2006年06月27日

ここにある意味

24か25か、少なくとも26日にはもう始まっていた。
記憶が曖昧なくらいだから、「本朝未明を期して
我が帝国陸海軍は・・」というようなスタートは
しなかったということだ。

なに、小生の禁煙が一年に達したというだけの話。
お陰で5k体重が増えた。
肉1Kを生産するためには穀類10Kを消費するそうである。
そのでんで言えば、50キロ分の穀物を蓄積した。(うへぇ!)

ライター

上の画像は店の冷水器の下にあるライターである。
売り物ではない。
安い出物があるというので、何軒かの同業者で分け合って
買ったものである。
ところが不良品が多く、贈答粗品にも使い難い物であった。
全部処分したつもりだったが、ぽろっと50個ばかり
出てきたのだ。
何とか使えそうでもある。
「御自由に・・」なんて書いておくと、中には節操の
ないお客さんもいるから、うかつには書いておけない。

ということで
ライターに不自由したら、使ってください。
「一つ貰いま〜す」と一声かけてくれると有り難いです。
ただし、最後まで使えない不良品だと思いますが。
posted by 山口屋散人 at 21:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年06月25日

こんなもの

腰痛のため、そのままにしていた車のタイヤ、
今頃取り替えるのも恥ずかしいが、仕方なくやる。

2台分、8本は飽きる。
PCで競馬を買いながら、さぼりさぼりやる。

競馬は全く当たらない。
軸にして買った馬が故障、競走中止なんてことも・・
こういう日はブッサガリ。
先々週の稼ぎ分がどんどん減ってくる。
来週のタネ銭を残しておかなければ・・

本来は見るレースの宝塚記念を買う。
当然、貧乏人は三連単。
一着は仕方なく、特に思い入れのないDインパクトで固定。
二着もしくは三着に思い入れのあるバランスオブゲーム。
相手は5頭選んだ。
一着固定のため、買い目は10通りとなる。
一点、当然ながら100円。合計で1,000円。
チラッと200円ずつ買おうかな・・と頭によぎる。
今日はブッサガリだからと、あと千円の投資を止める。

こう思うのが、ブッサガリの特徴。

この馬券、当たったのだ。43,850円。
どうせ世の中こんなもの。

be5
posted by 山口屋散人 at 17:45| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年06月22日

なぬ!?

http://homepage1.nifty.com/_morita/2005/nametanisawa.html

こういう方法もあるんですね。
考えもしなかった。

沢屋さんかー。

チラッとのぞいてみようかな。
posted by 山口屋散人 at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょいTrip | 更新情報をチェックする

2006年06月18日

レポをUPップー

sannkakutenn 8

栗子山の三角点から一週間が過ぎた。
そろそろ道中記をUPせねばなるまいなーと思って
ちんたらとPCの前に座った。

ついでに福島競馬も買うことに。
今度は単独開催だから、余程ましなのだが、
福島競馬とは相性が悪い。
単勝オッズを基礎にして買い目を決める小生の
やり方は、ころころと変わる福島では合い難い。

おう、そんなことはどうでも良い。
サッカーが始まる時間が迫ってきた。
「泥くさい」と云われる巻を出してこないかなー。
この間のFW二人は首だー!
posted by 山口屋散人 at 21:25| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年06月15日

三年が過ぎた

capture1

いつの間にか、HP開設以来三年が過ぎていた。
アクセス数は4万9千なにがし。

我ながら変なHPであると思う。
店の宣伝かと思えば、さにあらず。

「山口屋的お散歩帳」なんて作ったばかりに
調子に乗って、随分変なお散歩ばかりしてきたものだ。
でも、そのお陰でネット友人が増えた。

匿名のHPが多いなか、何処の誰だかバレバレであるので
見知らぬお客さんに顔をながめられて「ニャー」とされると
ネットのお客さんかな?などと考える。
タイガーマスクのお面でもかぶっちゃおうか。
posted by 山口屋散人 at 20:37| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年06月14日

この三日間

kuriko-ryousenn

栗子山から下山して三日が過ぎた。
ようやく平常に戻ったのかな・・という状態。
予想外に過酷な行程であったためか精神に
イレギュラーが生じていた。
この三日間、怒ってばかりいるのだ。

普段なら怒らないようなことでも気に入らないのだ。
まだ、高揚した気分が収まらないからなのか、自然の
脅威のなかで恐怖と不安とを久しぶりに実感したせいなのか。

こんなことでは「出かけないで下さい」と家人に
言われるのが関の山だな。
しかし・・なんでだろうな。
山から下りて「やさしく」かつ「寛大」になるならともかく
その逆だもんなー。
何か、闘争心の本能のようなものに火が付いてしまって
戦闘モードにでもなっちまったのかなぁ。
posted by 山口屋散人 at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年06月11日

取り急ぎご報告

栗子山三角点1
左からサニパンさん、F班長、まちセンのH氏であります。
で、撮っているのが小生。

むこうきず1
今日の勲章は、これ。
posted by 山口屋散人 at 20:38| Comment(3) | TrackBack(1) | ちょいTrip | 更新情報をチェックする

2006年06月10日

さぁーて

明日、ここに挑戦してくる予定です。

無事に見ることができるでしょうか?

kurikoyama-A   
画像はどこかで戴いたものです。
posted by 山口屋散人 at 21:48| Comment(3) | TrackBack(0) | ちょいTrip | 更新情報をチェックする

2006年06月08日

罪ほろぼし?

JRAのテラ銭は25%である。
最低単位100円の馬券は買ったとたんに75円分の価値に下がる。
当たっても75円分の配当金しかもらえない。
これが世界的に見ても高率だから、もっと控除率を下げろ、との
意見が時折見かける。

そういった意見はこのブログと全く関係が無い。

朝、近くの保育園での光景である。
jra-1

子供達もポニーに乗る順番を行儀良く待っている。
JRAも社会貢献に・・
いや、未来のお客様にサービス?
この費用、間接的に小生も貢献してるな、きっと。
posted by 山口屋散人 at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年06月07日

幼虫

今日は休業日である天神町のサンキストさんが、
自宅のダイ庭園に咲く薔薇を持ってきてくれた。

さっそく、花バサミを取り出してパチリと
やっていた家人が「おーっ、テントウムシの幼虫だ」
と言う。

む!? テントウムシの幼虫?
そんなのあんだっけ? どれどれ?

namitentoumusi1

「ほんとかよー?」と半信半疑。
(そういえば生物は2だったかも)
とりあえず、写真に撮って後で調べることに。

やはり本当みたいだ。
「ナミテントウムシ」という名らしい。

(訂正)「ナミテントウ」でムシは付かないみたい。(難)
posted by 山口屋散人 at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年06月06日

烏賊顔負け

頂き物の大根。出荷できない物だという。
こんな自然の造形の面白さを市場は理解しない。
むしろこの方が当たり前ではないのだろうか。

daikon1

ひげ根を除いて14本の足があった。烏賊以上である。

スーパーの生鮮野菜売り場にこんなのばかり並んで
いる風景を思い浮かべる。
楽しみが増えるような気がするのだが・・
posted by 山口屋散人 at 20:26| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年06月05日

近くて遠いハイク

20年ぶりに土湯温泉の奥の男沼、仁田沼、女沼と歩いてきた。
あまりに手軽すぎるからか、地元の神様はありがたくないと
いうせいか、同じ市内なのに足が向かなかった。

水芭蕉の時期は過ぎたので、混雑という程ではないにしても
それなりに人が訪れていた。

思ったよりも俗化の具合は進んでいなかったが、仁田沼の
富栄養化が進んでいるせいか、白菜のような水芭蕉には
少々がっかりさせられた。

仁田沼から男沼に至る道では久しぶりにギンリョウソウを
見つけることができた。しかも団地になっているのもある。

ginryouso1

このギンリョウソウ、いつ見ても何故か宇宙から
飛来した植物に違いないという気がしてならない。
紙一重で薄気味悪いとも言える。

男沼には水場があったはずで、その水を汲んでお茶を・・
という予定であったが、見つからない。
いや、まさかコレじゃ・・ないよね、というのが
結果的にそうだったのだが、とても使えない。

そもそも水があったとしても、お茶は沸かせなかった。
携帯コンロと固形燃料、コッフェルは背中に積んでいたのだが
火を忘れてしまった。禁煙してから火は持ち歩いていない。
同行したのは女房と二女で、ある訳もなかった。

一旦、駐車場まで戻り、女沼には車で行った。
ここは数年前にも車で来たことがある。
釣り人なのか、車も沢山いたが、思ったより綺麗な環境を
保持していたのが救いだった。

menuma2
posted by 山口屋散人 at 03:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょいTrip | 更新情報をチェックする

2006年06月02日

没収!

昨日、まちセンのH氏がご来店。
「こんなもの見つけたのでプリントしてみました」
と自慢げに見せつける。  左斜め下

syukihyo1

おや、懐かしい。元素周期表である。
こう見えても理科が一番得意科目であった時代もある。
しかも昔覚えていた物よりも数が増えている。
店がヒマな時に眺めるのにちょうど良さそうでもある。
否応無く「没収」することにした。

ここで手に入りますので、お好きな方はどーぞ。
posted by 山口屋散人 at 20:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

意外な才能?

sainou

自宅のPCをXP搭載の物(もち中古)に換えたら
快適になったせいか家人もよく触るようになった。

ネットに飽きると始まるのはゲームである。
NTTもサービスするようになったもんだ。
無料というのがうれしいし、なかなかに面白い。

近頃、夫婦してはまっているのが「デリリウム」という
シューティングゲームである。

しかし、家人の意外な才能?を見せつけられることになった。
この手のゲームには自信を持つ小生をはるかに凌駕するのである。

「うぅむ・・・」と無念の形相を浮かべながら
教えをこうむることとあいなった。

そう云えば、女性の雀士はすこぶる手強いのばかりだった。
こういうのって、女のほうが向いているだべが?
posted by 山口屋散人 at 08:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする