2006年10月25日

新右衛門の墓

佐藤新右衛門と言うと一休さんの「しんえもんさ〜ん」と
いうのを思い出すが、それとは別の新右衛門である。

小林金次郎著の「ふくしま散歩」によると
「大鳥城主佐藤基治十八代の孫といわれ六十五歳で没したが
桑折町大安寺に堰起院良安覚誉助伯居士となり、世に誇る
こともなく静かに眠っている」とある。


西根堰の二人のパイオニア、古河善兵衛と佐藤新右衛門に
ついて、とりあえず 古河善兵衛の墓には昨年ついでの折に
詣でたことがある。(2005年5月のブログに在り)

今回の西根上堰探索の自転車行では、ちょっと寄り道をして
桑折町の大安寺を訪ねることが出来た。

大安寺1

コの字型に墓地が配置されており、その片隅に遠慮がちに
その石碑はあった。ただし、元の石碑はどれであるのか
確認が出来なかった。

佐藤新右衛門家忠1

昭和59年になって地元新聞に、実はこの二人は斬り合いをして
二人とも命を落とすことになったと公表された。
秘蔵されていた古文書が世に出ることになったためであるが
真実は果たしてどうなのだろうか。

小生としては、やはり古河善兵衛には李平で馬上切腹をして
欲しいような気がする。

          犬

上杉藩主に何らかの勘気をこうむり、その弁明のためか
米沢に急行する途中の李平あたりで、逆に米沢からの急使に
出会う。藩主の意を伝えるその急使の言を聞くやいなや、
馬上にてそのまま「これをごろうじろ」とやにわに刀を抜き
去り、腹に突き立てる。
急使、驚きて「古河殿、古河殿!」と周章狼狽し・・・

          犬

なーんて小生は勝手に話を作っているのだが・・













posted by 山口屋散人 at 01:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島 | 更新情報をチェックする