2005年02月11日

三業?

komainu1

・・・と言っても、かなりの年代でなければ何のことか分かるまい。
それほど過去の遺物になってしまった。

料亭、待合、芸妓置屋を合わせて三業という。
料亭はかつての活気は失われたものの、存在している。
芸妓置屋は、そもそも芸者さんがいないので存在するわけがない。
(飯坂温泉は別として)
待合となると、いわゆる花柳界の街に育った小生でも
一体どういったシステムだったのかよく分からない。

昭和の30年代には、夕暮れともなると
芸者さんが三味線を抱えて道を歩く姿が見られた。
夜の帳がおりる頃には、あちこちで三味線の音が聞こえたものである。

小生がこの商売を継ぐことになった昭和55年には
「愛子さん」という最後の芸者さんがまだ頑張っていた。

この街では、とうの昔に廃業した置屋さんでも、昔の屋号で
呼ばれている家もある。(さすがに激減ではあるが)
ありふれた苗字で呼ばれるより、簡明なのである。

思いついて、歩いて三分の福島稲荷神社に出掛ける。
社前の一対の狛犬は「三業組合」の寄贈なのである。
昭和13年には、こんなにも料亭や置屋や待合があった。

誰かしら記録を残してないだろうか。
図書館にでも出掛けて調べてみようか・・と考える。

無ければ、まだ間に合う。
小生が調べても良い。(やっぱ、メンドイから止めよう)





posted by 山口屋散人 at 22:10| Comment(6) | TrackBack(1) | 福島 | 更新情報をチェックする