2006年03月30日

常在戦場?

夕方、現代○報と名乗る出版社(だそうだ)から電話をうける。
我が店の取材をしたいと言う。
「アサ○グラフ」のような雑誌で銀行とかで置いてもらっているが
ついては○月号は福島県の特集を組むので是非貴店にお伺いしたい、
「寅さん」映画に出ていた佐藤ガジ○ーがインタビュアーとして
一緒にくるという趣旨だった。

何かの間違いではないか、と念をいれる。
「ウチの店は特別変わったことをしている店ではなく普通の
食堂なんですよ」 と言えば、「それが良いのだ」とのこと。

「山口屋さんはオイシイと評判が良いお店ですので
取材させてもらえるとウレシイのですが」
とあくまで控えめながらも、自尊心をくすぐることも忘れない。

しかし、ここでオカシイと思い始めた。
「巧言令色少ないかな仁」である。
おそらく話を先に進めると、広告費としていくら出せという
話になるに違いない。
そう見極めた。いや聞き極めた。

「正直言って取材はちょっと迷惑ですので、お断りします」
そう言うとあらら、あっさりと引き下がったではないか。

カップねこ

現代○報という会社をWebで検索してみたら、存在していた。
ある店はやはり同じような取材の申し込みを受けて、
取材費と称して○万円を請求され、追加金を払って記事スペースを
拡げたほうが良いと勧められたらしい。

http://beyond.2log.net/akutoku/archives/qa/pslg111973.html

そういう仕組みだったようだ。
大きな店は割合シビアだから、小さい店を狙い、
安いB級タレントを動員してお店側を喜ばすという
手口みたいだ。
食べ歩きの番組なんかがやたら多いから
こういう輩の存在を許すことになる。
(いや、ひっかかる方が問題か?)
posted by 山口屋散人 at 22:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑事 | 更新情報をチェックする

2006年03月28日

エビスさんの道

ebisusi-neko
(エビスさんの飼い猫 ネコ猫写真館から )

先月亡くなったエビスさんのサイトが今月末で閉鎖される。

エビスさんのコンテンツの一つ「盆地の道」を
あらためて読んでみた。
正直言って、読みにくいレイアウトだ。
しかし、このまま消えてしまうのは惜しいし、寂しい。

いつの日か、活かせる時が来るかもしれないと思い
このコンテンツだけを保存した。
3Mbyteを少し超えた容量だった。
posted by 山口屋散人 at 23:28| Comment(5) | TrackBack(0) | 福島 | 更新情報をチェックする

2006年03月27日

ちょっと丸森へ

午前中、「お散歩」の道具がバラバラになっていて
苦情が殺到(約一名)、しかたなく整理。
午後から、ちょっと宮城県丸森町へ行ってきた。

目的は「齋理屋敷」をゆっくり見ること。
相当前だが、阿武隈川の舟下りをして
そのついでに急いで見学したことがある。

斎理屋敷

梁川町から県道101号線を通り丸森町へ。
途中、何かある度に引っかかりながらの道中である。

危険なバス停

和紙の原料となると丸暗記で「こうぞ、みつまた」
と口をついて出るが、これが「三椏(みつまた)」である。

三椏

車を停めてカメラで撮っていると、犬が車の周囲を
三周していった。
尻尾を振っているので、とりあえず歓迎か?
南極物語に出てくるような犬だった。

なんじゃ犬

福島市と丸森町は阿武隈川の舟運でその昔、
密接な関係にあった。
丸森町の豪商、斎理屋敷の最後の当主となった七代目の嫁さんは
福島市の薬屋さんの御嬢様とのことだ。
やはり川舟で輿入れをしてきたのだろうか。

舟くだり1

まだ三月。舟にコタツはしつけられていたが、
お客さんの姿は見つけられなかった。おー寒めー。
posted by 山口屋散人 at 06:42| Comment(2) | TrackBack(0) | ちょいTrip | 更新情報をチェックする

2006年03月25日

明日から10ヶ月目

kituensitu(裏磐梯スキー場の喫煙室)

昨年の6月(と言うと随分と前のような・・)に始めた禁煙、
明日からは10ヶ月目となる。
然しながら、ざっと数えても高々270日。
まだそれしか経ってない。

しかし
一日2箱では足りなかったので、
仮に一日500円としても13万5千円の節約となったはずである。

・・すると、我がウオレットにはそれがある・・はずである。
いや、入って無くてもどこかにあるはずだ。(金庫とか)
でなければ、オカシイではないか。

現実はオカシナ事だらけであり、不可解なことに
どこをどう探しても見つからない。
我家の生活に直接響く、謎である。
posted by 山口屋散人 at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年03月22日

盗撮?

ちゅ〜ても、ネコの話ですけどね。

neko-toile

意外と手近な処で済ませているらしい。
何となく情けない格好にガクッ!
posted by 山口屋散人 at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年03月18日

ちとサビシ

痛んでいるのは分かっていた。
が、それに代わる気に入った竹簾が見つからない。
中国製の不自然な緑色のばかりである。

あまりにマイナーなので、ネットでは調べられない。
今度東京へ行ったついでに「かっぱ橋」ででも・・
そう思いながらもなかなか東京へ行く機会がない。

ついに諦めた。
とりあえず、中国製ので間に合わせることにした。

takesu1

痛んだ竹簾を選別した。
意外と大量だった。
「ご苦労さん」と声をかけてゴミに出した。
posted by 山口屋散人 at 21:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年03月17日

36時間の眠り

蕎麦は「打ちがけ」(打ちたて)に限る、という定説だが、
実際には少々時間差がある。
打って直ぐよりは30分〜1時間位がベストとする説が多く
小生もまたその説に賛成である。

それに反して「ラーメン」の麺、つまり中華麺は
寝かせる必要がある。
宣伝の上手い大手などは「熟成させる」と表現する。
なに、要するに腐敗への道を辿らせるということである。
ステーキは腐る寸前が一番うまい、と言われているが
ひょっとするとラーメンもそうかも知れない。

ramenn2

ウチで造る麺は36時間置くと落ち着いてくれる。
60時間経過すればベストだが、なかなかそうはいかない。
売れなければ置けるのだが、おかしなことに
売れ出すと止まらない。36時間置けないで出すことも
往々にして(いや、頻繁に)ある。

不思議なのは36時間の中身である。
同じ36時間でも、夜間の存在が一回か、二回かの違いがある。
むろん、二回あったほうが望ましい。

思うに太陽から一番遠くなる時間が長ければ
長いほど良いということではないのだろうか。
それだけ深く眠れるのでは、と思っているのだが。

posted by 山口屋散人 at 21:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 麺類学 | 更新情報をチェックする

2006年03月16日

けんもほろろ

夏の福島競馬場での話しである。
まだ改装前のスタンドであるので十数年前だろうか。

たまたま旧知の同級生に会った。
彼には連れがいた。
ひとしきり雑談のあと、彼は連れの男を紹介してくれた。
「高校同期の○○君だ」
福島には珍しい名前とその容貌に記憶があった。

F高校は毎年クラス替えがある。
そのためもあり、クラスメイトの印象は薄い。
「確か・・一年か二年の時、同級だったよね」

そう言う小生の顔をチラッと見て、一言。
「アンタなんて、知らないな」
そう言って競馬新聞に目を落した。

何という失礼な男なりや、とちょっとばかり腹が立った。ちっ(怒った顔)
もう少し、ものの言い方があるんじゃない。

その後、誰かから彼はT○大から県に入り、エリートコースを
歩んでいるらしい、と聞いた。
小生のあまり性能の良くない脳みそには
偉くなるヤツはああいうヤツなんだな、とイメージされた。

miko8

今日の地方新聞によると、
彼はめでたく部○相当職になったようだ。
まったくもって、ご同慶のいたり。

posted by 山口屋散人 at 20:41| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年03月13日

イエローフォールへの道

天候は「晴れ」こそ無かったものの、上々だった。
ただ、イエローフォールの位置がどうしてもネットでは
調べられなかったので、気がかりを残しての出発だった。

しかし、視界はきいたし、比較的まめに赤いリボンがあったので
道に迷うことなく、あっさりと到達できた。
(ある程度、覚悟して行くのだが、拍子抜けに近い感覚か?)

イエローフォール1

なるほど、モノトーンの世界にそこだけ色彩がついている。
近くに寄って見ると、象牙の彫刻か鍾乳洞のようだ。
しかし、わざわざ見に行くほどのものなのだろうか。
小生などはむしろ初めての経験であった凍りついた沼
(銅沼・アカヌマ)の上を歩くことの方に感動した。

銅沼1

このイエローフォール、ポケナビでだが正確な位置を
計測してきたので、以下にしめす。

日本測地系 北緯37度36分33秒8 東経140度4分48秒2
イエフォ位置1
posted by 山口屋散人 at 01:47| Comment(3) | TrackBack(0) | ちょいTrip | 更新情報をチェックする

2006年03月11日

雨または雪

tyoujo-neko(長女の膝にのるミー子)

予報ではそうだけど
現場に行ってみなければしょうがない。
雪なら良いけど
雨はかんべんしてほしいところだ。

ま、「雨または雪」の予報なら「雪」だろう。
標高で1300メートルくらいある。

小生とsunnypandaさんと、まちセンのH氏、F班長の
四人して、明日あそんできますだ。

「どさ」
「ゆさ」(まぁ、湯にも入る予定だけど)

磐梯山の裏側だす。
posted by 山口屋散人 at 21:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年03月08日

なんの集会?

確定申告も入力作業が終わり、
データを組合事務所に持ち込む。
あとは納税預金分のデータを入れてもらえばOK。

トントン、とノックして事務所に入ると、
なんと恐いオジちゃん方が勢ぞろい。

kumiai3

「あらら、なにやってんの?」と聞くと
常任理事会の例会とのこと。
普通は夜に開催されるのだが、集まりが悪く
実験的に昼に開催しているらしい。
見た限り、この実験は失敗・・だな、きっと。
半分も集まっていない。

組合活動は様々な意味で停滞している。
何が一番の原因かと言えば、簡単だ。
儲からないので、余裕がないのだ。
かく言う小生も、組合どころではないので
役職は勘弁してもらっている。
(旗本で言えば小普請組ちゅーとこか)
posted by 山口屋散人 at 21:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年03月05日

瞬間一位

nabeyaki

キーワードを「山口屋」だけでグーグルで検索してみると
なんとトップに「ようこそ山口屋へ」が出てきた。
ちなみにヤフーでは8位である。
ただしヤフーの場合、このブログも16位にランクされている。

なんてこった、世も末じゃ。
posted by 山口屋散人 at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑事 | 更新情報をチェックする

2006年03月02日

バラすぞ!

デジカメが一台イカれた。
もはや回復不可能であるし、修理代は
中古で買った価格の倍はかかりそうだ。

後学のためにバラしてみることにした。
が、ネジが特殊だ。Y字型なのだ。

yjineji1

これを開けるドライバー、無いはずは無い。どこかにあるはずだ。
探すのはヤフオク。
さすがにヤフオク、すぐに見つかった。
費用は〆て870円。
届くのを待って、さっそく解体。

yjineji

内部はこんなになっているのかぁー、と感心しただけで
とりあえず蓋をしめる。
電池をいれてスイッチをいれてみると
今度は別な症状があらわれた。 げに不可解なり。
posted by 山口屋散人 at 20:19| Comment(6) | TrackBack(0) | 雑事 | 更新情報をチェックする

2006年03月01日

怠け者の節句

ohinasama

三月は深刻の時期・・じゃなく申告の時期であるのを
すっかりと忘れておりました。

・・伝票の山と格闘中・・
posted by 山口屋散人 at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする