2004年08月23日

掃除婦?

先月、XP搭載のノートパソコンを修理に出した。
液晶画面のバックライトのコードが断線気味なため、
点いたり消えたりしていて、あげくの果てはヒンジの隙間から
爪楊枝を差し込んで、コードを突っつくことで用を足していた。
note-pc


時間の問題なので、別のPCを手に入れ、メーカーに修理を依頼したのだ。

宅配便の会社(日通)が取りにきてくれ、梱包もしてくれる。
(プチプチで簡単に包んで営業所に持って帰り、そこできちんとやるようだ)

結果。
部品代500円、修理代15000円、往復の運賃。
2万円で何百円か、おつりが来た。
このPCはヤフオクなどを見ても6万円は下らないので
修理したほうが得策である。

このPC,社会人から又、いわき市で学校に行っている長女にくれることにした。

嫁ニモ行カズ
嫁ニモ行ケズ・・・
(いかん、いかん、またパロ句が浮かんできたわい)

その長女、病院でアルバイトをしているらしい。
と言っても雑役婦(掃除婦?)。

その掃除婦がなんとあろう病院のHPにモデルがわりに出ているとのこと。
探してみたら、あったわいな
posted by 山口屋散人 at 21:47| Comment(3) | TrackBack(0) | 雑事 | 更新情報をチェックする