2005年05月02日

古川or古河?

福島市の洋食屋さんの代表的なお店のご主人が亡くなった。
20年ほど前、何かというと組合の三人の長老に「金魚の糞」みたいにくっついて飲み歩いたことがある。
色んな事を勉強させてもらった。
これで三人の中の二人までが故人となってしまった。

昨日のお葬式の導師は浄土真宗、康善寺のご住職だった。
葬儀が終わり、会場から歩いてすぐの康善寺へとむかった。

furu1

ここは西根堰の立役者、古河善兵衛の墓がある、というより
彼の創建になるお寺である。
旧米沢街道の李平の宿跡に馬上にて切腹したという
「古河善兵衛自刃の地」の木標がある。
いつの間にか立て替えられて現在では「古川」となってしまっている。

サンボン川か、サンズイ河か、どちらが正しいのか
ずっと気になっていた。
大概の場合は、河の方である。

furu

寛永の時代であるので、読み取りにくいが
墓石には「古川」と見える。
「古川善兵衛」がどうやら正しいようである。


posted by 山口屋散人 at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島 | 更新情報をチェックする