2008年12月30日

さてと明日は大晦日

DSCF1556.JPG

地元大手の店にはおよぶべくもないが、当店にもファンはいる。
ありがたい、ありがたい。感謝。

明日は何時から蕎麦を打ったら間に合うのかな。
うう・・腰が痛くなってきた・・

   猫

今年一年、御訪問下さってありがとうございました。
良いお年をお迎えください。
              店主 合掌


posted by 山口屋散人 at 19:36| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年12月27日

長いもの

wDSCF1551.JPG

つい昨日まで暖かい日が続いていたのに、なんだこりゃ。
posted by 山口屋散人 at 21:28| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年12月21日

信夫山うろうろ

いまいち二歳馬のG1なんてやる気がせんので、信夫山にお散歩。

お散歩しに車で行くというのも、何か違うような気もするが、
そこはそれ、時間の節約ということで車でブ〜ン。

   猫

いつものようにヤブに入る。

DSCF2822.jpg

コシアブラの芽はもう来年の準備が始まっている。
いいのかな、ちっと早いんじゃないだろうか?

DSCF2825.jpg

無目的にヤブに突入したのだが、思わぬものを見つけた。
去年の3月に探しても見つからなかった金鉱山の跡。
金竜口というたぬき掘りの跡である。
入り口の幅は2間くらいだろうか。
しかし、こんなに中腹にあるとは思わなかったし、ここじゃ、
発見し難いかもと言う場所だった。

下まで降りて、七曲坂を登り車まで戻ることに。

六供集落の下に出ると薬王寺の墓地の下に僅かながら畑がある。
今まで気が付かなかったが、こんなものがあった。

DSCF2828.jpg

雨水をためる装置である。
よく見渡すと規模こそ違え、同様のものがあちこちにあった。
posted by 山口屋散人 at 17:27| Comment(1) | ちょいTrip | 更新情報をチェックする

ピーマンそば

DSCF2819.jpg

近所の八百屋さんが内職?しているところへ野菜を仕入れに
行った家人がグッド(上向き矢印)、貰ってきた。
こうやって頭とお尻を切って、さらに二つに割って種を出し
得意先に納めるそうである。
(手間賃はもらうのかサービスかは知らないが)
残った頭とお尻は捨てるそうだ。
(もったいねぇよ)
「じゃ、何かに使う」と貰ってきたそうだが、何にするか思案。

   猫

その後に、八百屋さんが食べに来てくれた。
家人いわく 「本日のおすすめはピーマンそばです!」
 八百屋さん 「いらねぇ〜!」
家人さらにいわく 「じゃ、ピーマンらーめんでは?」
 八百屋さん 「いらねぇってば」・・・・失敗。

   猫

暇なのか、忙しいのか、分からないような土曜日だった。
仕事に追われることもないが、だらだらと牛のよだれのように続く。

DSCF2820.jpg

それではとグッド(上向き矢印)、八百屋さんに作ったおにぎり。
posted by 山口屋散人 at 00:16| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年12月17日

た〜ご U

DSCF2808.JPG

「く、くっそ〜! またイタズラしやがってぇ・・
 早く仕事にいげ〜! た〜ごオヤジめ・・」
posted by 山口屋散人 at 23:30| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年12月16日

大丈夫なの?

DSCF2809.jpg

ニ三日前に「カレーパンが食べたい」とつぶやいたら
家人が買ってきてくれた。地元のパン屋さんのだ。
何故このパン屋さんのかというと、「腐るから安心」なのだと
言う。
家人によると大手Y社のカレーパンはなかなか腐らないそうである。
そんなもの安心して喰えるはずはない、とのたまう。

    犬

そういえば随分前だが、東京N区で一日に千個の生麺を売るという
店まで行ったことがあった。
一般の消費者相手に千個とは凄い数だが、上野のアメ横のミニ版み
たいに人があふれていたので、そのくらい売れるかもしれない。
そこで買ってきた生中華麺が、三日経っても一週間経っても、まるで
変わらないので、びっくりしたものだ。
こんなものを消化させられる胃袋って、そんなに丈夫なんだろうか。

    犬

DSCF2811.jpg

うちの店みたいな所で、こんな調査やっても仕方ないだろうと
思うのだが、そこはお役所仕事なのだろう。
ちょっと前にイヤイヤやったばかりなのだが、もう一回だそうだ。
こんな面倒だけのものを、皆が真面目に書いているとは思えない。
とすれば、役所の統計ほどあてにならないものはないということに。

DSCF2812.jpg

二度目となる今回は、記念品?が付いてきた。
携帯用の折りたたみ傘だそうだが、これまた大丈夫なのかね?
広げてみたいが、たたむのが面倒そうなので止めた。

posted by 山口屋散人 at 21:41| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年12月14日

ちゅうがた

昨夜は埼玉に住む隠れ福島県人の音頭とりで、Off会を市内でやる。
午前様だったのだが、朝8時半には目を覚ました。
では
頑張って運転免許証の更新に行ってきましょう、と出かける。

DSCF2799.jpg

急いで行ったのだが、無事故無違反であったので、もっとゆっくりの
受付時間だった。案内の葉書を見ずにネットを当てにしていたのがミス。

更新手数料を払う窓口では「安全協会にもご協力をいただけますね」
と例によって、さも当然の口調でやられる。
もちろん、答えは「ノー」 これで5年分の会費2500円の節約。

大体、前の人が「ノー」の意思表示をすると、次から次へと連鎖して
いくのが面白かったのだが、敵もさるもの、考えてきた。
ラインを引いて、次の人はここで待て、という作戦をたて、窓口に
立つ申請者と切り離すという方法をとる。
申請を終えた人がスムーズに移動出来るようにと列の混乱を防ぐた
めにそうしてくれということだが、そうは思えない。
スペース的には十分である。
案の定、後ろの人は、素直に加入した。

そもそも、安全協会の職員が、警察署の窓口や、免許センター
の中で仕事をしているというのは・・□■■□じゃねぇの!?

DSCF2803.jpg

法令が変わって、普通免許所持者は今度から中型免許となるそうだ。
家人に話したら、知っていた。
知らぬは小生ばかりなりけり。



posted by 山口屋散人 at 17:32| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年12月07日

タ〜ゴ

DSCF2797.jpg

せっかくの日曜日というのに二日酔いに苦しむ。

缶チュウハイを飲みながら、お気楽な時代小説を読んでいた。
つまみはスルメ。
面白い小説にぶちあたると至福の時となるが、至福度60%。
500の缶を一つ、追加で350を二つやっつける。
もう一缶いける位の何と言うこともない量のはずであった。

朝、起きると頭が痛い。
あのくらいの量で何でだべ?
喉が渇いたので、野菜ジュースを飲んだら、なんか気持ち
悪くなってきた。
そのまま、布団に逆戻り。

午後からノソノソと起き出す。
頭の芯が微妙に揺れている。
昨日飲んだ缶をよく見てみた。
アルコール分8パーセントのストロング缶らしい。
あぁ、それでか・・いや、だけどそれにしても高々8%。

ぶつぶつと言っていると、
「いつまで若い気してんだぁー、タ〜ゴ!」と家人。

posted by 山口屋散人 at 18:45| Comment(5) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年12月03日

解明不能

DSCF2791.JPG

練っているのは「うどん」
これくらいの量で約10人前くらい出来る。
練り鉢はアルミの大型ボール。
素人の蕎麦打ちが漆塗りの鉢を使っているつーのに
何てぇことだと思わないでもないが、商売屋とはそんなもんだ。

    犬

この「うどん」は量産できないのが、難点。
茹でるだけでも20数分と仕上がるまでに時間がかかり過ぎる。
それなのに、時として集中的にうどん好きなお客さんが来店
する日がある。
同じようにラーメン好きもそういうところがある。

特に気温が低い日がそうだという訳ではない。
晴れている、雨降り、も関係なさそう。
何かがあるのだろうけど、解明不能。
posted by 山口屋散人 at 22:13| Comment(0) | 麺類学 | 更新情報をチェックする