2009年11月02日

微温湯から浄土平へ

今夏、微温湯温泉へ行ったおり、登山口を確かめてきたので
さっそく登ってみることにした。

DSCF3632.jpg DSCF3671.jpg(微温湯温泉登山口)

DSCF3633.jpg DSCF3670.jpg

前半の登りは落ち葉の絨毯。
ところがこれがクセモノ。ずぼっと嵌ったり、大石があったり
滑ったりして足にとってはけっこう危険。おかげで右足首の古傷が
痛みだした。

DSCF3639.jpg DSCF3643.jpg

ほぼ真東から見る吾妻小富士。近くで見ると肌荒れが目立つ。
遠くでながめるにかぎる・・か。

DSCF3652.jpg DSCF3653.jpg DSCF3654.jpg

樹木帯を過ぎると、強風に悩まされる。
もともと天気が良くないのを承知のお出かけだったので、雨に
あたらないだけまし。
スカイラインと交差したあたりで、引き返す。
浄土平に行ったところで、何があるわけでもない。

DSCF3664.jpg

落石注意の土石流域に風よけになる窪みを見つけ、そこで昼食。
上から石が落ちてきたら、その時はその時。

DSCF3676.jpg DSCF3678.jpg

微温湯からの帰りに、信達三十三観音という案内を見つけて
お参りしてくる。7番札所だそうだ。
出かけたついでに、近くの観音様でも詣でるのも悪くないか・・
とも思うが、残りは32箇所・・あり過ぎだな。
posted by 山口屋散人 at 01:27| Comment(5) | ちょいTrip | 更新情報をチェックする