2008年10月31日

せーふ

昨夜の今頃の時間(10月30日午前0時54分頃)宮城沖で地震が
あった。
最大震度の地域は4である。
我が福島市の中心部は震度2だったそうだ。
小生の感覚では震度3に近く、震度2ではもの足らない感じ。

ともあれ、その時間、酒飲みながら本を読んでいた。

DSCF2698.jpg

あの程度の(震度2)揺れでは、この不精の産物は無事だという
ことを証明することになった。

posted by 山口屋散人 at 01:26| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年10月26日

ふらふらと

特になんということなく、ふらふらと米沢市へ。

DSCF2685.jpg

山形大学工学部門前にあるラーメン屋さんがおいしいと聞いて
いたので、行ってみる。
行列が出来ていた・・・。
ちょっと迷うも、アホヅラして並ぶ気がせず、Uターン。
むしろ初めて見る山大工学部に感動。
「おお、ここかぁー」という感じ。

DSCF2694.jpg

上杉神社はいつのまにか周辺の様子が変わっていた。
団体のお客さんが幾組も到来していた。
来年はもっとにぎわうことだろう。祝着祝着。
posted by 山口屋散人 at 20:20| Comment(0) | ちょいTrip | 更新情報をチェックする

2008年10月24日

スイッチ・ON

DSCF2674.jpg DSCF2678.jpg DSCF2682.jpg

夏になると、様々な虫(カブトムシやクワガタも来た)が店に
飛び込んできたものだが、そんなこともなくなって久しい。

    猫

今日は珍しくお客様がいらっしゃった。
家人に言わせると、「スィッチョン」だと言う。
小生はこの手のものに弱く、はっきり知らない。

    犬

撮った画像をもとに調べてみると、「クダマキモドキ」と
いうみたいだ。
閉店の時に発見したので、写真を撮ったあと、雨のあたらない
鉢植えに放してやった。
posted by 山口屋散人 at 21:18| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年10月20日

芋煮

歩くのにちょうど良い季節なのだが、秋の行楽日和でもあり
どっち方面も混雑している。
それを避けるためには、早く出立すれば良いのだが、何か
今週はちょっとお疲れモードでもあり、早起きは辛い。
てなことで、グズラグズラと半日パジャマ。

    犬

午後から、さる思惑から、水林自然林の下見に行った。
ここは相当前に娘二人を連れて、キャンプしたことがある。
それ以来なので、現状を知る必要があった。

DSCF2670.jpg

以前レストランだった所が荒川資料館となっている。
ついでに覗いたが、期待したほどのものはない。

DSCF2671.jpg DSCF2672.jpg

芋煮会のシーズンとしては暑くも無く寒くも無い絶好というべき
季節である。たくさんのパーティでにぎわっていた。

橋の下なら少々の雨でもテントを張れるか、または煮炊きが
出来るかを見に行ったのだが、どうだろう、もうちょっと
橋の幅が欲しいな。
posted by 山口屋散人 at 03:47| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年10月17日

菅野力夫の絵葉書

suganorikioDSCF1535.jpg suganorikioDSCF1538.jpg

どうも実物を手に取って見たかったので、10枚一組の絵葉書を
ヤフオクで落札。
人気は今ひとつらしく、落札価格は1000円。
別な出品者は22枚で22000円の値を付けているが、それは無理と
いうものだ。

   犬

お客さんで旧制安積中学の出身の方がおられるので、もしやと
思って聞いてみたが、菅野力夫を御存知なかった。
母校でも有名でないらしい。まったくもって変な人だ。

   犬

実物は現在の官製はがきより、少し小ぶりだ。
およそ70年くらい前のものだが、それにしては安い。
大概の古絵葉書屋?さんには置いてあるそうだが、それほど
枚数がさばけたなら、もっと有名だろうし、マイナーならば
希少価値が出るはずなんだが。
でも、何かこのキャラはブレークしそうな気もするな。
posted by 山口屋散人 at 23:21| Comment(0) | 雑事 | 更新情報をチェックする

2008年10月16日

しまった!

DSCF2617.JPG

右側が通常の中華麺、左側がうどん粉で作った中華麺。

「うどん粉で作った中華麺?」と疑問をもたれるかも知れない。
小麦粉はメリケン粉とも言われるし、おおざっぱに「うどん粉」
と言っても間違いではない。
小麦粉は用途によって、強力粉、中力粉、薄力粉と分かれる。
強力粉はパンや中華麺、中力粉は主にうどん、薄力粉は天婦羅など
に使われる。

では、何故にうどん粉(中力粉)で中華麺を作ってしまったか。

答えは簡単なのである。
間違ったのである。

いつも強力粉がある場所に、たまたまうどん粉が置いてあった。
確認しないでミキサーへ放り込み、練りこみ始めたのである。
かん水の入った水を加水すると、いつもと色の変化が違う。
あんりゃ?とは思ったのだが、日によって多少の変化はある。
気が付かず、練り上げるも、手で触った感触が違った。
ここで初めて、ひょっとして・・と粉を確認した。
「ガ〜ン」
20年くらい前に一度失敗したことがあったが、それ以来だ。

実はこのうどん粉、当店の小麦粉の中では群を抜いて値が高い
うどん専用粉なのである。
勿体ないことをしてしまった。とは言っても、店では使えない
ので捨てようかと思ったのだが、汚い訳ではない。
自家用にすべく、少し太めに製麺してみた。冷凍にでもしてお
けば保存も可能だ。

で、この麺、食べてみたがそれなりにいける。
どこかのラーメン屋さんで、こういう麺にあったこともある。
「こういうのも作ろうか」と家人に提案すると「こんなのは
ウチのじゃない!」とあっさりと却下。
posted by 山口屋散人 at 00:09| Comment(2) | 麺類学 | 更新情報をチェックする

2008年10月14日

なしてこだに人がいるだ

DSCF2641.jpg DSCF2642.jpg DSCF2643.jpg

仙台での親戚の結婚式に出る。
バスか新幹線か迷ったが、バスの自由の利かない閉塞感が
嫌いなので、新幹線を選択。新しくW切符なるものが発売
され(4500円)思ったよりも安く済んだ。
しかし、新幹線を待つ福島駅での僅か10分足らずの時間で
轟音と共にハイスピードで通過する列車が二本もあった。
(県庁所在地とはいえ、福島はそんなに田舎町なのかぇ)

久しぶりの仙台。
「なんでこんなに人がいるんだ!」と驚く。
時間に余裕があるので、ヨ●バシカメラを覗きに行くも
人混みと暑さで頭が混乱し、早々に退散。
流行の小型PCを見たが、小生はいらねぇ。

DSCF2646.jpg DSCF2652.jpg

式場は全天候型の能舞台のような造りで思わず「何だこりゃ」
と言うか「ほー」と感心した。
披露宴会場は、クラッシック調の部屋で、これがこのホテルの
コンセプトのようだ。
(入り口が裏口のようで、オラ迷っただよ、モントレさんよ)

DSCF2669.jpg

夕方からの披露宴を終え、そのまま真直ぐに帰福。
ぶらぶらと久しぶりに駅前から歩く。
稲荷神社の秋祭りは後片づけにはいり、大量のゴミ。
「祭りは終わった」を実感。
ところで、このゴミの処理は、市の回収車で?
posted by 山口屋散人 at 06:43| Comment(4) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年10月06日

膝がガクガク

DSCF2631.jpg

9月28日に初冠雪を記録したというので、こりゃ、早く行かないと
今年も行けなくなってしまうちゅーことで、山形は月山まで。
月山は5年ぶりであるが、北島ふうに言えば「何も見えね」

しかも、こういう石ころだらけの道は苦手なのを忘れていた。
帰り道、珍しく右膝に痛みが・・次にいつもの左膝が・・
下山するのに3時間もかかってしまった。

下山後の楽しみは、道の駅にしかわの水沢温泉。
膝の痛みはこれで治る。

DSCF2639.jpg
posted by 山口屋散人 at 06:53| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年10月02日

ファミリーの一員

dc74.jpg 1877.jpg

この車が我が家にやって来たのは平成の3年である。
それから、17年の歳月が過ぎた。

17年の歳月は重くて永い。

我が人生の中の中盤の17年をこの車と共に走ってきた。
まだ小さかった我が家の子供達も皆この車のお世話になった。
良いことも悪いことも乗せて、共に生活してきた名実ともに
ファミリーカーだったわけである。

そんな車もついに別れの時が来た。
昨日、赤の他人に運転されて、我が家を去っていった。

文句も言わず、長年黙々と働いてくれた農耕の馬か牛が
涙を一粒こぼして、引かれていったような気がした。
posted by 山口屋散人 at 23:05| Comment(3) | 日記 | 更新情報をチェックする