2005年11月15日

今世紀オハツ

日曜日、久々のお天気。
ゆっくり起きたので、さて、何して遊ぶか考える。
競馬も最終日だが、イマイチ気が乗らない。
相棒のF班長の都合が悪いので、予定を組まなかった。
それでも時計をにらみながら、出かける用意をする。

行き先はまたもや「万世大路」。
だけど、久しぶりの米沢側。
今世紀になってから、初めてである。

米沢側の路は、メリハリに乏しく退屈である。
そのため自然、足が遠のくのだろう。
しかし、一度は我が家の巫女(女房)に見せてやりたかった。
そういうことで、悪霊よけの巫女?を連れて登ることにした。

前回登った時はデジカメを持っていかなかった。
忘れたのではなく、そういう時代だった。
そのため比較しづらいのだが、
ひどく劣化が進んでいるような気がした。

米沢口

入ってすぐの小崩落などはなかったので、
ごく最近のものと思われる。

霊

登りで滝岩上橋から隧道まで1時間40分かかった。
ちなみに下りは1時間20分。

実は今日は登らないが、いづれF班長と登る予定の
栗子山頂の三角点への登り口を探す目的があった。

赤リボン

難なく、登り口の印を発見。
この三角点をめぐる話はいづれまた・・
posted by 山口屋散人 at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょいTrip | 更新情報をチェックする