2007年07月02日

多目的の山?

去年の9月に沼尻で野湯につかっていると、背中にマットの
ような物を背負った集団がぞろぞろと鉄山方面に登って行く。
きっと、どこかの大学の山岳部がクライミングか何かの練習に
行くのだろう、でもあのマットみたいな物は何に使うのだ?
と思っていた。

DSCF1686.JPG

今回もまた、沼尻スキー場の上にある駐車場には、その時と
同じマットを準備している人達が何組か居た。

通りすがりに「これ、何に使うんですか?」と聞いてみると、
岩を登るのだそうだ。
ボーダリング、だか、ボードリングというスポーツだと言う。
マットは怪我をしないように岩の下に敷くのだそうだ。
マットを後学のために触らせてもらった。
ごく普通の寝具マットのような感触だった。

胎内岩へのアプローチの途中、その岩登りの様子を見ること
ができた。岩というよりも大石登りみたいだ。

DSCF1693.JPG

何というスポーツなのか、帰ってきてから調べてみた。
「 ボルダリング 」というらしい。
そして、あのマットみたいな物はクラッシュパッド
岩登りの靴が特殊なもので普通の靴のように衝撃を吸収でき
ないので足や足首の怪我防止や不時落下した時のためのパッド
だという。

ここはごく普通の安達太良山への登山ルートの一つなのだが、
我々みたいに野湯が主目的のグループもあり、こういう頂上を
目指さない岩登りのグループもある。
色々な楽しみ方があるものだ。
posted by 山口屋散人 at 22:41| Comment(0) | TrackBack(1) | 雑事 | 更新情報をチェックする

思惑ハズレ

物好き探検隊のタネが無い。

とりあえず沼尻の野湯?にでも浸かって考えよう、つい
でに胎内岩というのも見学してこよう、さらについでに
NHK大河ドラマのオープニングに使われているらしい
達澤の不動滝も見学してこよう、という企画。

今回都合のついたのは、小生、F班長、まちセンのH氏。

まずは胎内岩
登山道なのにリックを背負ったままでは通れないという
変な?ところで、そこを通るしかない、というもの。
行ってみたら、な〜るほど。

bDSCF1720.jpg

まぁ、ここまでは順調。
次の野湯で思惑が大ハズレ。
高度は1300米位だから気温も割合低いのだが、なにより
川の温度が低いのである。
原因をさぐると前日、前々日あたりの雨のため、水量が
増えていることに起因すると思われる。
それでも楽しみにしていたF班長とH氏は無理むりに入る。

bDSCF1720 (1).jpg

ここは当日のお天気だけでなく、以前の3〜4日も影響が
大であることを認識。

帰りがけ、車で近くまで楽に行けるというのが、良いような
悪いような達沢の不動滝を見学に行く。

一回目、小生の車が地図を頼りに先導して道を間違える。
二回目、H氏の車(ナビ付)が先導して、また間違える。
三回目、案内板によって道に入るが行けども行けども着か
ないので不安になり、地元の人に尋ねながら、やっと到着。

午後の5時過ぎであったが、おばちゃんグループやアベックで
にぎわっていた。

DbSCF1750.JPG

帰ってきてから、大河ドラマのオープニングを見る。
まさしく、この滝だった。
posted by 山口屋散人 at 07:46| Comment(4) | TrackBack(0) | ちょいTrip | 更新情報をチェックする