2006年09月06日

宇江佐真理

「世の中には、上には上があり、下にはさらに下があった。
 まっとうに生きるということは、辰吉のようにあくせく
 働いて、相変わらずうだつの上がらない暮らしに甘んじる
 ことなのだ」

数年前から心に残る言葉、これは上手いという表現、覚えて
おくべき外来語などをノートするようになった。
手帳サイズのノートはそれでもまだ2冊目途中である。
書き足すべき言葉は毎日のように見つかることもあれば
2,3ヶ月開くときもある。
上記の台詞はその中の最新のものである。

出所は宇江佐真理「泣きの銀次」
今年になってから、このどこからどこまでが苗字なのか
分からない作家の存在を知った。
古本屋さんが時代小説という括り方でコーナーを設けて
くれたお陰である。

すでに数冊の文庫を読み終えた。
多分、近い将来念願?の直木賞を獲れるに違いない。

ところで、今日になって、地元新聞の連載小説がなんと
宇江佐真理であることに気がついた。

宇江佐真理1

小説は好きだが、新聞の連載だけは未だかつて読んだことが無い。
posted by 山口屋散人 at 22:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする