2007年04月13日

たかがオニギリ昆布

おにぎり昆布

表題通りたかが昆布ではある。
しかし今のところオニギリ昆布はこれが一番おいしい。
ちょっと値段は高い。
そのためかスーパーから締め出されることが多い。

スーパーの論理は需要が多い(売れる)のが善であり、品質や
味は二の次なのである。
そのため、ちょっと他と比べて値段は高いけど物は良いとか
際立っておいしい、とかいうものは、いつの間にか姿を消し
てしまう。

このたかが「おにぎり昆布」はだんだんと入手し難くなり
ついにはわざわざこれを求めて郊外のSCにまで足を運ぶ
ようになってしまった。

が、隣の魚屋さんに市場で仕入れてもらえることが分った。
さらにちょっと値は高くなるが、その分以上に楽チンである。

本日は「蕎麦屋」の看板を外して「おにぎり屋」にしようか
と言うほど、オニギリを作った。
13日の金曜日は「オニギリの日」? そんな訳ねぇか。

posted by 山口屋散人 at 23:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑事 | 更新情報をチェックする