2005年09月07日

ペット?

companionanimal

犬や猫は、今やペットと言っては失礼だそうだ。
「コンパニオンアニマル」(伴侶動物)と言うらしい。
共に生きていくという仲間という扱いである。

確かに人に癒しを与えてくれるし、犬にいたっては
盲導犬、介助犬等々、目に見える活躍をしている。

平成15年の内閣府の統計によると
ペットを飼っている人の62%が犬、以下猫が30%
魚類12%、鳥類8%、ウサギ、爬虫類、ねずみ類、昆虫類が
それぞれ2%代となっている。

なぜ、こんなガラにもない事柄を書いたのかというと
只今、動物由来感染症について勉強中なのだ。
食品衛生法のからみの一つとして。

今まで飲食店はペット同伴の入店は禁止するだけで
良かったのだが、二年前の身体障害者補助犬法の施行いらい、
風向きが変わってきている。

と言っても、福島で盲導犬など見た経験はない。
いるんでしょうかね?
posted by 山口屋散人 at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑事 | 更新情報をチェックする