2009年08月28日

専属モデル

4renn-rennDSCF0054-50.jpg

小生の専属モデルが、昨日逝く。
我が家で暮らして11年、推定年齢13歳くらい。
不細工だが、実に気立ての良い猫だった。
posted by 山口屋散人 at 06:57| Comment(8) | 日記 | 更新情報をチェックする

2009年08月23日

霊峰?萬歳楽山へ

何度か行った蓮華の滝の母なる山である萬歳楽山、この山への登山道が
整備されたと昨年新聞で読んだ。
小坂峠から町営牧場への林道を歩いたことがあったので、その先に
行けば何とかなるだろうと出かけてみた。

調べてみると、この萬歳楽山は大変な山らしい。
興味のある方は、ここ と ここ を御覧下されたし。

DSCF3440.jpg

新しい登山道であるので、地形図には載ってない。
この看板を撮っておいて、必要があれば、モニターで拡大して見ること
にする。

DSCF3447.jpg DSCF3450.jpg

これが大日如来岩。
少々厳かな気分にはなったが、強い霊気というものは特に感じなかった。
小生は鈍感らしい。
それよりも、登山道どころか林道も無い時代にわざわざここまで来て、
彫った人がいるというのが驚きである。ここに、この山に何があったのだ?

DSCF3457.jpg DSCF3461.jpg

頂上には展望台が整備されていた。よく見える。
摺上ダムもまた違った風に見える。
空気が澄んだ時期にまた登ってみたいものだ。

DSCF3462.jpg

これが最高点ではない、萬歳楽山の三角点。
(手の出演はF班長)
ゆっくり、ぐるっと一周して、2時間ほど。
山は爽やかな秋風が吹いていたのに、下界は暑ぢっ。
posted by 山口屋散人 at 19:50| Comment(4) | ちょいTrip | 更新情報をチェックする

2009年08月21日

タイシュウゲイゴー

DSCF3129.jpg

せっかく有るんだから、出しておくか・・そんな感じ。

本来は食品用のアルコールスプレーであるが、同じこと。
予備のスプレーを店におくことにした。

昨日の夕方から出しておいたのだが、今のところ、使用した
お客さんはゼロなり。
posted by 山口屋散人 at 15:29| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2009年08月18日

ざっと5百万

DSCF3422.jpg

屋根塗装工事はここまですすんだ。
残りはまた日曜日にでもするべぇと思う。

DSCF3427.jpg

福得トリプルキャンペーンの一つ。
スタンプラリーの時期が終わった。
当店での余りの葉書がこれ。
(万券の札束なら、ざっと5百万というところ)
全市ではいったいいくらくらいなりや。50億?
posted by 山口屋散人 at 15:43| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2009年08月15日

しよう前 しよう中

ぼっこれ我が家のトタン屋根を塗るべく、ペンキは3年も前に買ってある。
ところが天気が良いと「お出かけ」してしまうために、そのままに。

真夏の山登りは止めることにしたので、そういう意味においてこの
お盆休みはチャンスだった。
幸いお天気も良い。

DSCF3410.jpg

あらためて見ると、だいぶ錆が浮いている。
屋根に乗っかるとズボッと穴が開くんじゃあるまいか、と心配するほど。

DSCF3414.jpg

しかし、思ったよりもしっかりしていて、工事はここまで進んだ。
腰もさして痛まなかった。
だが、敵は意外なところにあった。
足の指先が痛み出したのだ。靴ずれのような感じで。
屋根の上は当然斜めになっているから、意外とつま先に力が入るらしい。
これさえなければ、もう少しいけたのだが、とりあえず休戦。
posted by 山口屋散人 at 15:47| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする

2009年08月09日

ほぐし

DSCF3409.jpg DSCF3406.jpg

お盆近くになると、朋あり遠方より来る、となる。

この、あたまのはげた朋、今回は珍しく日程に余裕がある。
いつもは慌しく、酒飲みをするのが、せいいっぱいなのに
何して遊びましょうというくらいなのである。

雨の日曜日、元都銀のN本橋支店長氏はどうせ岩盤浴など経験
したことがない、とふんで、飯舘村のお風呂に連れていった。

案の定、岩盤浴は初めて。
村上春樹など読んだことが無いとの話で風呂場で盛り上がったが
「運動不足でしょう?」
とマッサージの女性に言われたことが、ちょっとショックだったらしい。
(小生ハチョットダケ嬉シカッタネ、ナントナク)

posted by 山口屋散人 at 21:45| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2009年08月05日

これがガスの本管だ〜

例えばマンホールの蓋をあけて工事をしていると、通りすがりの
男性の八割方は覗いていくそうだが、ほとんどの女性はそのまま
通り過ぎるそうだ。

店の前でのガス管取替え工事、不便このうえないが、ガスの本管とは
どのような物であるのか、のぞきに行った。

DSCF3148.jpg DSCF3149.jpg DSCF3152.jpg

直径20cmくらいだろうか。
意外と細いというべきものだった。
posted by 山口屋散人 at 15:40| Comment(0) | 雑事 | 更新情報をチェックする

2009年08月03日

八月は厄月か?

DSCF3145.jpg

去年の八月は水道工事の事故のため、わずらわしい時間を取られた。
今年は、事故ではないといえ、ガスの本管取替え工事だそうだ。
このクソ暑いにカッターのすざまじい騒音までしたのでは、何をか
いわんやだ。
八月は呪われているとしか思えん。

という訳で、お客さんには御不便をおかけします。
posted by 山口屋散人 at 20:35| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2009年08月02日

おんせんU

またもF班長と語らって、憧れ?の「微温湯温泉」へ。
行けそうで行けない市内の温泉だ。
小生もF班長も行ったことがない。

DSCF3400.jpg DSCF3404.jpg

市内からでも舗装道路を行こうと思えば、約30キロの道のり。
帰りは途中未舗装の最短距離だったので、約20キロ。

実に絵になる風景だった。
お風呂の感想はまさにぬるま湯とはこのことか、と思った。
出るに出られぬ、微妙な温度の湯?
(僅かに硫黄臭のする温水プールに入った感じ)

得がたい経験をさせてもらったという感じ。
このお湯は、ちょっこら入ったくらいでは結論を下せない。
posted by 山口屋散人 at 16:56| Comment(0) | 福島 | 更新情報をチェックする

2009年08月01日

ひ日常

DSCF3141.jpg

義理の叔母の所から荷物が届く。
店の忙しい時間帯に「○急便で〜す。え〜と10個口で〜す」

ナヌ? 10個口? ギョエ〜!

とりあえず、そこらへんに積んどいてぇー。
というのが、この図。



DSCF3142.jpg

店の前を何か変な物体が通る気配がした。
出て見ると、これ。
山車フェスタとかで、十数台の山車が近郷近在から出るらしい。
大町とあるが、どこの大町か、分からずじまいに。
posted by 山口屋散人 at 20:57| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする