2005年10月25日

悩むのは蕎麦屋?

最近はこういう雑誌で無料で宣伝してくれるので
そういう意味では良い時代になった。
この雑誌などはこれで4冊目のはずである。

zassi1

郡山の出版社であるので仕方がないのだが、
取材は5年前?に来ただけで、あとは電話や
郵便による確認だけなのである。

値段は変わってないので構わないが、
写真にある器は代替わりになって
現在ではもう使っていないのだけれども
「まぁ、さすけね〜べぇ」と気にしない。

記憶によると取材の人のデジカメは
150万画素で7,8万円する物(当時)だった。
今では子供も・・?かも知れない。

気のせいか、後になってから掲載された店のほうが
きれいに写っているようだ。
カメラの進歩のせいなのかも知れない。

しかし、いろんな蕎麦があるもんだ。
商売柄、見ただけで見当がつくので、
その点ではつまらないが、2〜3店、
是非、食べて見たい処もある。
posted by 山口屋散人 at 23:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑事 | 更新情報をチェックする