2005年06月21日

70年の歳月

kiridosi

70年後

上の画像が昭和10年前後。
下の画像はその70年後を歩くF班長である。

トロッコに乗っている男たちの中には少年とおぼしき二人がいる。
存命である可能性は十二分にあるはずである。
生きていたら、栗子山中に奥深く眠るこの遺構をわざわざ
見に行く物好き達を笑うだろうか。




posted by 山口屋散人 at 23:17| Comment(2) | TrackBack(0) | ちょいTrip | 更新情報をチェックする