2005年08月17日

ガタガタッ!

neko-kari

その日、珍しく我家の猫が『狩り』をしてきた。
雀だった。
飼い主に見せるために持って帰るという。
大好きな蟹カマボコを見せたら離したので、
その隙に始末する。
雀には不憫なことをしたが、いたしかたない。

5分も過ぎないうちに、ガタガタッ・・・ガタッ。
小刻みな立て揺れが最初に来たので、
「デカイぞ、気をつけろ!」と家人に声をかけた。
箪笥と本棚が倒れそうになるので、ささえる。

その日、お店はお盆休みをとっていた。
ざる蕎麦のセットなどがやられているのでは・・
と恐る恐る店を確認する。

一杯に張っていた蕎麦釜の水が三割ほど減っていた。
揺れであふれ出たらしい。
ドンブリ類は不思議と被害が無かった。

結局、崩れていたのは仏壇の中身だけだった。
そう言えば死んだ親父は地震が苦手だったっけ。
posted by 山口屋散人 at 21:47| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする