2007年02月09日

偽調理師?

時々、我がカミ様から「ニセ調理師め!」とののしられる。
小生があまりに料理の基本を知らないからである。
商売に関することならば一応の知識はあるのだが、特に食通
でもグルメでもなく、食べることにも関心が薄いので、それ
以上のことは全くと言って良いほどダメである。
しかし、これでも調理師ではあるのだ。

調理師手帳.JPG

これがために調理師の免許を持ってない女房がののしり怒る。
(女房は小生の持ってない教員免許を持っている)

ただし、「偽(ニセ)」というのは国語的に間違っている。
兎にも角にも免許があるのだから「偽」ではない。
では何か?
「似非(えせ)」と言うべきである。

しかし、それも実情はちょっと違う。
そもそも「調理師」というのは調理の腕や知識を保証
するものではない。その点で多分、理美容師さんとは違う。

「調理師」とは食中毒の知識とそれに関する法令遵守の
知識を学んだ料理担当者の称号なのである。

ちなみにこの調理師試験というのは、ひっかけ問題などの
無い、実に良心的な試験問題なのである。
posted by 山口屋散人 at 22:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 麺類学 | 更新情報をチェックする