2007年08月26日

連鎖

TUKAさんのお陰で、あまり興味のなかった東根堰に関わり、
高子隧道というものを探す。
そしてすぐ近くの熊坂覇陵という地元の儒学者の墓碑が太田
蜀山人の文であることを知り、その墓に詣でる。
それから熊坂三代の何れかの弟子であった父に教育を受けた
という「菅野八郎」という世直し一揆の指導者とされた人物に行き
当たる。

この人物の存在を知ったのはつい2,3年前である。
この菅野八郎は三省堂の人名事典にも載っているくらいの人で
ただの百姓だけではなく、かの吉田松陰とも入獄中に接触が
あったらしいのである。

世直し八郎大明神と称された人が自分で大石に彫った、自刻
の碑というものがあるらしいのでそれを見に出かけてきた。
刻文は「八老魂留此而祈直」 (なんて読むんだ)

ところが、大体この辺りだということは分かるのだが、案内板
など無い。時刻はちょうどお昼時のため、地元の人の姿もない。
聞けるようなお店もない。
ぐるぐると車で回って、諦めて帰ってきた。要再調査なり。

帰りがけ、この間の宿題(6/10のブログ)を一つ果たす。

福島工業団地内から地下に潜る東根堰の銘板を見てきた。
(日東加工KKのゲートが開いていたので侵入させてもらった)

ssDSCF0838.JPG

けっこう水量が多いのだが、今の時期もたくさん必要とするの
だろうか。

ssDSCF0838 (1).JPG

「信達隧道」と見てみれば割と当たり前の名前だった。
しかし、小生的には信達というと、信夫郡+安達郡である。
ここは安達郡ではない。・・?
信夫郡+伊達郡の意味らしいのだが、そういえば安達郡と伊達郡
とで「両達」郡なんてもいったような気もする。
信達とは信夫郡+安達郡+伊達郡だったのか?

ssDSCF0838 (2).JPG

この銘板の揮毫は福島県知事 君島清吉 とある。
戦前の官選の知事で36代目。
ちなみに三島通庸は5代目。
現、佐藤雄平知事は62代目。

君島知事の在任期間を調べようとしたら、WEBでは無理っぽい。
昭和13年10月10日に厚生省の海軍なんたらから、君島知事あ
てに電報が届いたという記載があるので、その時は、居た。
posted by 山口屋散人 at 17:40| Comment(4) | TrackBack(0) | 福島 | 更新情報をチェックする