2006年01月30日

1350Mの痕跡

リックの中身を整理していた家人が
「気圧の低い所へ行ってきた・・って感じだね」
とペットボトルを手にして言う。

あら、ホントだ。
ペットボトルが大気圧のせいでつぶれている。

1350air

実は高度1350Mの温泉ツアーに行ってきた。
安達太良のくろがね小屋へである。
スノーシューのお陰で、冬でも可能になった。
(アイゼンだけで登っている方も何人かいた。)

kuroganegoya2

絶好の晴天に恵まれ、天上の風呂を満喫してきた。
posted by 山口屋散人 at 05:27| Comment(1) | TrackBack(0) | ちょいTrip | 更新情報をチェックする