2009年05月30日

ひまじん

ひまにまかせて
冠位十二階を言ってみる。(みっつ足らない)
四書五経を言ってみる。(ひとつどうしても思いだせない)
七味の中身を言ってみる。(あと二つが出てこない)

7mi.jpg 7mi (2).jpg

実地に分析してみる。(われながらひまだね)

そういえば、すっかり応募したのも忘れていたのだが、
今朝になって、何か届いた。どうも当選したらしいのだ。

7mi (3).jpg 7mi (4).jpg

それより、明日のダービー当たんねーかな。
posted by 山口屋散人 at 20:52| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2009年05月28日

負けいくさ

六部 (1).jpg  六部.jpg

「昭和12年11月 福島消防組第六部新築記念」とある。
ヤフオクに出品されていた絵葉書だ。
子供の時にはこんな屯所だったような記憶があるし、先ごろまで
小生が所属していた消防団第二分団は、戦前は第六部といってい
たはずである。

画像を保存して、早速PCを持ち込み、近所の元副分団長(81歳)
を訪ねた。
はたして馬頭観音の境内にあった第二分団の前身であった。
画像の鉄骨造りの火の見やぐらは、戦時中に供出されてしまったという。

オークションの始値は2000円であった。
元副分団長が欲しがった。
多分、この金額で落ちるだろうと予測した。
こんなものにマニアがいるとは思えなかったので、それじゃ、
落としておきます、と請け負った。

ところが終了間際に強力なライバルが出現した。
「大正生まれの老兵」とプロフに書いてある。
ヤバイ・・どんどん値が上がっていった。
すでに請負金額の上限を超えている。
この機会を逃せば、まず入手困難であろう。でも・・

これで最後と5000円で入札。一応最高額入札者になる。
それでも・・ひっくり返されてしまった。

画面キゃプチャー00082.jpg

調べてみると、絵葉書の収集家のようだ。
そして福島関連のが多いので、在住者か出身者なのだろう。
だけど、こっちに譲ってほしかったな〜。ざんねん。
posted by 山口屋散人 at 23:44| Comment(3) | 日記 | 更新情報をチェックする

2009年05月25日

もぐら

DSCF3059.jpg

日曜日に行きたい処は山ほどふたつみっつある。
然しながら、今週はちと疲れた。
ぐずぐずしながらPCで競馬なぞする。
2000円ほどオークスを買ったら、1000円分が戻ってきた。
なに、穴に狙った馬が発走除外になってしまったのだ。
残りの1000円分は、こういう日は当然当たらない。
小生などに当たるはずのないパタ〜ンの馬券結果だった。

   犬

夕方から某所に笹を採りに行く。
チマキをつくるためだが、八百屋さんやスーパーで買いたくない。
出来れば自分で採りたい。

林道で珍しいものを見た。
既にお亡くなりになっていたが、モグラだ。
最初はネズミかなと思っていたが、よく見ると違った。
見ていると、むくむくと動いた。
生きているのかと、少しゾッとした。
変だなと棒でつついてみると、大小の虫が下に蠢いていた。
近くに畑があるために、何かの薬でやられたのかも知れない。
ここにも人間の都合がある。

DSCF3057.jpg
posted by 山口屋散人 at 00:40| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2009年05月17日

がんばんよく

DSCF3063.JPG

天気の良くない休日は、良くないなりの過ごし方を・・
ということで、かねてよりの予定を消化。

飯舘村に「きこり」という三セクの施設がある。
天然温泉ではないのだが、岩盤浴の出来る設備がある。
要予約との記載がHPにはあるが、空いていれば、入れるに
違いあるまいと行ってみた。

後から分かったことだが、予約とは、外部から電話で予約すると
いうものではなく、その場で受付をするという意味だった。
25分ずつの入れ替えのためである。

事前に普通の浴室に入り、体を温めておく。時間が来たら渡された
浴衣に着替え、岩盤浴の部屋へ案内されるという仕組みである。

最大で10人までの寝床?だが、その時の回は6人だった。
(三組の夫婦で、年齢も似たようなもの)
天井にプラネタリウムのごとき絵がスライドされ、照明を落とされる。
瞑想するためのBGMのごときものが流されるが、やはり暑い。
眠れない寝苦しい真夏の夜のような感じだった。
それにアロマセラピーということなのだろうが、何かの香りが
強すぎて鼻につく。

岩盤浴は初めての体験だったが、腰のコリが楽になった気がした。
家人も同様な感想をもったようだ。
「雨の日はこれか」という上々の感想。
ちなみに入浴料はトータルで1000円。
posted by 山口屋散人 at 20:48| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2009年05月15日

どうぶつ寒暖計

DSCF3062.jpg

猫が電気ストーブにはり付いているということは、やはり寒い。

DSCF3059.jpg

PCで楽曲を聴いていたら、猫が聞かせろと言って来たので
(飼い主の勘違いかも知れないが) 聞かせてやったら、なぜか
迷惑そうだった。
posted by 山口屋散人 at 00:59| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2009年05月12日

続 売れ行きは?

DSCF0130.JPG DSCF0131.JPG

何となく蒸し暑いような日なので、うどんはあまり食いたくない。
昨日に、今日はうどんを食すると書いてしまったので、仕方がない。
完食せずとも、と思いながら作る。

お湯はふんだんにあるので、釜で解凍した。
よくある冷凍のうどんのようだ。
問題はつゆ。(うどんタレとも言う)
手を加えずにそのまま食してみた。
讃岐うどんと銘打ってあるので、関西風のタレである。

小生などは「これはこれで食えるんじゃないの」という評価だったが
家人に言わせると、「調味料が強すぎて気持ち悪い」と言い、
小生の意見に対しては、「ものめずらしいだけじゃないの?」
と一刀両断。
はたして、どんなものやら。小生は全部たいらげたけど。
(ちなみに家人は味噌ラーメンが苦手なので昨日は食べていない)
posted by 山口屋散人 at 17:35| Comment(3) | 麺類学 | 更新情報をチェックする

2009年05月11日

売れ行きは?

DDSCF0128.JPG

セブンイレブンでアイスクリームのケースをのぞいていたら
なんと100円で冷凍の味噌ラーメンがある。
カップラーメンより安いではないの。
実験と実見と実検をしてみなければなるまいて。

ということで、こっそりと買ってきて食べてみた。
電子レンジを使う時間は、表示では500Wで4分であったが不足。
水量は300CCではしょっぱ過ぎであるなど、手間はかかるが、
応用しだいでは十分な品質だった。なんせ税込み100円である。
冷凍であるということは、売る側もコストがかかるが、買う側も
常温保存と違って、扱いが面倒でもある。
そのためにカップ麺よりも安いのかも知れないが、はたして売れ行き
はどうだろうか?

(実はうどんも100円であり、それも買ってきたので、明日食う予定)
posted by 山口屋散人 at 21:45| Comment(0) | 麺類学 | 更新情報をチェックする

2009年05月10日

おんせんこうえん

DSCF3054.JPG

高湯温泉に公共温泉「あったか湯」というのがある。
ネーミングがおもねるようで、嫌いなのだが、それはそれ、
その上方に温泉公園(?多分)というのがある。

誰もいなかった。
女房どのは、ホントに足湯なの?と疑った。
ここは逆に足湯とおもれて?ないのが良い。

小生としてはもっと熱ければいいのだが、無料だから文句も
言えない。
浸かること30分。
その間、誰か入っていると、続々と増えてくる、もんらしい。
最盛期は20人を越えた。

posted by 山口屋散人 at 23:05| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2009年05月09日

それなりに

DSCF3048.JPG

オモチャみたいな安物のクローズアップレンズを装着して
雑草の花を撮る。
プランターにいつの間にか侵入してきたものだ。
名前は知らない。(我が女房どのよ、調べてくれ)
花の大きさは2_まではないだろうというくらい。
けっこう、楽しめる。
posted by 山口屋散人 at 21:35| Comment(1) | 日記 | 更新情報をチェックする

2009年05月06日

うたたね

DSCF3047.jpg

昨日のことだが、オニギリもってお散歩へ。
ちょっとお昼寝もできた。

DSCF3045.jpg

この場所からは、昨年、darkさんと猫旅さんが明神峠を目指した時の
無線中継所の鉄塔と反射板が栗子スキー場の上によく見える。

DSCF3037.jpg

コシアブラの落穂ひろいをしていたら、ドドッという音と荒い
呼吸音がする。音の方向をみると、小生に向かって山の斜面を
動物が走って登ってくる。
やべぇ、イノシシかと思わず身構えたら、カモシカだった。
それも2頭もだ。大きさからは親子には見えなかったので、夫婦?

DSCF3034.jpg

大滝の宿へも寄り、大滝川沿いの林道を歩いてみた。
すると、いくらも歩かないうちに行き止まり。
だいぶ前に崩れたみたいで、その先はヤブがひどくてUターン。
山桜がいい時期で、のどかな山並みであった。
posted by 山口屋散人 at 11:18| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2009年05月04日

里山から街のイベントの日

DSCF3016.JPG DSCF3022.JPG

五月の連休の恒例、某山へシラネアオイを見に行く。
そして、ついでにキャラブキ(家庭用)にするフキを採りにいく。
(今回は娘が初めて参加。食うだけだったのが、原料採取へ進歩)

DSCF3029.JPG DSCF3027.JPG

夕刻からは「ひげとハサミ」さんのライブ演奏を聴きに行く。
入場料はチャリティコンサートなので、せめてのつもりで模擬売店の
チュウハイを調達。
会場が狭いため出入りが不自由だからまとめて注文。
何故、CDを聞けば済むものをライブに出かけるのか、という
哲学的命題を考えながら拝聴した。
なるほどなと思うことはあるが、ブログに書くべき力量に足らぬ。

   犬

途中ドラム担当のホテルOの社長のお孫さんから花束の贈呈があった。
3〜4歳のお孫さんだったが、なんか素直に「すげぇなー」と思った。
小生の生まれた時には、祖父母4人の内、二人はすでに存在しなかった。
4歳の時には父方祖母の一人になってしまっている。
その祖母も高校2年の時に亡くなって、尊属2親等はいなくなった。
そんなものだと思っていた。
それが、爺さまがドラムを叩いているのだ。
孫はその姿をまぶたに焼き付けるだろう。どうなるんだ?
すげぇ爺様だなんて思うんだろうか。
こういう子供たちのその後を知りたいと思わないでもないが
え〜と、小生の寿命が少し足りね〜か。

posted by 山口屋散人 at 22:44| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする

異国漫遊

DSCF3004.JPG

貸切小部屋 + 飲み食い + カラオケ

朋あり、遠方より来たる。
ので、小うるさい居酒屋ならばと、カラオケボックスに入ってみた。
面倒な受付手続きは何故か小生の役目。
(受付の女子は未知の外国語をしゃべっていた)

18時10分に入場で、退出は23時50分。
ロビーで清算を済ませていると、周りはアンチャンとネェチャンで
うじゃうじゃ。(あのネ、君ら何やってんの?)

白髪とハゲと鬘のオジサン三人にはどうみても場違いの処だった。
posted by 山口屋散人 at 08:43| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする