2009年07月02日

へんなもの

先日の吾妻山系 弥兵衛平の周辺で見た「へんなもの」を集めてみた。

DSCF3086.jpg DSCF3087-a.jpg

先ずは明星湖。
標高1810米にある池塘湖なのだが、こんな所で水鳥が泳いでいる。
よく阿武隈川で白鳥さんと一緒にいるような鳥なので、鴨の仲間?
しかし、まー、こんな高地で?
しかも二羽で貸切という贅沢さ。

DSCF3102.jpg DSCF3102-a.jpg

同じく1810米の木道の脇にいらっしゃった。
アマガエルに似ているが、シュレーゲルアオガエルか?
しかも、画像を良く見れば、食虫植物のモウセンゴケが写っている。
不思議なライバル関係の図。

DSCF3130.jpg DSCF3130-a.jpg

鮮やかな赤い色をした5ミリほどの昆虫が動き回っていた。
あまりに鮮やかなので、カメラに収めた。
アカケダニというらしい。

DSCF3127.jpg DSCF3127-a.jpg

何か妙な物を見た気がした。
カブトムシの幼虫のような格好なのだが、でかい。
しかも汚い色だ。
何の幼虫だろうと、つんつんしてみたら、角を出したので
ナメクジの仲間らしいと見当をつけた。ちとキモイ。
ダイセンヤマナメクジと言うみたいだ。

げに、世の中は色んなものがおるわい。
posted by 山口屋散人 at 05:02| Comment(2) | 雑事 | 更新情報をチェックする