2008年04月14日

様子見

夕方、ちょっこら信夫山に出かけてきた。
お花見ではない。
コシアブラの出具合を見てきたのだ。

DSCF2299.jpg

あと4〜5日経てば採取可能のものもありそうだが、まだ早い。

DSCF2302.jpg

カタクリの花が咲いていた。
どちらかと言えば、日陰の花で、色も薄く存在感もイマイチ。
それゆえ出会えた時の嬉しさは格別だ。

DSCF2304.jpg

去年、タムシバの咲いていた斜面に下りてみると、ちゃんと
今年も咲きそう。
これもあと1週間くらいでしょうな。

DSCF2308.jpg

この時期、とてもじゃないが出かけられない花見山。
この信夫山から眺めても、そこそこ桃源郷かも。
posted by 山口屋散人 at 21:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

休刊日

rac0804131648000-p1.jpg

何をして遊ぶでもなく、お昼近くまでグズグズと寝過ごす
日曜日だった。
朝刊を取りに行くと、一番裏のTV番組面がない。
明日月曜日は休刊日らしい。
こういう時の競馬って、不思議と荒れるというのが経験則。
「ぎゃッ」と驚いても翌々日の新聞ではすっかり過去の話。

桜花賞の700万馬券は狙って買える馬券ではない。
優勝馬をひそかに狙っていた人はいるだろう。
しかし、ヒモは人気サイドに結びつけるのが常識だ。
でなければ溝にお金を捨てるようなものでキリがない。

K−N−D番人気という順番で来た結果、70029倍だった。
3着のD番人気の馬と4着のO番人気の馬との着差はクビ。
もし入れ替わっていたならば、何と189975倍。

家の電話番号であるとか、車の番号、誕生日、その他
自分に関係の数字の組み合わせをちょっと買ってみる、
そんな買い方の人か、もしくは、馬名、騎手名、とかから
神がかり的に閃いた人が当たっているんでしょうな。

そういう買い方をする余裕の無い小生には縁の無い馬券
だった。ちなみに小生の損は900円。
何を買っても当たりそうな気がしないので、参加だけ。
軸馬もヒモ馬も全部5着まですら入っていなかった。
posted by 山口屋散人 at 07:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする