2006年10月31日

残すは2ヶ月

明日からどうでも11月にすると言うので、気分転換で
掛け軸を替えることにした。

掛け軸1

揮毫はおよそ150年前の大阪の儒学者で篠崎小竹という人。
頼山陽が広島から出てきて、まずこの人の世話になったそうで
けっこう大阪ではいっぱい弟子をもっていたそうな。

実はハンドルネームをどうしようか悩んでいる時に、ちょうど
この掛け軸を掛けており、「おおっ、これでいいじゃん!」
となった次第なのである。

掛け軸2

ちなみにハンドルネームの変遷は
土ザ衛門 → 山口屋面毒斎 → 山口屋散人

さらにつけ加えるとこの掛け軸、丁度来店のF高の国語教師で
あった元校長先生に読んでくれるように頼んだら、読めんかった。

posted by 山口屋散人 at 22:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする