2008年01月28日

おー怖w

obikazari2.jpg

家人がヤフオクで落としてくれと言ってきた。
スワロフスキーの帯飾り兼髪かざりである。
同じ物が二個(二人)出品されていた。
両方とも出品者に問題はない。

一つは3990円の開始価格で本日締切の入札者はゼロ。
もう一つは500円の開始価格で締切二日後の現在2000円。

さて、どうしたものか。
そもそもこうした物の相場が分からないが、安く落とせ
ればそれにこしたことはない。
本日締切の物は、多分3990円では落とせるだろう。
問題は現在価格2000円の方である。
三人が入札している。
ことによると加熱するかもしれないが、落ち着いていれば
3000円以内で決着がつくかもしれない。
小生の予想では結局3600円くらいになるだろうと踏む。
3990円で入札しておいて、安くあがった分だけ善しとする
方法もないではないが、頼まれものでもある。
確実に落とせる方を落としておこうと、本日締切の方にする。

数時間後、競争することなく無事に落札。

mmDSCF1088.JPG

さて、その後、見送った方の物はどうなったか。
ウオッチリストに残しておいたので、調べてみた。

ななな・・なんと 12630円 で決着。
あきらかにオーバーヒートしてしまったようだ。
これだからオークションは怖い。

ちなみに何故こんなことになるのか検証してみた。
このカテゴリは出品数がやたら多い。
小生の落札した方には、タイトルにスワロフスキーと
入っていなかったので、検索では見つからないのだ。
そういう意味では掘り出し物だったのかもしれない。

届いた物は、一万円と言われれば、さもありなんと納得
するような質感の物であった。
数百円は高い買い物をしたのかな、と思っていたのだが、
実は数千円分、安い買い物だったのかもしれない。
posted by 山口屋散人 at 04:45| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年01月27日

タダなら貰うか

DSCF1099.jpg

二つ小屋に出かける予定だったのだが、中止に。
新雪をラッセルするのもシンドイ。

先着20万名にプレゼントのJRAのストラップをもらいに
競馬場まで出かける。(多分PAT会員だけ?)

DSCF2233.jpg

競馬場は空いていた。
世の中不景気になるとギャンブルが流行るというのは
過去の話だ。

DSCF2235.jpg

案内所で交換してもらって、早々に帰宅する。
馬券はPCで買えばよい。
さて、肝心な物はと言うと、どうだろう?
パスケースは使えば3シーズンくらいで終わりそう。
ストラップは、ちょっと色が・・ね。
posted by 山口屋散人 at 12:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年01月22日

会話

silver.jpg

あれ、正式名称何て言ったっけ?

あれじゃ、わかんねつーの

あれよ、あれ、ババァの乳母車、ババァカーよ

ああ、えーと何だっけ、シルバーカーだっけ

おお、そうそう、シルバーカーだったよな

しかし、ババァカーはよかったよね
確かにジジイは使ってねぇわ

何だ、その話?

前にあんだがババァカーって言ったとき
何でババァカーって言うんだ、ジジイカーだって
いいんじゃない、って言ったら、
いや、ジジイは使ってないからババァカーだって
言ったんだよー

ほー、俺そんなこと言ったか
ずいぶん気の利いたことを言ったね
しかし、ほんとジジイは使っているの
見たことないわな
男はそこまで長生きしねえってことかな

女はホルモンの関係で骨が弱るんだよ
だから足腰が弱るんだけれど・・
でも男の人って、あきらめるのかもね
もうダメだって

つーことは車を押して歩いている婆さんは
執着心の権化ちゅうことかい
うー何かなー、ばばぁ恐るべし、だなー




posted by 山口屋散人 at 22:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年01月14日

めがね橋を見物

奥州街道八丁目宿なんて言い方は数年前まで知らなんだ。
福島市の旧市内に住む人間は八丁目なんて言っても、ほとんど
知らないはずだ。
松川町のことだ、と言えば、あぁそうがぃ、で終わりだろう。
めがね橋も、聞いたことがあるような・・という程度だろう。

その「めがね橋」をわざわざ見に行った。
うろ覚えの行き当たりばったりの道中である。

DSCF1062.jpg

適当に回っているとネットでよく見かける天神様があったの
で見物。確かこの近くのはずだった。

そのまま北上すると間もなく、三島通庸が作らせためがね橋
に到着した。
信夫橋と同時期に作られたということは、120年を超える訳だが
重量制限も何もない、バリバリの現役だ。
思ったよりも円弧がゆるい。
丸めがねでなく最近の流行の眼鏡のようですな。

DSCF1070.jpg


[訂正]
 このめがね橋は重量制限13トンだそうです。
posted by 山口屋散人 at 17:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 福島 | 更新情報をチェックする

2008年01月12日

新アイテム

DSCF0192.JPG

本日到着。
アルコールバーナーでスウェーデン製の trangia 。

ガスバーナーはかさ張る、寒さに弱いなどの欠点がある。
かといって、ガソリンストーブはお散歩には大げさだ。
固形燃料という手を使ってみたのだが、火力が弱い。
何か良い手はないかと思っていたのだが、アルコールを
使ったバーナーがあることを知った。

早速、店にある除菌用アルコールで試してみる。
そこそこ使えそうだ。
(画像は薬局で求めた燃料用アルコールを燃やしたもの)

我がお散歩仲間は皆、温泉とお茶が好き。
水は出来るだけ現地調達して、味わうのが妙味。
寒い時、暖をとるのにも使えるかもしれない。
さて、どんなもんでしょうか、使ってみませう。
posted by 山口屋散人 at 20:51| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年01月10日

安物買いの・・

cf-DSCF2228.jpg

ヤフオクの同じ出品者からついでに求めた物で
1GBのUSBフラッシュメモリーである。
値は確か1150円だった。
送料がかかる訳でないので、良い買い物だと思った。
届いてすぐ、動作も確認した。異常なし。

しかし、一度使用したら壊れてしまったのだ。

仕方がないので、後学のために分解してみた。
1GBのチップってこんなに小さいのに感動も
すぐ壊れるような物、作るんでねぇ!!
posted by 山口屋散人 at 22:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑事 | 更新情報をチェックする

2008年01月08日

鯖湖湯は別格なのだ

DSCF2225.JPG

栗子方面にお散歩に行ったときは、大概帰りは飯坂温泉の
共同浴場になる。
パルセ飯坂の駐車場に車を置き、鯖湖湯へ行ったり、近くの
八幡の湯にしたり、時には別な浴場に足を伸ばす。
現金では入れないので、入浴券をどこかで求めるのだが、
なかなか面倒でもある。
そんなことで、この間、回数券なるものを求めることにした。
上の画像がそうで、二千円で12枚つづりだった。

sabakoyu.jpg

これをこの間、鯖湖湯で使おうと思ったら、
「お客さん、お客さん、この券は使えません」と番台の
オジさんが言う。
「なんでぇ?」と聞くと、九つある共同浴場のうち、八つは
飯坂町財産区の運営になるが、この鯖湖湯だけは福島市の
運営となり、経営母体が異なるのだそうだ。
そして、画像の回数券は財産区の方のものなのだそうだ。
仕方なく、自動販売機で券を購入することになり、まだ
この回数券の出番は無い。

全部の共同浴場が財産区という特別地方公共団体で運営して
いるのだとばかり思っていたのだが、鯖湖湯だけが違うと
いうのはどういうことだろう? 
建物を建て直す際に資金の関係から手放したのだろうかな・・
などと考えたのだが、ネットでは調べられない。
そうでなくとも老朽化と経営難のために、幾つか閉鎖をする
という動きがあったはずで、それが中止になったのか、延びた
だけなのか、そこら辺は知らない。

現在の入浴料は200円だが、ついこの間までは100円だった。
1万人入ったとしても現在の料金で200万円。
これじゃ赤字は目に見える。

ところで、鯖湖湯の扁額だが、松本良順の揮毫であるという。
「胡蝶の夢」の主役の一人だ。
現在掲げられているのは妙に新しいのでレプリカなんだろうと
思うのだが、本物は何処にあるのだろう?

ここまで書いたら、飯坂にこういう事を聞くのに打ってつけの
同級生がいたのを思い出した。近いうちに聞いてみよう。

posted by 山口屋散人 at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島 | 更新情報をチェックする

2008年01月07日

万世大路写真展

地元紙によると本町地下歩道で「万世大路」の写真展が
開かれているという。
地下歩道であるから、時間を気にすることは無い。
店を閉めてから、歩いて見物に行った。

DSCF2210.jpg

特に目新しい物はなかったのだが、去年は二ッ小屋隧道
までしか行ってないので、何となく懐かしい。

DSCF2205.jpg

米沢側も一昨年6月の栗子山の時に行ったきりだ。
そこにこんな標柱が出来たらしい。
さて、こんなもの記憶にないなー。

DSCF2215.jpg
posted by 山口屋散人 at 21:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 福島 | 更新情報をチェックする

2008年01月06日

何じゃい?

昼下がり、うつらうつらしていると、コンコンと玄関を
叩く音がする。
誰か来たらしい。
家人が応対する。

訪問者は小生の名を確かめた後で
「健康優良世帯ということで」と何かを差し出したらしい。
ケンコウユウリョウ・・? 我が家が? また何か新しい
騙しの形態かと身構えて、やり取りに耳をすます。

結局のところ、過去2年間、保険料を完納していて、かつ
ここ1年間、医療機関で受診することがなかった世帯を
健康優良世帯として表彰し、記念品を贈るのだそうだ。

DSCF1057.JPG

こんなのは初めてのことだし、こんな制度があることも
知らなんだ。
しかしねぇ、健康優良・・? 
医者にかかる暇がねぇだけだよ、実際のところは。

DSCF1059.JPG

ネットで調べてみたら、定価5250円の品物だった。
ちなみに小生の体脂肪率は19でまぁまぁ標準の上の部。

posted by 山口屋散人 at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

またもや

DSCF1055.JPG

市内は曇り時々晴れの天気。
物置からスノーシューを出して、リベンジに。

途中栗子方面を見ると、ガスがかかっている。
吹雪いているかもしれないと覚悟をしたが
なんと雨だった。

雨は始末が悪い。
しばらく様子見をするが、回復しそうにない。

またもや断念。
この分ではトンネル内にもツララなど出来てないだろう。
初詣は二ッ小屋の山神様でなくて、今年はいつもの地元の
神様だな、こりゃ。
posted by 山口屋散人 at 13:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年01月03日

山神様の門前払い

DSCF2200.JPG

今年も二ッ小屋隧道の山神様に初詣をするべく、F班長を
誘って出かけてきた。
ライブカメラの道路状況からすると、長靴で大丈夫そうだ。
まして、多分昨晩だけの積雪であろうから。

       あま〜い !

DSCF2198.JPG

85センチのピッケルがこの様だ。
それでも、ここだけ吹き溜まりになっているのかも・・と
ラッセルしながら少し先まで行ってみたが、ダメ。

醜女の神様に門前払いを喰わされてしまった。
面倒がってスノーシューを持ってこなかったのが失敗。

作戦を変更して、飯坂温泉に寄り、初温泉を楽しむことに。

さすれば、正月のため、鯖湖湯をのぞいて午前中だけ。
その鯖湖湯も午後5時までとのこと。
りんご湯で混んでいる鯖湖湯は避けたかったのだが、仕方なく
そこにする。
混んでいるだけあって、いつもよりぬるく、その点だけは
正解なのだが、それだけ汚れている?・・のかも。
posted by 山口屋散人 at 09:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年01月02日

四十七月目の始まりに

hhDSCF0822.JPG

2004年の三月に始めたこのブログも、47ヶ月目となりました。
基本的には、何かの情報発信という大げさなものではなく、
紙を使わない自分のための「備忘録」であり、離れて暮らす
我が家の子供たちへの「元気だよ通信」であり、その時その時
の興味につられての「遊び」であります。

昨年、早めにブログの終了宣言をしたにもかかわらず、年末の
アクセス数は多少は減ったものの、多くの方にお出でいただき
ました。このブログの無節操な興味対象が何かのキーワード
検索にひっかかり、お出で下さったようです。

今年もまた、「素人の無節操」を旗印に、足の向くまま気の
向くままに福島周辺の「見物」が出来れば良いなーと考えて
おります。

そういうことで、よろしくお頼みもうします。

     猫

さて、蕎麦屋にとっての年間最大イベントのオオミソカの疲れ
もそこそこ取れたことだし、初詣にでも行くとしますか。
posted by 山口屋散人 at 06:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする