2009年09月18日

妄信?

DSCF3525.jpg


小生などは、大概の病気は「キンカン」があれば治ってしまう。
だからカバンの中には小さいキンカンが入っている。
このサイズのキンカンはなかなか売っていない。
中身が無くなってしまったので、「では詰め替えしよう」と思い立つ。

ダメモトで無理やりに外す。

DSCF3526.jpg DSCF3529.jpg

外すとこういう構造になっていた。
戻すのは、えぃ!と押し込めると、ポンと入る。
めでたく詰め替え成功。
posted by 山口屋散人 at 21:18| Comment(0) | 雑事 | 更新情報をチェックする

2009年09月11日

九月の空

ADSCF3510.jpg

同名の漫画があったような記憶があるが、とりあえず・・空。
下の方にかすかに写っている向いの料亭跡のビルの工事は、どういう訳か、
今のところストップしている。
そう言えば去年もリーマンショックの後、止まったっけ。
何か日本経済の縮図の一端を見るようで、良いような悪いような。

   犬

しばらくブログもお休みしていたが、色々あることはある。
意外にウケタ事、二題。

   猫

夕方、「歩くお菓子屋さん」という訪問販売屋さんが来た。
「こんにちは〜」という変なテンションで入って来たので、お客さんでは
ないなと見当をつけたが、でっかいバンジュウ(番什)を持っている。
「仙台から来ました。歩くお菓子屋さんと言います。」と言って
お菓子を見せる。男女の二人連れだ。
すわっ珍味売りの某宗教団体か?と一瞬思ったが、今?でも・・?

要は食いたいお菓子でもないのに、買う必要はない。
小生、無愛想な顔をして言った。

「誰だか分からない人からそういう物は買えない!」

そう言うと、あっさりと引き返した。
後ろで聞いていた女房殿が、「ひえぇ〜辛辣だったねぇ〜」と
珍しく感心している。
へぇ、そうなの?と自分では思っているが、近所ではどうやって
断ったのか話題になって、ウチの旦那はこう断ったと言うと受けたらしい。
小生は当然のことを言っただけなんだけど、なんか納得が今でもいかない。

   犬

めったにない事だが、たまにはこういう事もある。
とにかく当り散らしたいお客だ。
能力が普通か以下か判断に苦しむような人なので、扱いがむずかしい。
とにかく言いがかりをつけては怒鳴りまくる。
こちらの限界線を考えながら、様子を見守る。

そのお客、料金は一応払って行った。
帰り際に「こんな店、二度と来ねぇぞ」とお昼時の混雑のなかで捨て
台詞を吐いていったが、我が女房殿、「ありがとうございます」と
頭を下げながら、「そうして頂けると助かります」と言ってのけた。
まわりの常連のお客さん、皆プッと吹き出した。
中には拍手するお客さんもいた。
常連さんは本当にアリガタイ、アリガタイ。

posted by 山口屋散人 at 00:37| Comment(1) | 日記 | 更新情報をチェックする