2006年12月20日

塩まくぞー

sio

さすが師も走る12月と言うべきか。
このところ、この塩甕の出番が多い。
といっても、週に二度か三度ほどの割合。

何に使うのか・・と言うと
とーぜん、嫌な客が帰ったあとに「お清め」をする。

普段は現れない人種がこの時期、蠢いているのだ。
地底からのそのそ這い出してくるのだろうか。

まともに付き合っていられないので
塩をまくことで、精神の安定を図るのみ。
posted by 山口屋散人 at 23:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする