2008年12月03日

解明不能

DSCF2791.JPG

練っているのは「うどん」
これくらいの量で約10人前くらい出来る。
練り鉢はアルミの大型ボール。
素人の蕎麦打ちが漆塗りの鉢を使っているつーのに
何てぇことだと思わないでもないが、商売屋とはそんなもんだ。

    犬

この「うどん」は量産できないのが、難点。
茹でるだけでも20数分と仕上がるまでに時間がかかり過ぎる。
それなのに、時として集中的にうどん好きなお客さんが来店
する日がある。
同じようにラーメン好きもそういうところがある。

特に気温が低い日がそうだという訳ではない。
晴れている、雨降り、も関係なさそう。
何かがあるのだろうけど、解明不能。
posted by 山口屋散人 at 22:13| Comment(0) | 麺類学 | 更新情報をチェックする