2008年02月21日

もろた

zDSCF0217.JPG

リンクしてもらっている「髭とはさみ」さんがCDを作った。

俺にもちょうだい!と書き込むほど、小生は心臓ではない。
うむ、どうしたものか、と思案していたところ、御来店。

面と向かってしまうと、手を出す図々しさが小生にはある。
髭とはさみさんに、にゅうと手を出し、
「CD ありがとございます」と先に言う。
そしたら、わざわざ家に戻って持ってきてくれた。(感激)

ギターは小生だってAマイナー、Cマイナーなんて、やったこと
があるのだ。ただ、人間には向き不向きがあるらしく、ものに
ならなかっただけ。嫌いではないのである。

            犬

困ったことに我家にはCDプレイヤーがない。
PCに取り込んでヘッドホンで聞くか、安物のデジタルオーディオ
プレイヤーに落として聞くかだ。

エレキサウンドには独特の高揚感がある。
これは普遍的なものなのか、あの時代を共有した者でないと
分らないものなのだろうか、などと考えながら聞いた。

ドラム音以外はリード、サイド、ベースを全部一人でまかなった
そうである。そういうふうにして作れるらしい。
つまり、「髭とはさみによる髭とはさみのための髭とはさみのサウ
ンドの世界」を小生も楽しませてもらった。感謝。


posted by 山口屋散人 at 22:35| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする