2006年02月12日

無題

その男は笑えない「笑うセールスマン」のような格好で現れた。
「○○君の同級生の○△です」と名乗ったらしい。
怪訝な顔つきの女房に代わって店に出ると、
果たして同級生であった。と言っても高校の一年生の時のである。

その男は小生の顔を見るとニィーと笑った。
見ると前歯が何本か欠けている。
生活の乱れがそうさせたように不自然な肥え方もしている。

店に誰もいなくなったので、仕方なく雑談を付き合う。
旧国立一期校を卒業した彼の用件は驚くべきことだった。
彼は一枚のプリペイドカードを持っていた。額面は500円である。
100円は既に使ってしまったが、まだ400円分残っているそうで
これを現金に換えてくれないか、というものだった。
きょうは現金の持ち合わせがないので、これで馬券を買いたい、
ということらしい。

笑いながら強い意志表示で拒否すると、ではこれで何か
食わせてくれ、と言う。
カードを使えるお店で堂々と使ったら、と拒否して、帰ってもらった。

彼が帰った後、ドォーと気が滅入った。
けっして彼が敗者で小生が勝者なのではない。
彼の部分は小生の部分でもあるのだ。

やりきれなさを引きずって日曜日を迎えると、
もう一つ、驚かされる事実が待っていた。

朝食をとりながら新聞を読んでいると、昨日朝に火災があり、
一人亡くなっている。
記憶に残っているその名にびっくりした。
「盆地のタクシードライバー、あづま・エビス」さんなのだ。
あのエビスさんが!! 絶句・・
posted by 山口屋散人 at 19:22| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする