2005年04月21日

何でだ?

毎年のことながら、四月になると店の様子が変わる。
どういう訳か、常連のお客さんが引っ込み、知らない顔ぶれが増える。
どうかすると、昼時にそういうお客さんで埋まるときがある。

仕方がないのだが、お互いにやりずらい。
店には店の暗黙のルールみたいなものもある。
それこそ阿吽の呼吸みたいなものだ。

新しいお客さんにしたって、この店がどれほどのものか、
味や値段、雰囲気や客層などを推し量っているに違いない。

お店の側としては、見当違いの注文が多くて困ることもある。
慣れてくれば、やがては大体落ち着くところに落ち着くのだが。

当店のメニュー品目は30以上はあるだろう。
しかし、全品高水準というわけにはいかない。
これはかなりイケルけど、これはマアマアくらい・・
密かな自信の品もあるにはあるが、積極的には
お奨めしたくない品もある。

ankosoba

そのお奨めしたくない品を、連れてきた新人さんに
「ここのお店はこれが旨いんだよ」と勧める人もいる。
(アジャー、 やめてくれぇ〜)とついつい思うこともある。

そうかと思うと、人にこれが・・と勧めておいて、自分は
別なものを注文するお客さんもいる。 なんでだ
posted by 山口屋散人 at 00:57| Comment(3) | TrackBack(0) | 麺類学 | 更新情報をチェックする