2005年02月07日

真冬の廃隧道

豊富なコンテンツとそのページ構成の美しさで知られる
RoadWebのsunnypandaさんをこともあろうに弟子?にして、
庭坂〜赤岩間の廃隧道を見てくる。

最近手に入れたスノーシューがあれば、
鬼に金棒よと意気込んで行ったものの、
肝心のことを忘れていた。原動力は自分の足であることをだ。

歩き始めて、5分もたたずにそのことを痛感!
なんとかコツをつかんで、予定コースをクリアしたものの
今日あたりは上半身の筋肉痛。
バランスを崩して2・3度転んだからだろうか。
雪の深いところで転ぶとなかなか起き上がれない。

予定コースは7号の横穴から。
埋まっている7号の横穴を掘り出し、7号トンネル内を進む。
7号から6号までは100M足らずなのでつぼ足で向かう。

6号隧道

雪に埋もれた隧道に、正直言って新たな感動はなかった。
隧道の装いに雪が似合うとも思えなかった。

しかし、6号内部に入ってみると、つららのページェントが見られた。
これには不思議な物を見せられたような気がしたものである。

この隧道は崩落もせず100年もの間、空気が流れていたわけである。
その流れる寒気が作り出した芸術品だった。

6号隧道2






posted by 山口屋散人 at 23:06| Comment(2) | TrackBack(0) | ちょいTrip | 更新情報をチェックする