹線で帰る。

彼は以前、福島駅の助役をしていた事があったので、機関区にいたことがある「進藤義朗」という人を知っているか?と聞いてみた。

彼は知らなかったが、その進藤氏の著書によって小生は奥羽本線の廃隧道があることを知ったのだ。
book

数日して彼からメールが届いた。
この本、手に入るでぇ」

歩いて5分の市立図書館に本はあるのだが、貸し出し禁止。
赤岩駅のことを調べている時に、この本に出会った。
最小限のところはコピーをしたのだが、手続きが面倒だし、
図書館の開いている時間帯には、小生が時間がとりにくい。

発行から3年を経過してても、けっこう手に入るものなんですな。
ネットで本を購入するという発想は全く無かったため、どうしようか・・とちょっとばかり(一ヶ月)悩んだが、購入することにした。
早いもので申し込んで3日目にはもう届いた。

しかし、本一冊にしては財布に効く〜ぅ。


posted by 山口屋散人 at 22:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2004年08月16日

進むも難し?

久々の完全オフの日曜日。
気温も上々、のんびり過ごそうと思ったが、何となく退屈。

家人に「軽く山歩きでもするか?」と言うと乗ってきた。
あまり軽くも無く、ハードでもなく、との希望だったので、
川俣町の花塚山に連れて行くことにした。

小生も初めてのコースでないとツマラナイので、
「花塚の里」からのコースをとることにした。

子供向けのアスレチックなどが整備されている。
ホホーという長い滑り台などもあった。
日曜日だというのに誰もいない。

家人が挑戦した。
高い所が苦手のはずなのに変だな、と思ったら案の定、
途中で怖くなったらしい。

suberidai

「どうしよゥー」と喚くのを笑って見ていた。
「進むも難し、退くも難し、の時には、進むべし」とアドバイス。
家人はヘッピリ腰で降りてきた。

体が鈍っているせいか、思ったよりハードなコースだった。
阿武隈山系は、何となく懐かしい風景なので気に入っている。
abukumasannti





posted by 山口屋散人 at 23:48| Comment(2) | TrackBack(0) | ちょいTrip | 更新情報をチェックする

2004年08月14日

終戦記念日?

明日は59回目の終戦記念日。
それと同時に小生の24回目のサラリーマン終戦記念日である。
昭和55年の夏のこの日にネクタイからサヨナラした。

上司にしてみれば、扱いづらい部下であったろうと思う。
「いざとなりゃー、田舎に戻って蕎麦屋の親父になる」
と、うそぶいて従順ではない社員だった。

といって、不良社員だった訳でもない。
ある時、稟議書とはこういう風に書け、と本社からサンプルが
送られてきたことがあった。
なんと、小生の書いた稟議書であった。

会社の威光で、名刺一枚でなかなか会えない人にも
会うことができたし、仕事も面白かった。

何となく、そうなりそうな予感はあったのだが、
親父が突然倒れ、うそぶいていた「蕎麦屋の親父」に
本当になることになってしまったのだ。

最低限、日経新聞くらいは読んでないといけない仕事だったので、
今でも店で日経を購読している。
はじめの何年かは、いつでも現役復帰できるようにと
熟読していたのだが、今は主に政治と文化面だけだ。

その会社はちょっと名称を変更したが、
とりあえず業界の一位か二位で存在している。
(不良債権で苦しんでいるらしいが)
サラリーマン時代の友人で、現在もその会社に残っている者はいない。

「蕎麦屋の親父」は極小なれども一国のアルジであるだけ、エエかな?

posted by 山口屋散人 at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2004年08月10日

猫べろ?

「猫がベロを出しているのは、単に仕舞い忘れているだけだ、と言う話らしいんだけど・・」
と家人が訳の分からんことを言い出す。
「ナンダ?ソレ」

子供の時から猫がいる生活だった。
猫の生態には詳しいつもりであったが、ベロを出したままいるのは見たことがない。
今、飼っているのは野良猫あがりの「ミー子」で6年目。(推定年齢7歳)
気を付けて見てると、ありゃりゃ、時々出しているではないの。

「あのね、ミーちゃん、ベロが出てるよ」と教えても、
本ニャンは知らん顔。

nekobero

こういう間抜け顔を見ていると、
とりあえず、我が家は平和なのかな、と思う。

posted by 山口屋散人 at 20:42| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2004年08月05日

入力ミス?

何年か前に「まちづくりセンター」で無料で出してくれたページ。
確か○十字という制限があったのだが、出した原稿とちょっと違うで。

(本当はこうだった。)


北ニ行列ノデキル店ガアレバ
行ッテ「旨クナイカラヤメロ」ト言イ

東ニライバル店アレバ、
行ッテ「ハヤクツブレロ」ト罵り

南ニ開店スル店ガアレバ
「モウカラナイカラヤメロ」ト言イ

西ニモウカラナイ店ガアレバ
「ザマヲミロ」ト悪口ヲ吐キ

皆カラ「人デナシ」ト呼バレ
我利我利亡者ト石ヲ投ゲラレテモ
イツモ静カニ札束ヲ勘定シテイル。

ソンナ店ニ私ハナリタイ。
posted by 山口屋散人 at 16:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑事 | 更新情報をチェックする

2004年08月04日

4時から5時?

予備兵力を持たない当店の場合、
現有兵力を損傷することなく、大事に使っていかねばならない。
二人合わせて百歳(ゲッ!)のロートル兵のため、夏バテしては戦にならない。

近所の口さがない連中は、そろそろクタバルゾ、と笑って見ている。
それでなくとも有名な福島の暑さである。
その中でも最悪の職場環境。

午後の4時から5時までの間、閉めることにした。
一番ひまな時間帯は本当は5時から6時の間なのである。
しかし、、まさかその時間帯には開けていなければオカシイ。

一時間の休みはアリガタイ。
ヒマでお客さんがいないのと違って、完全に休憩をとれる。

4時から5時。
以前、この町が料亭街として賑わっていた時代は、
そこで働く人々の食事の時間であった。

懐かしい人々がいっぱいいた、古き良き時代だったのかも。

posted by 山口屋散人 at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2004年08月03日

メチャクチャ?

戦後最高となりそうという暑さ。
と言うことは、小生の未経験の暑さというわけだ。

お客さんの方も何を食べたら良いのやら、と皆ゲンナリしている。

今日は冬なみに温物の蕎麦が出た。
朝、さてダシを取ったものやら・・と考えたのだが、
そろそろ「めちゃくちゃ」の予感。
出そうなメニューの予測不能と判断して、冬なみに備えた。
結果、大正解となった。

然しながら、それにしても「らーめん」の出ないことよ。
(別に出なくても良いが)
出ても出なくともスープは用意しなければならない。
(冬の半分の量であるけれど)


supe

昨日は2個。今日は4個だった。(熱いもの)
このスープは酸化するため、翌日には持ち越せない。
わが店は(グリーストラップ)の設備が無いために
「環境を汚してごめんなさい」とモグモグ言いながら捨てることとなる。

posted by 山口屋散人 at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2004年08月02日

ユジンはいづこ?

韓国のスターは、はっきりとスターらしくしないといけないそうだ。
一般の人と同じような服装や態度は、ドラマの中や舞台の上だけで許される。

恥ずかしながら、毎回「冬ソナ」を見ている。(もち地上波総合で)
「ユジン」のファンなのである。

しかし、日本のメディアのインタビューに登場する彼女は魅力を感じない。
(化粧がキツイ。耳にあんなデッケーのぶらさげるな。派手な服を着るな。)
このくらいの美人なら日本にだって、けっこーおま。

ドラマの中では美人過ぎず、しかし時々すごーく綺麗に見えたりする。
まぁ、相当な美人ではあるわけだが、美人ぶらない設定が良い。

インタビューの彼女は、ユジンではなく、チェ・ジウであり、女優であり、
スターであり、美人であらねばならない。セレクトされた人間であらねばならない。
断じて庶民などではない。(当たり前のことだが・・)

アレ?いったい小生は何を書きたかったんだ?
(おとなしくドラマを見ていろ、このすけべジジイめ!)

で、チュンサン役のヨン様は「微笑みの貴公子」だそうだけど、
「なんで?」







posted by 山口屋散人 at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑事 | 更新情報をチェックする

7月の?

7月の時間別アクセスの集計。

ページビュー:2992回
訪問者数  :961人

時間 比率 訪問者 ページ
ビュー
00時  4.3%  45  129
01時  2.8%  24  84
02時  2.9%  20  86
03時  4.0%  18  119
04時  2.2%  13  65
05時  1.8%  8   53
06時  2.4%  21  72
07時  2.5%  23  76
08時  4.5%  49  134
09時  5.3%  59  160
10時  4.1%  55  122
11時  5.4%  42  163
12時  3.3%  34  98
13時  4.2%  40  127
14時  5.5%  41  164
15時  2.7%  32  82
16時  4.2%  46  127
17時  4.3%  44  130
18時  5.0%  50  151
19時  4.5%  44  136
20時  4.1%  51  122
21時  5.7%  57  170
22時  6.6%  81  197
23時  7.5%  64  225

7月の検索ワード一覧。

合計: 47



比率 アクセス数
1 三木武雄  14.9% 7
2 剣鉈  8.5% 4
3 西口喜多屋  4.3% 2
4 シャラポア  4.3% 2
5 ポツダム中尉  4.3% 2
6 春せみ  4.3% 2
7 TAK@LOG  4.3% 2
8 ウコギ御飯  2.1% 1
9 福島  2.1% 1
10 くもがくれさいぞう  2.1% 1
11 福島市・そば・山口屋  2.1% 1
12 冷やダレ  2.1% 1
13 モリブデン鋼  2.1% 1
14 避暑  2.1% 1
15 RUGSOLE  2.1% 1
16 国道  2.1% 1
17 山口  2.1% 1
18 後良し言葉  2.1% 1
19 生かえし  2.1% 1
20 399号  2.1% 1
21 栗子隧道  2.1% 1
22 松川橋梁  2.1% 1
23 ナイフ  2.1% 1
24 画像  2.1% 1
25 格言  2.1% 1
26 鳩峰峠  2.1% 1
27 福島弁  2.1% 1
28 坑門  2.1% 1
29 橋台  2.1% 1
30 ラーメンブーム  2.1% 1
31 学  2.1% 1
32 蕎麦屋の記録  2.1% 1
33 年齢の計算に関する法律  2.1% 1




posted by 山口屋散人 at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑事 | 更新情報をチェックする