2008年04月29日

そんざいの証明

DSCF1320.JPG

休祝日の営業は、やり辛い。
何をどのくらい用意していいのか見当がつかない。
そもそも過去の経験則が通用しない日でもある。
来客数は平日の半分もあれば上等という有様であるし
いつものお客様と客層を異にするので、甚だ予測不能でもある。

ホント、頻度の差こそあれ、常連のお客様の有難いこと。
いつものお客様が来てくれるとホッとする。
(貴方のためにお店を開けてましたょ)

ところで
今日の一番の数が出たメニューは「かつ丼」6個。
如何にウチの蕎麦が流行らないかの証明みたいでハジカシイ。
おらぁ、飯はあんまり炊かなかっただよ。
posted by 山口屋散人 at 22:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年04月27日

コシアブラ異聞

毎年(ここ数年だが)見に行くシラネアオイの咲く西郊外の
山に出かけてきた。
いつもの年は五月の子供の日近辺なのだが、少し遅いくらい
なので、咲き始めくらいにぶつかるかな、という思惑。

残念ながら、一株たりとも咲いていなかった。

仕方が無い。周辺を歩き回る。
例年咲く場所までも、そこそこの距離は歩くのだが、何故か
コシアブラの木は見たことが無い。
この山はコシアブラの無い山なのだなと思っていたのだが、
そういう眼であらためて見ると、あらら、そうではなかった。
あったのだ。
ただ、里山のような木の形と肌合いではないので、気づかな
かったのである。
この山のコシアブラは皆、成木(高木)なのだ。
芽がついてなければ、見逃していただろう。
少しは頂戴してきたが、採取不可能の高さの木が多い。
(だから僅かの芽をとるために木を切ってしまう不心得の
 者がいたりするんですな。ここは幸い無かったけど。)

何故なのか。
幼児がいて、小学生がいて、順に老木がいるという
そういう環境ではないらしいのである。
若木が育ちにくい環境なのかもしれない。
(出生率が下がっている現代日本と同じ?)

       犬

ともあれ、ここまでのアクセス道の所々の駐車スペースで、
下をのぞくとどこもが、このような有様になっている。

DSCF1331.JPG

2,3年で腐ってくれれば良いのだが、そうもいかない。

posted by 山口屋散人 at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年04月23日

食卓の風景から

我家の食卓の上に、2,3日前から住みついているモノがいる。

DSCF2319.jpg

わざわざ作ったわけではない。
偶然の産物なのだが、何故かここに住みついてしまった。
作ろうとしても作れない、無為の賜物?

DSCF2320-1.jpg
posted by 山口屋散人 at 15:40| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年04月21日

ドサッ!

雨上がりを待って、午前中は東の某山へ。

DSCF1317.jpg

夕方からは F班長と共に信夫山へ。

DSCF2318.jpg

コシアブラがどうのこうのよりも、シュンランがこの山にも
存在したことに驚く。
posted by 山口屋散人 at 03:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年04月14日

様子見

夕方、ちょっこら信夫山に出かけてきた。
お花見ではない。
コシアブラの出具合を見てきたのだ。

DSCF2299.jpg

あと4〜5日経てば採取可能のものもありそうだが、まだ早い。

DSCF2302.jpg

カタクリの花が咲いていた。
どちらかと言えば、日陰の花で、色も薄く存在感もイマイチ。
それゆえ出会えた時の嬉しさは格別だ。

DSCF2304.jpg

去年、タムシバの咲いていた斜面に下りてみると、ちゃんと
今年も咲きそう。
これもあと1週間くらいでしょうな。

DSCF2308.jpg

この時期、とてもじゃないが出かけられない花見山。
この信夫山から眺めても、そこそこ桃源郷かも。
posted by 山口屋散人 at 21:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

休刊日

rac0804131648000-p1.jpg

何をして遊ぶでもなく、お昼近くまでグズグズと寝過ごす
日曜日だった。
朝刊を取りに行くと、一番裏のTV番組面がない。
明日月曜日は休刊日らしい。
こういう時の競馬って、不思議と荒れるというのが経験則。
「ぎゃッ」と驚いても翌々日の新聞ではすっかり過去の話。

桜花賞の700万馬券は狙って買える馬券ではない。
優勝馬をひそかに狙っていた人はいるだろう。
しかし、ヒモは人気サイドに結びつけるのが常識だ。
でなければ溝にお金を捨てるようなものでキリがない。

K−N−D番人気という順番で来た結果、70029倍だった。
3着のD番人気の馬と4着のO番人気の馬との着差はクビ。
もし入れ替わっていたならば、何と189975倍。

家の電話番号であるとか、車の番号、誕生日、その他
自分に関係の数字の組み合わせをちょっと買ってみる、
そんな買い方の人か、もしくは、馬名、騎手名、とかから
神がかり的に閃いた人が当たっているんでしょうな。

そういう買い方をする余裕の無い小生には縁の無い馬券
だった。ちなみに小生の損は900円。
何を買っても当たりそうな気がしないので、参加だけ。
軸馬もヒモ馬も全部5着まですら入っていなかった。
posted by 山口屋散人 at 07:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年04月12日

ばす

DSCF2296.JPG

花見山へ向かうバスは満員。
山がつぶれないか心配だ。
バスもこういうふうにお客さんが乗ってくれれば、福島交通も
つぶれることはなかったのにな〜と思ってしまう。
公共交通機関が、儲けすぎても困るが、採算が合わないよう
でも困る。難しいところだ。

わが店も今週は悲惨だった。
競馬の開催があるせいだろうか。
まともな売り上げがあった日は一日だけだった。
わが業界あげて悲鳴があがっているらしいが、世の中
どうなっているのだろうと思う。

さて、
来週は仕切りなおしとしても、明日何して遊ぶか。
「遊びをせんとや生まれけむ」のだしね。
posted by 山口屋散人 at 20:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年04月08日

しょーとぶーつ

xDSCF0245.JPG

丈の短いゴム長靴だろうと思うのだが、ショートブーツとして
売っている。
いちいち登山靴では面倒だ。
夏場の里山のヤブ歩きならば、これで十分かと購入。
さっそく先日の里山歩きに試してみた。

結論として言うならば、半端。
ヤブを歩くと脛を保護しきれないし、ズボンの裾が出てしまう。
熱はこもらないかもしれないが、長い距離は歩かない方が良い
ようだ。
車につっこんで置くにはがさばらなくていいのだが、そういう
ための、ちょこっと用の長靴というところか。
posted by 山口屋散人 at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年04月07日

さとやま

久しぶりに雲ひとつない晴天。
さて、どこに出かけようか、と思いつつ二度寝。
猫に「いい加減に起きて、朝飯頂戴よ〜」と起こされる。

昼食に近い朝食をすませるが、今日は親戚のお通夜が5時から
あるので、遠出はできない。
コシアブラの様子を見がてらの某山のお散歩に出かける。

DSCF1288.jpg(キクザキイチゲ)

帰り道には花を閉じかげんにしていた。
働きものの花のようだ。

DSCF1292.jpg

この山はあちこちにシュンランを見ることができる。
その可憐な名に似ず、割合ガサガサしているような場所に
咲いているのが、なんとも惜しい気がする。

DSCF1302.jpg

送電線の鉄塔の下で休む。
寝転がって眺めると、ほんと三角構造の見本みたいだ。

学生時代、点字をやっていたので、何人か盲人の知り合いが
いた。
彼らの顔を思い浮かべながら、この抜けるような青い空をどう
いうふうに説明したら良いのだろう、などと考えた。


posted by 山口屋散人 at 05:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年04月01日

すとらっぷ

DSCF0241jjkk.jpg

小学校の同級生に石垣島に嫁さんに行った旧姓Hさんがいる。
F女高を出て東京の女子大にすすんだ人が、何でまた沖縄という
よりも台湾に近いような島に嫁にいったのか、小生は知らない。

その彼女が御主人とひょっこりと蕎麦を食べに来てくれた。
年に一二度、福島に帰ってくる。
ニ三年前に福島と石垣島の交流イベントを街なか広場で開い
たので、御存知の方もあるかもしれない。

彼女の御主人は石垣島で大きな郷土料理の店をやっている。
「ゆうな」という名で、HPもあったはずなのだが、今探したら
なぜか見つからない。

ともあれ、その店にはたくさんの芸能人がやってくる。
沖縄出身のビギンとか夏川りみとかは特に仲良しだとか。
料理などにマルチタレントぶりを発揮するグッチ裕三も
その一人らしいのだ。

そのグッチが関係者だけに配ったストラップがこれ。
そういう意味でレア物らしいのだが、戴いた。
NHK「きよしとこの夜」で使っているフライパンがその証か?
ま、贅沢を言えば、グッチよりベッキーのほうが、ネ。


posted by 山口屋散人 at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする