2005年12月21日

さいてぇー!

小生の乗る軽は四駆で走れるので、タイヤ交換は
いつもラストである。

今年もまだ取り替えないうちに雪が降った。
アイスバーンはまずいが積雪は気にならない。
無理な運転などしないから、まず大丈夫・・・
のハズだったのだけれども・・

微妙な下りが続いて、交差点でちょっと上がるという
いつもツルツルの困った所がある。
そこに至るまで、少しいやな予感がした。

爺さんが路の真ん中を歩いている。
ホーンは鳴らさず、気長に後をノロノロ走る。
やっと追い越せたと思えば、今度は子連れのオバチャン。
自転車なので抜くに抜けないいやな速度。

自然と左側に寄るようになり、問題の交差点にいたる。
が、ここだけシャーベットじゃなく、ツルツルだったのだ。
滑り始めれば、四駆でも関係ない。
「あらら・・」
左脇を電柱にこすってしまった。

gatyann1

誰が悪いのでもなく、慎重さを欠いたためであるが、
色々とつけが重なっての不徳といたすところなり。
posted by 山口屋散人 at 20:39| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする