2008年11月30日

片倉小十郎

昨夜、調子にのって明け方までPCにかかずらっていたせいか
珍しく午後零時半まで寝てしまった。

起きて直ぐいつも在宅の折につけるTVチャンネルに合わせる。
(なんでも鑑定団なんだけどね)
福島の放送の場合、多分、半年近くの遅れくらいのはずだ。
ご当地鑑定は、隣県白石市であった。
お城(片倉小十郎)の白石城天守閣が画面いっぱいに映る。
(西郷輝彦のお城ね、と、つい思ってしまう)

高々30`くらいの距離であるのに、実は見たこと無い。
「行ってくべえ」 ・・  前から思ってはいたのだ。

   猫

DSCF2764.jpg DSCF2767.jpg

ちなみに天守閣見学だけは300円。

DSCF2772.jpg DSCF2770.jpg

近くの武家屋敷は見学料200円。
少し歩く必要があるが、その途中の方が、かえって感動的。

DSCF2773.jpg DSCF2774.jpg

白石市はまだ男女共学でないらしく、天守閣を挟んで、白石高、
白石女子高がある。
その白石女子高に沿って、武家屋敷に向かうのだが、用水路が
素晴らしい。
(地図で調べたら、白石川から引いた用水路のようだ)
生活用水に使った跡が、暮しと共生していた様子をうかがえさせる。
今時、用水を使った痕跡が残っているのだ・・

DSCF2777.jpg DSCF2780.jpg DSCF2784.jpg DSCF2785.jpg

用水路に沿って行くと武家屋敷がある。
「片倉家中」とある。
伊達政宗にとっては、陪臣になるのか、直臣となるのか、
この表現では如何とも判別し難いが、片倉家の家臣という
意味だろうと勝手に解釈する。
見たところ、中農の百姓家と変わらない。

DSCF2788.jpg

帰り道、また郵便ポストがあった。ここでも現役だ。
その郵便ポストと醤油醸造のお店の煉瓦造りの煙突の対比が
旅情を誘った。

   犬

白石市とは、正直言って近いためか、その先の仙台市のために
霞んでしまうのか、印象は薄い。そのため、何故か軽んじてしま
うのだが、なかなかどうして、素晴らしい町ではないの。

    猫

DSCF2789.jpg

帰り道、白石市駅前の「うーめん」屋さんに寄って食する。
一言で表現するなら、家人と二人で1800円位払ったのだが
惜しい、勿体ないと思わなかった。そういう店だった。







posted by 山口屋散人 at 23:32| Comment(0) | ちょいTrip | 更新情報をチェックする

2008年11月24日

たいだ

DSCF2761.jpg

何と言うことも無く、怠惰な一日を過ごす。
朝、起きられもせず、予定も無く、無作為に過ごす。
そういう日も必要だが、最近ちょっと多いのは歳のせいか?

DSCF2760.jpg

迷惑をこうむるのは、我が家の飼い猫。
憮然とした表情で、飼い主のいたずらに、これまた仕方なく
役務をこなす。

   猫

飼い猫の復讐はこの後。
深夜、小生の布団に出たり入ったり、入れてくれないと鼻を
齧ったり、髪を噛んだり、睡眠の妨害をしてくれる。
posted by 山口屋散人 at 00:33| Comment(3) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年11月17日

何これ?

DSCF2750.jpg

郵便受けを覘くとお人形?のダイレクトメール。しかも2通。
「ネットで変な買い物ばかりしてるから、こんなの届くんだ」
と家人にあらぬ疑いをかけられる。
(こういう趣味はねぇぞ・・)とよく見ると、娘の出た高校の
リカちゃん人形の宣伝。
男女共学という馬鹿げた政策のおかげで、校名が消滅してしまった。
今は使われていない制服の着せ替え人形で懐かしめ、ということか。

ちょうどにやって来た娘の一人に見せると、「いーらーねー!!」
もっと年代の高い人向けなりや?

    犬

先日の当ブログのコメント欄で話題になった「光のしずく」
さっそく、当店にもやって来た。

DSCF2751.jpg

高校の陸上部の2年後輩が、「協力してもらえねぇべか?」

この後輩氏、態度がでかくて、家人をして「どっちが先輩なの?」
と言わしめたヤツなので、迷ったが、千円を協力募金。
領収書は出ないとの話。
仕方がない。同じことだが、小生のフトコロから出金。泣。
posted by 山口屋散人 at 20:23| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年11月14日

モモリン焼き

DSCF1542.jpg DSCF1541.jpg

意外に思われるかも知れないが、お客さんからけっこう貰い物が
あったりする。
例えば、「今、お饅頭を買ってきたから」とオスソワケだったり
家庭菜園の収穫物をいただくということがよくある。
(逆に進呈することは、ほとんど無い。やる物も無い。)

   犬

この「モモリン焼き」も頂き物。
要するにモモリンの姿をした鯛焼きのようなものだ。
二つ頂いたが、中身は餡とクリームだった。
新聞か何かで見た記憶があるが、実物は初めてお目にかかった。

   猫

味はそこそこ。
何よりもモモリンの後姿が愛敬である。
新町の、ぶらっとショップで買ったとのこと。
ここではマルイチ食堂さんの名品かつ丼も食べられるとのこと。

posted by 山口屋散人 at 21:46| Comment(3) | 福島 | 更新情報をチェックする

2008年11月09日

あとかたづけ

大滝宿の地名の由来となった幻の大滝探索から1週間たった。

dDSCF2719.JPG DSCF2724.jpg

その時の荷物がそのままになっているので、家人から
苦情の嵐・・。
ちんたらとPCで競馬をやりながら、後片付け。

忘れていた記念品が出てきた。

DSCF2744.JPG

『取っていいのは写真だけ 残していいのは足跡だけ』

まぁね、分かっちゃいるけど石ころくらいは良かんべでしょ。

DSCF2723.JPG

幻の大滝の滝つぼ、ここで拾ってきたものである。

posted by 山口屋散人 at 19:37| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年11月07日

冬来たりなば

DSCF2743.JPG


最近寒くなったので、ネコ用暖房器具を努めております。
posted by 山口屋散人 at 21:37| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年11月06日

やっとこさ

DSCF2737.JPG IMG_0004.JPG

今週は何をしていたのか、というと、これ。

今日あたりになって、やっと通常のモードに戻ったかなと
いう感じ。

詳しくは 「わが大滝の記録」 にて。
posted by 山口屋散人 at 17:39| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする