2005年08月31日

猫まで・・

yokosuwari1

飼い主が史上最高体重を更新しているせいか、飼い猫までが
体重を増やしている。
この頃は腹が両脇にせり出して、正座?するのがつらそうである。
したがって、画像のように「横すわり」とあいなる。

思えば、昨年の夏は、酷くバテたみたいで、心配しているうちに
姿を見せなくなり、一度は諦めたくらいだった。
(三日経ってガタガタに痩せて帰ってきた)

それがこの有様というのは、これも小生の禁煙効果か?
「猫バー」のマダム兼ホステスのため、吸い込む煙もけっこう
あったのかも知れない。
禁煙すると思いがけない展開というのも、あるらしい。
posted by 山口屋散人 at 20:48| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2005年08月30日

禁煙その後

taijukei

三ヶ月目に既に突入している。
十日ほど前、わざわざコンビニへ禁煙パイポを買いに行った。
煙草でなく禁煙パイポが吸いたくなったのだ。

やはり何となく口が寂しい。
ガムは飽きる。飴はひところ嵌った。
ミルキーを一日一袋という時もあった。
お陰で腹が出た。
体重も生涯最高記録を更新する有様だった。

構造改革の弊害が出てきたということか。
副作用との戦いが始まろうとしている。

しかしながら、
さすがに二ヶ月を過ぎると、変化が顕著になってくる。

1 鼻が利くようになってきた。
2 鼻の穴が汚れない。まつ毛、髪の毛も。
3 血圧が20は下がり、安定している。
4 全身の筋肉が柔軟になってきた。

年齢とともに古キツネのような固い肉になりつつある・・
という実感から、確実にユーターンしている。
喫煙すると毛細血管が収縮するらしいが、それが無く
血行が促進されたからかもしれない。
これは想定の範囲外で、チトうれしい。
posted by 山口屋散人 at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2005年08月29日

免許証が・・

今月の初め、免許証をコピーする必要があり近所のコンビニへ。
記憶はそこで途切れた。

三週間ほど経って、また身分を証明する必要が出来た。
しかし、あるはずの免許証が無い。
ひょっとするとコンビニのコピー機から取り忘れた?

コンビニにも行き、あらゆる可能性のある所と物を
探しに探した。
失せ物が出る、という和歌「タチワカレ・・」
というものさえ試してみた。トローだった。

仕方なく、劇的ビフォーアフターと噂される、
改修なった福島警察署へ。
まず遺失届けを出せと言われ、あっちへ。
その次にこっちへ。
なんでこんなに書類カカナアキマヘンノドス!!

saikoufu

結局、コレを持って免許センターへ行くことに。
ただし、平日の午後1〜2時に受付とのこと(ヒェ〜)。

本日、都合良く?ヒマだったので、1時10分に店を出て
一路、庭坂の免許センターへ。

えっ、交通手段はですって?。
そんなことは書ける訳はありません。


posted by 山口屋散人 at 21:20| Comment(1) | TrackBack(0) | 雑事 | 更新情報をチェックする

2005年08月24日

三業?続2

dezome2

懐かしい写真である。
昭和30年の料理屋さんの旦那、女将さん、置屋さん、綺麗どころ(一軍?)の勢ぞろいである。

神主(宮司)さんは、この後京都の上賀茂神社の宮司となられた阿部信さん。
その右側には当時の福島市長、林谷主計氏が見える。

dezome3

これから連れ立って初詣に出かけるところであろうか。
場所は松竹映画館の前、小さな女の子がいるが、じつは彼女、小生の同級生である。

と、ここまで書いていたら、新たな情報が入った。
昭和7年前後の置屋さんなどの位置を調べている人がいるそうである。
稲荷神社の狛犬奉納が13年なので、7年というのは全盛の頃だろう。
「良かったぁ〜!」(おら、お散歩でいそがしいダ)

なんとその人は、前福島市長の吉田修一さんだそうだ。


追加訂正
この一連の写真は昭和30年ではなく、33年の正月であることが、
Gyutoさんの調査で判明しました。(8月27日 コメント参照)
posted by 山口屋散人 at 22:29| Comment(7) | TrackBack(0) | 福島 | 更新情報をチェックする

2005年08月23日

板倉神社にて

itakura-jinn

雨の合間をぬって、自転車で5分の板倉神社へ出かけた。
(三業?続1のコメント欄を参照されたし)
小生、父方母方とも百姓であるため、板倉藩にも板倉神社にも特別な感慨はない。
が、寅パパさんのお祖父さんが彫った額が掲額されていると聞いては、些少なりとも縁が出来たというものである。
これを見にいったのである。
雨模様のお陰でしっとりとしたお気に入りの写真が撮れた。
(今月の壁紙にした)

itakura-gaku

これが、問題の額である。
昭和10年、乙亥、初秋、克譲なんとか、と読める。
「克譲」とは、寅パパさんのお祖父さんの号らしい。

帰ってきてから、板倉神社の由来などをネットで調べる。
足利市にも板倉という神社があるらしいが、関係あるのか無いのか判らなかった。
また、このサイトに神社の額が既に掲載されているのを知った。
(イヤハヤ、恐れ入りました)
posted by 山口屋散人 at 21:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 福島 | 更新情報をチェックする

2005年08月20日

三業?続1

dezome1

昭和30年の正月の風景。(福島稲荷神社)
この年、成人式を迎えたという元芸者さんが持ってきてくれた。
(左側に写っているというが、何せ50年の歳月・・??)

この源氏名を「芳○さん」という元芸者さんは
稲荷神社の狛犬が三業組合の奉納であるのを知らなかった。
裏の銘板もしかりで見たことがなかったそうである。

この元お姐さんが活躍した30年代は、料亭と芸者置屋の
「ニ業組合」であったそうだ。
「待合」というものは、昭和33年のいわゆる売防法で姿を消したとのこと。
その時をもって三業から二業になったのではなく、それ以前より、
何らかの理由で組合から抜けていたのかも知れない。

一見、華やかな花柳界なれども、当然の如く、影の部分がある。
ちょっと調べると、すぐ闇にぶち当たり、すぐに挫折。

しかし、つい最近まであった置屋さんの家屋が取り壊されてしまった。
写真を撮っておくんだった。

posted by 山口屋散人 at 21:51| Comment(5) | TrackBack(0) | 福島 | 更新情報をチェックする

2005年08月18日

近頃の楽しみ?

yahoo-p

せっかくのお盆休みも天候に恵まれなかった。
かと言って、恵まれたところで、車の運転が好きでない小生のことである。渋滞のところに出かける気はしない。

はまったのはコレである。
yahooの動画。
ビデオを借りに行くほどではないが、ここで見られるなら
見てみようか、というほどの映画好きなので、
これで十分に楽しめる。
毎月の300円弱の会費分のもとをとれるかな。
posted by 山口屋散人 at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2005年08月17日

ガタガタッ!

neko-kari

その日、珍しく我家の猫が『狩り』をしてきた。
雀だった。
飼い主に見せるために持って帰るという。
大好きな蟹カマボコを見せたら離したので、
その隙に始末する。
雀には不憫なことをしたが、いたしかたない。

5分も過ぎないうちに、ガタガタッ・・・ガタッ。
小刻みな立て揺れが最初に来たので、
「デカイぞ、気をつけろ!」と家人に声をかけた。
箪笥と本棚が倒れそうになるので、ささえる。

その日、お店はお盆休みをとっていた。
ざる蕎麦のセットなどがやられているのでは・・
と恐る恐る店を確認する。

一杯に張っていた蕎麦釜の水が三割ほど減っていた。
揺れであふれ出たらしい。
ドンブリ類は不思議と被害が無かった。

結局、崩れていたのは仏壇の中身だけだった。
そう言えば死んだ親父は地震が苦手だったっけ。
posted by 山口屋散人 at 21:47| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2005年08月10日

ちょいTrip番外編1

ひょんなことから、林班図(りんぱんず)というものを手に入れた。
しかも栗子山のである。(山形県側だけだが)

この林班図、正式には森林計画図というらしい。
森林基本図を基に作り、縮尺は5000分の一。
これと連動する形で、森林簿というものもあり、
森林組合や県の農山村整備事務所や森林の保全を担当する課などで手に入るらしい。

なぜ小生の手元にあるのかは、後日別カテゴリにて書くつもり。

kuriko-rinpan

この林班図には、実は非常に興味深い道が描かれているのだ。

猫とか旅とか さんの  ココ
街道Web さんの  ココ  をご覧いただきたい。

栗子隧道の米沢口から北に伸びるような道が、はっきりと描かれているのである。
林業開発のための道と思われるが、図上で確認できたということは、何か胸のつかえが降りるような気持ちである。
posted by 山口屋散人 at 20:54| Comment(2) | TrackBack(0) | ちょいTrip | 更新情報をチェックする

2005年08月08日

雷雨

夏祭りやお盆は、かえって商売にはならない。

夏祭りが終わり、お盆までの数日、何をどのくらい
仕込んだものか、頭が痛いところだ。

午前、さてどの位蕎麦を作るか、と考えていると
ゴロゴロ・ピカ〜ン。

raiu

基本的に雨は嫌いではない。
雷雨もなかなかのものだ。
しかし、これから商売・・という時にはちょっと・・

本日一番のお客様は、雨宿りに来たアブラゼミ君でした。

semi-hinan
posted by 山口屋散人 at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2005年08月02日

道は近い?

禁煙もそろそろ40日。
何が一番困ったか、と言えば、
やたらと眠たかったことだろう。とにかく眠いのでマイッタ。

きっと体の蓄毒を吐き出すために大量の睡眠を
必要としているに違いない、と勝手に解釈しているのだが、
案外、余計なことを考えさせないために
一番良い方法が眠らせるということなのかも知れない。

小生が勝手に始めた禁煙なのだが、それなりに波紋もある。

近所のじい様、「アンダが止めたんでは俺も止める」と仲間入りした。

ダライ・ラマ 曰く
 「自分のしたいことが、自分の知らぬうちに人の役に立っている
  形になるまで修行しなさい」

 ・・・おぉ、なっているではないの・・・
posted by 山口屋散人 at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2005年08月01日

尺取虫

土曜日の夜、天候の様子見をしているうちに、F班長に電話する機会を失ってしまった。
とりたてて出かけたい場所がある訳ではないし、そもそも早起きしてのハードな山歩きの体力は残っていない。

午前中はゆっくりと寝て過ごし、午後から散歩に出る。
いつものご近所の山である。(十万劫)

慣れたコースの予定だったので、半袖のTシャツを選んだ。
が、現地に行ってから予定を変更、未踏の道を確かめることにした。
お陰で藪こぎになってしまい、腕が傷だらけになってしまった。

gibousi
ギボウシ(ここでしか見つからなかった)

yamayuri1
山ユリ(けっこうアチコチに)

一休みしているとズボンに「しゃくとり虫」がついていた。
愛嬌のある虫ではあるが、成長するとただの蛾なんだそうだ。

syakutorimusi
posted by 山口屋散人 at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょいTrip | 更新情報をチェックする