2009年11月29日

あん時のあれと同じ

00345.jpg

どれほど強い外国馬が来ようと、日本で種牡馬になるのであれば、
ただの顔見世興行のはずだ。このレースの賞金など、種馬になれば
一週間とかからない金額のはずで、今更箔付けは必要としないはず。
まず、足を折らないように、そっと回ってくる。それが使命のはずだ。
八分の力で勝てるほど日本の競馬は甘くない。

二年前の日本ダービー馬、ウオッカを軸にすれば、その時の二着馬
アサクサキングスを忘れてはいけない。牝馬に遅れをとった情けない
牡馬であるけれど、やはりウオッカは化け物牝馬。去年の菊花賞馬の
オウケンブルースリが人気になるのなら、その前の菊花賞馬のアサクサ
キングスにも注意をはらわねば・・穴はこういう所から出る・・

騎手を交代させるという手段に出たウオッカが吉と出るか凶か分からぬが
この馬は確実に優れている。
この馬から買う。(と力んでも、金額はアホくさいけど)

迷わず、相手はアサクサキングス。
馬連、馬単、ワイド、の三点で千円勝負!

犬追記

       またしても敗れる。これで2敗目。
       このカテゴリはマイナス2000円となる。
posted by 山口屋散人 at 00:29| Comment(0) | けーば | 更新情報をチェックする