2004年10月26日

野手上山から partU

裏手(北側)から、九十九折の道を登ると
やたら栗が落ちている。
少しばかり拾っても面倒なだけだ、とそのまま行く。

しかし、やけにあるナァ、と拾い拾い歩きはじめた。
目に付いた物だけを拾い歩いたのだが、
kuri1
頂上までにこのぐらい拾えた。
この後が大変なのよね

kuri2
売り物の栗と違って、殻をむくのは根気がいる。(女房の仕事だけど

kuri3
ここまでくれば、あとは食べるだけ。
芝栗はおいしいから、さぞかし旨い栗ご飯になってくれるだろう。
女房の話だと三合は炊けるとのこと。

来年は本格的に栗拾いに行くかなぁ・・。
登山道の上だけでこのくらいだから。

追加 10月27日
おにぎりにして3個食べたところで、思いついて撮る。
懐かしいような味がしました。ゴチ。
onigiri


posted by 山口屋散人 at 21:34| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

野手上山から

bego
飯舘村に入るとあちこちに牛や馬の姿が見られる。

kanban
シャレか?ひょっとしたら本当か?

tokage
トカゲにしてみれば隠れているつもり・・・らしい。

tensan
今からチョウチョになるの?
もしかしたら、天蚕だったりして・・・

hebi
轢いたのは俺の車じゃないよね・・きっと。
posted by 山口屋散人 at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょいTrip | 更新情報をチェックする