2007年06月22日

閑耕雨読

はっきりしない雨もようの日。
いっそ降っていてくれたほうが商売にはいい場合もある。

bDSCF0011 (1).jpg

お店にとってのゴールデンタイムはやはり12時〜1時。
本日は12時25分〜35分の間、空白、つまり無人。
こういう時もあるので別段気にしないが、次に来るお客さんは
いつものお客さんであることを切に祈ってしまう。
初めてのお客さんだったりすると、この店で食べて大丈夫かな?
と思われるのがシャクだ。
幸いなことにポツリポツリといつものお客さんが続いてくれた。

          犬

雨上がりで土が軟らかそうなので、植木鉢の植え替えをした。
天神町のサンキストさんにもらった南天の背が伸びて、サイズが
小さくなってしまったからだ。

ついでに、空いた植木鉢を利用して、ある思いつきを実行した。

bDSCF0011 (2).jpg

蕎麦の実である。
ただし、20年ほど前に入手したもの。
発芽するかどうか甚だ疑問だが、縄文蓮の例もある。
何とかなるだろうと、8粒ほど植える。
一つでも発芽してくれると、収穫は10月かな?
こういうところは我ながらオメデタイ。

bDSCF0011 (3).jpg
posted by 山口屋散人 at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする