2005年09月29日

鉛弾

近所にお店のある方のお通夜に出かけてきた。

うちの店の隣に喫茶店があるころ、(昭和の終わり頃)
そこで珈琲を飲みながらよく話を聞いたものだ。

梅雨どきになると腕が痛むという。
南支派遣軍で八路軍とやりあったらしい。
「銃弾が残っているんですよ」と、特にこだわりもせず、
あっさりと流す人だった。

aki

お通夜の前に火葬にされたとのこと。
喪主の挨拶の中で、鉛弾が三個出てきたとの話があった。

時代が交錯した。

posted by 山口屋散人 at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする