2006年07月19日

会長亡くなる

牧野直隆会長

高野連で長く会長職をやっていたのは知っていた。
ただそれだけの話で無縁であったのだが、
昨年会津若松市に真向法協会の福島支部が誕生し
たことで少し関わりが生じた。
真向法協会(全国組織)の会長が氏なのである。
そして、小生も会津にある福島真向会の幽霊会員な
のである。(今のところ年会費だけの参加)

百十歳だか二十歳まで生きると言っていたらしいが
すい臓がんのため昨日亡くなった。
それでも95歳は立派だし、先月まで元気でいたのだから
真向法の言う「ぴんぴんコロリ」の実践であったのかも
しれない。

「ぴんぴんコロリ」とはお迎えが来るまでぴんぴんと
していて、コロリと逝きましょうという意味で
そのために真向法体操で体の整備をしましょうということ。
posted by 山口屋散人 at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 真向法の風景日記 | 更新情報をチェックする